嶋崎工務店ブログ

長崎に台風が来ても慌ててはいけない理由とは?

長崎方面に向かって台風が迫ってきていますね。

この時期に来るのはちょっと信じられないのですが、、、

まぁ来るものを拒むことはできません。相手は自然ですから私たちができることは限られています。

 

雨漏り?それとも一時的なもの?

 

台風のときにはよく雨漏りが起こります。

 

いつもの強風とは強さが違いますから
瓦が飛ばされたり飛んできたもので窓ガラスが割れることも。

 

 

強烈な風ですから当然、風圧がかかります。

 

それに伴って、普段は雨漏りもなかったのに
部屋の中に雨が入り込むことも!

 

天井から水が落ちてきたり
窓から入り込んできたり。

 

カモられないように慌ててはいけません。

 

台風のときに一時的に風圧で押し込まれて
雨水が屋根裏とか窓の隙間から入り込むことはあります。

 

もしも、台風後にも同じように雨漏りが止まらない場合は
やっぱりどこか飛ばされたか壊れた可能性があります。

 

しかし、台風後には問題ないこともよくありますので
慌てないでください。

 

もちろん、屋根などが明らかに飛ばされていたりしたら
やはり専門家に診てもらいましょう。

 

この時期、慌てさせる営業なども来て
カモにされることだってよくあります。

そんなひどい目に長崎の人が遭いませんように。

 

何より台風さんには静かに通り過ぎていただきたいですね。

長崎らしく静かに祈っておきましょう。