嶋崎工務店ブログ

湿気の多い長崎では外壁通気をしっかり改修すること

こんにちは。しあわせリフォーム部です。

平成の建物でも外壁の通気ができていないものが多く
長崎県でも多くの建物が劣化しています。

 

写真は、外壁を解体して、防水から作り直し
通気をしっかりとった建物。

 

 

元々軒ゼロ住宅で、斜線制限の関係から
今回も軒を出せず軒ゼロのままですが
換気ができるように作り替えました。

 

破風板の裏から壁面内の空気を抜くようにつくっています。

 

雨が多い長崎県では、雨漏りや湿気は大敵

もともと雨が多い長崎ですから
雨漏りは多いです。

 

それにどこの町でも海が近いため湿度も高めで
梅雨時や夏場のシットリした空気はカビの温床でもあります。

湿気を留めず吐き出す構造が大事

 

湿気はいろんな意味でよくありません。

 

カビっぽくて病気の原因にもなりますし
木材を腐らせたり
シロアリをよんだり。

 

コロナではありませんが目に見えない
いろんな要因とくっついてしまいます。

 

今は桜の季節。

でももう少しすると梅雨がきます。

早めに対策をしておくことをおススメします。

 

オリガミプロジェクト では外壁や屋根の劣化改修などにも
助成金がつきますので長崎にお住いの方にはおススメです。

↓↓↓↓