嶋崎工務店ブログ

長崎で塗装するのに足場が必要な理由とは?

こんにちは。あんしん塗装部です。

ちょうど今やっている長崎市内の現場よりお届けします。

 

台風騒ぎで先週末から落ち着かなかったんですが
なんとか工事も本格的に進み始めました。

 

IMG_6538

 

 

 

屋根の勾配が急なところは、
このように屋根足場を取り付けて作業を行います。

 

ちなみに、外装工事はほとんどが高所作業になるため
2m以上の高さの作業の場合は足場が必須になります。

 

現場で事故なく安全に仕上げること。

 

その昔、建設現場はとても劣悪な作業環境でした。
怪我なんて当たり前、
事故で命を落とす人も珍しくなかった時代です。

 

ですが、住んでいる人にとっては
あまり気持ちいいものではありませんよね。

まさか安かろう危なかろうで、
安かったけど重体とか転落して命を亡くしたとか自宅の敷地であったら
気持ち悪いしやりきれないですよね。

 

 

安全に作業して、気持ち良く仕上げてお渡しすること。
これもまた「あんしん」できる仕事だと考えています。

 

 

 

足場代サービスのウソとは?

 

足場代をサービスしますとか、足場なしで行いますとか
実はありえません。

 

結局は人の手で組んで終わったら解体しなければなりません。
人が時間を使って作業する以上、
この人件費の高い日本では足場代をカットすることなど不可能な話です。

 

もちろん足場がなければこんな高所作業は危なっかしくてできません。

足場代無料にしますよ!のセールスされた時はご連絡ください。

私たちあんしん塗装部が客観的に判断します。