嶋崎工務店ブログ

【長崎の現場より】木製窓の美しさを際立たせるメンテ中

こんにちは。

コロナは多少収束気味な形になってきましたが
まだまだ予断はゆるされませんね。

 

それでも五月になって、一気に夏のような天気。
気温も25度以上になったり。

 

湿度もカラッとしていて
メンテナンスするにはいい時期ですよね。

 

写真は木製窓をメンテナンス中の写真

 

 

 

オランダ製の木製塗料を塗っております。

質感は、ヨットなどの木製品に塗るような雰囲気の仕上がり。

艶があって、木の美しさが際立ってきます。

 

木製品のメンテナンスは必須だけどやっぱり美しい!

 

木製のものはたしかに面倒。
10年なんて保ちません。

遅くとも3年に一回はメンテしなければなりません。

 

でも、エイジング加減は本当に美しくなります。

これは、プラスチック製品には出せませんし
新建材の品物には不可能に近いこと。

 

もともと生き物だった素材ですから
ちゃんとメンテナンスをすると
イキイキしてきます。

暮らしの雰囲気もとても良くなりますし
やはり今でも、格式の高さは木製がアルミや新建材よりはるかに高くなります。

 

美しく暮らすことは新しい時代の要請

 

コロナのおかげで、今までの価値観も大きく変わろうとしています。
美しく暮らすということの価値が問い直される時代に入りました。

 

身近な身の回りの暮らしの質を上げていくことは
結果として自分の人生の質を上げていきます。

 

長崎でもそんな暮らしをできる人が
もっと増えていきますように。