嶋崎工務店ブログ

意外と進行している屋根劣化のミクロ写真公開

 
 
 
 
 
IMG_0551
 
 
 
こんにちは。あんしん塗装部です。
 
今日は屋根の劣化が実際どういう状態なのかを
詳しくみていきましょう。
 
屋根自体はそこまで劣化はしていません。
しかし、肝心の表面が劣化してくると汚れがつきやすくなります。
 
表面が傷みだしているので
これから苔もつきやすい状態でした。
 
 
 
 
その状態を覗いてみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そこまで痛みが目立たなかったスレート瓦の表面も実際はこうなっています。IMG_0550
右側に少し緑色に見えるところは苔の緑色です。
ツルツルではないので
どうしても苔がつきやすくなります。
ツルツルしていれば、苔も食いつきにくくく、
苔のエサになる水分も溜まりにくいので繁殖しません。
ですが、凸凹して水分が染み込む隙間が増えれば
苔としても育ちやすくなりますよね。
ちなみに夏場の屋根の温度は60度以上が普通です。
毎日毎日熱に耐え、冬の寒さにも耐え、台風にも耐えている
屋根です。
人間の肌年齢と同じく、お手入れをすることが肝心です。