嶋崎工務店ブログ

諫早市の補助金を使った防災瓦でコロナでも安心して我が家に篭れるように

こんにちはしあわせリフォーム部です。

諫早市だと、屋根を防災瓦に替える工事でも
リフレッシュ補助金を使って10万円の補助を受けられます。

 

コロナで我が家にいなければならないのに
きっと災害は理不尽にやってきます。

 

あんしんして我が家に篭れるように
私たちも工事では見えないところに力を注いでいます。

たとえば防災瓦の工事では、、、

 

屋根替えをするときには、細かなところで
なるべく雨が瓦の下に入り込まないように
現場で工夫をしています。

 

 

 

端っこをカットして、水を引き込まないように

 

写真は寄棟瓦屋根ですが

瓦同士がぶつかる隅の部分の下地処理をしているところです。

 

隙間には写真にも見える
黒い南蛮しっくいなどを詰めいきますが

それでも隙間からは水を引き込んでしまう恐れだってあります。

 

なるべく雨を引き込まないように
写真のように瓦の端をカットして、
しっくい周りから入り込まないようにします。

もちろん万が一引き込んでも
下にはルーフィング防水シートがあります。

 

ですが、防水シートは最後の砦
そうやすやすと入り込まれてはいけませんので
瓦表面でなるべく雨水は処理していきます。

 

梅雨と台風のシーズンも到来

 

諫早市のリフレッシュ補助金などをうまく活用して
災害にも強い我が家にしておきましょう。

 

平成以降の建物でしたら
オリガミプロジェクト 補助金の100万円も使えますので
積極的に使ってください。

 

コロナで我が家にいなければならない日が多いので
災害に負けない家にして
安心して住み続けられる暮らしになりますように。