嶋崎工務店ブログ

長崎の雨漏りを減らすには防水シール工事が不可欠な理由とは?

世の中コロナ騒ぎが止まりませんね。
ここ長崎でも日に日に少しずつですが増えてきている模様。

 

防水シールと一緒にコロナもシャットアウトしたいところですが、、、

見えない敵との戦いがまだまだ続きそうですね。

 

さて、防水シールですが、
長崎の家にとってはとても重要なものです。

 

長崎の雨漏りは窓周りが多い

 

窓周りは特に雨漏りが多いところ。
ここ長崎県は雨が多いためか、窓周りからの雨漏りがダントツで多いです。

 

あんしん塗装部やしあわせリフォーム部では
窓周りからの雨水の侵入を防ぐために
入念に防水シール処理を行います。

 

 

写真は、防水シールを綺麗に仕上げているところ。

 

表には出てきませんが、
防水シールを使う前に、プライマーという材料を
シールを入れる溝に塗って行きます。

 

このプライマーをしていない家は
後々に、防水シールだけがパラパラとひも状に取れることも。

 

安い工事だと防水シールが省かれていることも、、、

 

防水シールは、雨から守るための一番外側の砦とも言えます。

だから、この処理をおろそかにしてはいけません。

安い工事になると、
必然的にこの手間のかかる防水シールを
省いていることもよくあります。

 

結局、雨が入り込むことになり
壁の中からカビさせたり腐らせてしまうことにつながっています。

 

どうか、外部のメンテナンスは安いからという理由で
選ばないようにしてください。

 

すぐにはわかりませんが、後々雨漏りの影響となって
必要以上の費用がかかる原因になりますので。

 

メンテナンスを確実にしていくには
オリガミプロジェクト はオススメです。

↓↓↓↓

 

外装だけでなく、耐震や断熱、水廻りの改装などにも
使っていただける長崎独自の返さなくて良い
補助金ですのでどんどん活用してください。