嶋崎工務店ブログ

木が腐る5つの原因とは?

こんにちは。あんしん塗装部です。

今日は木が弱る5つの原因についてお伝えします。

 

木は粘り強さがあり、軽くて意外と強い万能な材料なんですが、、、
唯一の欠点は、白木だと風化に弱いんですよね。

白木とは、木の皮を剥いで製材した材料のことなんですが、
そうすると、雨に打たれて年輪と年輪の間が痩せてきます。

 

表面を塗料で保護していれば長持ちしますが、塗料も劣化してくると
水分が入り込みやすくなりますし、紫外線でも劣化していきます。

 

IMG_6553

 

木材が傷んでくる原因には5つの要素があります。

 

  1. 水分
  2. 温度
  3. 木材腐朽菌
  4. 酸素
  5. 木材

 

木材は当然必要だとして、残りのモノは自然にあるものです。

 

雨が降れば水分が増えますし

春から夏にかけては温度も上がります。

酸素は普通にどこにでもありますから

そんな状態の木材には、

木材腐朽菌が活発に働いて腐らしていきます。

 

 

ただ、、、これを好きな輩がいるんですよね。

 

 

それがシロアリです。

 

温かい水分を多量に含んだ木材が大好きな彼らは
喜んで食べていきます。

結果、写真のように腐らせつつ喰われていくことになります。

 

外部はどうしても傷みやすいものですが、
放っておくと自宅だけでなく周辺の家にも
被害を広めてしまいますので気をつけましょう。