嶋崎工務店ブログ

【諫早から】連休前にチェックする我が家の外壁ポイント

こんにちはあんしん塗装部です。

連日のコロナ感染報道は心配ですが、
外は風が強いですが良い天気ですね。

 

連休は本来ならみんなあちこち遠出するのですが、
さすがに今年は危険ですから身を守るためにも
家にいる方が得策です。

 

さて、せっかく家にいるのですから梅雨が来る前に
我が家をご自分でメンテナンスされるのもよいかもしれません。

 

大まかには、チョーキングという粉が手につく現象。
きっとあなたもご存知かもしれません。

 

それが出始めたら、外壁にも汚れがつきやすく、
水を弾く力も弱まっていますので
外壁塗装のサインとなります。

 

 

今回はもう一つ大切なこと。

それは、軒裏をみてください。

 

 

 

軒裏の緑色のシミは要注意

 

屋根の下の軒裏部分は普通は白く塗られていると思います。

その部分にシミができていた場合は雨漏りのサインとなります。

 

 

特に緑色のシミは要注意で、
頻繁に雨漏りを繰り返したサインになります。

 

これは、水がなんども入り込んで、
苔やカビが水分のおかげで繁殖した姿です。

 

白い塗膜をパラパラと剥がして
劣化させている場合もよくありますね。

 

外装に関しても、諫早市の補助金が使えたり
平成以降の建物であればオリガミプロジェクト
100万円まで補助が受けられます。

 

コロナがどうであろうが待った無しで、梅雨は来ますので
屋根や外壁の不具合はなんらかの手を打っておきましょう。