嶋崎工務店ブログ

ラチスフェンスの塗装で気をつけていることとは?

DIYでナフコやOKなんかにも売ってるラチスフェンス。

簡単に設置できて便利ではあるんですが、、、
長持ちはさすがにしにくいものです。

 

木製であるため、吹きさらしの外部で使う以上
どうしても劣化はしやすくなります。

 

さて、このフェンスを塗装するとなると
実は問題が色々出てきます。

隙間が多いので意外と塗りにくい

 

自分で塗ってみるとよくわかりますが
隙間だらけな上に、隙間にはきれいに塗料が入らないので
色ムラになりやすいのが問題です。

 

狭い部分はハケを使い、
広い面の部分はローラーというふうに
使い分けて進めていくほかありません。

 

 

枠の隙間が意外と深い

 

四方の枠の内側にある隙間が意外と大きく
この部分をどの辺まで塗るかは考えるところです。

 

見える部分は中まで塗るか
表面だけ塗るか。

 

塗ったものの見た目の仕上がりがイマイチだったら
プロとしてはちょっと悲しいものがあります。

せっかく塗るならキレイに仕上げたい。
その方が塗る方も気持ちいいし
お施主さんも気持ちいいでしょうしね。

 

丁寧に塗れば長持ちもしますので
塗る時は長持ちするように仕上げています。