嶋崎工務店ブログ

長崎で雨漏りが発生する家のタイプ その1

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 
あんしん塗装部には雨漏り補修の依頼がよくあるのですが
雨漏りしやすい長崎の家には特徴があります。
 
その中でも、特に疑わしいところ。
雨漏りしやすいところがバルコニー周り。
 
 
今日は、雨漏りしやすいバルコニー周りの一つを説明します。
 
 

バルコニー手すり部分から雨漏りしやすい理由

 

バルコニーの手すり周りのつなぎ目からはよく漏れます。

 

写真のように大体、つなぎ目の防水処理はせいぜい5mm程度しか
昔はやっていません。

壁のシール処理なら奥行きが10mm程度あるので
簡単に切れることはありませんが
こんな鉄板を重ねた部分にちょっとしか防水処理をしていないので
すぐにダメになります。

 

夏場は60度近くなる鉄部分

 

バルコニー手すりだって
夏場は直射日光でガンガン照らされると
かなり上がってしまいます。

 

だいたい手すり関係は黒系なので
熱の吸収も高いですしね。

 

だから、シール部分の劣化もどうしても早くなります。

 

壁のシールは10年以上もつとしても
バルコニーのシールはひどいところでは5年ももたないでしょう。

 

そうなると、雨は染み込みやすくなります。

結果として雨漏りにつながるわけです。

 

 

ちなみに、この下に防水シートが
貼ってあるかもしれませんが
貼り方を間違っていたり
そもそも貼っていない、、、なんてことも

 

施工ミスというよりは昔は当たり前にやってましたから
防水の期待はしないほうがいいでしょう。