嶋崎工務店ブログ

長崎の人必見!屋根瓦の台風対策の実例紹介

こんにちは。幸せリフォーム部です。

長崎県にはここ十年ほどは台風の直撃による被害はありません。

ですが、そんな甘いことを言っているとそろそろ、、、ですよね。

 

やっぱり台風が直撃したり、五島の方を通ると
まぁ大変な目に遭うのはみえています。

 

もう25年以上昔に立て続けに来た台風では
たくさんの家で屋根瓦が飛ばされ
ブルーシートだらけの時期ってありましたよね。

 

特に軒先の瓦が飛ばされると連鎖的にバラバラバラバラっ!と
飛ばされてしまいます。

 

そうならない対策方法がこちら

 

 

軒先の瓦はビスで留めてあります。

こうすることで軒瓦の風圧での浮き上がりを防止できますので
飛ばされにくくなります。

 

それから、上下の瓦の山の部分には接着剤代わりに
シール処理をして剥がれるのを防止しています。

こうすることで連鎖的に飛ばされていくことも防ぐわけです。

 

台風後は瓦もブルーシートも不足します。

 

瓦が飛ばされてしまうと、一度雨が降るだけで
ビショビショになってしまいます。

応急処置としてブルーシートなどをかけますが
そもそも台風後は飛ばされた家だらけですから
ブルーシートが不足してしまいます。

 

結果として応急処置をしたくてもできない。

結局雨漏りで屋内の家財道具もビショビショに、、、

なんてこともありうるわけです。

 

そうならないためには、
写真のように軒瓦などの対策が有効です。

 

台風シーズンになると忙しくなるので
早めに対処することをお勧めします。