あんしん塗装部

長崎は台風に備えて塗装外装改修時にユニエーターも補強を

コロナ騒ぎでついに非常事態宣言が大都市圏では出るみたいですね。

それでも桜は咲いていてくれて、しかも長く咲き続けてくれています。

入学式のこの時期まで咲いているなんてありがたいですね!

 

さて、屋根や外装のリフォームでよく問題になるのがユニエーターなどの

温熱温水器の取り付け。

 

塗装屋さんだけでなく意外と、大工さんたちも取り付けを甘くみている場合もあります。

一本ずつしかはめていないところも多く、最近の台風が大型化している中で
耐えれるかは疑問です。

 

幸い、いまのところ長崎直撃でも大きな被害はでていませんが。

 

 

 

写真は、屋根が急勾配のため、しっかりと締め直したワイヤーです。
全部で8本引っ張っています。

大工さん、塗装技術者、設計士、設備士の皆さんで
しっかりと取り付け方法を確認しながら
危険がないように、そして風雨の影響で屋根や外壁にも影響が
出ないように考えながら。

 

直接ワイヤーが当たるところは、
劣化しにくいパイプを巻いて補強しています。

 

そして、水がたまらないように切れ目もいれつつ。
上部から入らないように防水シールをしながら。

 

補強金具がしっかり取り付けられる下地を
大工さんと確認しながら。

 

一つ一つは職人さんたちの愛でできています。

 

最近、愛情がない建物が多くなりました。
余裕のない世の中の証拠かもしれません。

 

コロナの影響でますます個人個人が
余裕がなくなるかもしれません。


どうか、長崎県に住むあなたと
あなたの周りには愛情あふれるおつきあいを。

 

屋根工事も外装補修メンテナンスにも
返さなくて良い長崎独自の補助金があります。

↓↓↓↓

 

梅雨前にしっかり工事も終わらせておきたいですね。

長崎の雨漏りを減らすには防水シール工事が不可欠な理由とは?

世の中コロナ騒ぎが止まりませんね。
ここ長崎でも日に日に少しずつですが増えてきている模様。

 

防水シールと一緒にコロナもシャットアウトしたいところですが、、、

見えない敵との戦いがまだまだ続きそうですね。

 

さて、防水シールですが、
長崎の家にとってはとても重要なものです。

 

長崎の雨漏りは窓周りが多い

 

窓周りは特に雨漏りが多いところ。
ここ長崎県は雨が多いためか、窓周りからの雨漏りがダントツで多いです。

 

あんしん塗装部やしあわせリフォーム部では
窓周りからの雨水の侵入を防ぐために
入念に防水シール処理を行います。

 

 

写真は、防水シールを綺麗に仕上げているところ。

 

表には出てきませんが、
防水シールを使う前に、プライマーという材料を
シールを入れる溝に塗って行きます。

 

このプライマーをしていない家は
後々に、防水シールだけがパラパラとひも状に取れることも。

 

安い工事だと防水シールが省かれていることも、、、

 

防水シールは、雨から守るための一番外側の砦とも言えます。

だから、この処理をおろそかにしてはいけません。

安い工事になると、
必然的にこの手間のかかる防水シールを
省いていることもよくあります。

 

結局、雨が入り込むことになり
壁の中からカビさせたり腐らせてしまうことにつながっています。

 

どうか、外部のメンテナンスは安いからという理由で
選ばないようにしてください。

 

すぐにはわかりませんが、後々雨漏りの影響となって
必要以上の費用がかかる原因になりますので。

 

メンテナンスを確実にしていくには
オリガミプロジェクト はオススメです。

↓↓↓↓

 

外装だけでなく、耐震や断熱、水廻りの改装などにも
使っていただける長崎独自の返さなくて良い
補助金ですのでどんどん活用してください。

湿気の多い長崎では外壁通気をしっかり改修すること

こんにちは。しあわせリフォーム部です。

平成の建物でも外壁の通気ができていないものが多く
長崎県でも多くの建物が劣化しています。

 

写真は、外壁を解体して、防水から作り直し
通気をしっかりとった建物。

 

 

元々軒ゼロ住宅で、斜線制限の関係から
今回も軒を出せず軒ゼロのままですが
換気ができるように作り替えました。

 

破風板の裏から壁面内の空気を抜くようにつくっています。

 

雨が多い長崎県では、雨漏りや湿気は大敵

もともと雨が多い長崎ですから
雨漏りは多いです。

 

それにどこの町でも海が近いため湿度も高めで
梅雨時や夏場のシットリした空気はカビの温床でもあります。

湿気を留めず吐き出す構造が大事

 

湿気はいろんな意味でよくありません。

 

カビっぽくて病気の原因にもなりますし
木材を腐らせたり
シロアリをよんだり。

 

コロナではありませんが目に見えない
いろんな要因とくっついてしまいます。

 

今は桜の季節。

でももう少しすると梅雨がきます。

早めに対策をしておくことをおススメします。

 

オリガミプロジェクト では外壁や屋根の劣化改修などにも
助成金がつきますので長崎にお住いの方にはおススメです。

↓↓↓↓

 

【長崎の現場より】チョーキングは塗装するサインです。

外壁の塗り替えのタイミングを考える一つの目安がチョーキングという現象。

もしかしたあなたの家でもおきていませんか?

 

ちょうど長崎の現場で写真が撮れました。

これがチョーキングです。

 

 

壁を触ると、白い粉で汚れてしまいます。

これが出たらもうダメというわけではありません。

 

ただ、一つの目安として外壁塗装を考えるにはいいタイミングになります。

 

 

表面のコーティングが劣化してる状態です

 

チョーキングは外壁の表面のツヤが
なくなって来たら起きやすくなります。

 

ですので元々の塗装がツヤありより
ツヤなし仕上げの方がどうしても劣化は早くなります。

 

それでも外壁は頑張ってあなたのお家を守ってくれていますが

表面が劣化してきていますので汚れもつきやすくなります。

 

 

結果としてコケがつきやすくなり
汚れが目立つようになるのはこのためです。

 

ボロボロになってから塗装するよりは
早めにカバーしてあげると建物にとってはいいでしょう。

 

 

 

足場があるときにしかできない工事はやっておくべきです。

改修している長崎の現場より

 

あんしん塗装部の現場よりこんにちは。

4階建のビルの改修をやっております。

 

たまにこのような配管ミス、、、

というかきっと後でパイプを施工したのでしょうが
吸気口と被っているところがあります。

 

 

 

換気口も腐食してサビでボロボロになっています。

足場がないと取り替えられない3階部分ですので
塗装などの外壁改修工事の時に併せてするのが理想ですね。

 

ですが、交換するにもパイプが邪魔。

 

あんしん塗装部は建築会社が母体なので
このような工事でも問題ありません。

 

普通の塗装屋さんであれば、
この配管が何なのか、換気口が何なのかまでわかりません。

 

とりあえず塗って表面を綺麗にしておけばいいのでしょうが
結局不具合を解決していないので
すぐに問題が起きてしまいます。

 

あんしん塗装部やしあわせリフォーム部であれば
この配管を組み替えて換気口も交換しつつ
あんしんして使ってもらえるように
作り変えていきます。

 

足場をバラしてからは、もう何も手が出ないところです。
足場があるうちに、今後10年以上は問題が出ないように
丁寧に、愛情を込めてお仕事をさせていただいています。

 

 

長崎のバルコニー周りが雨漏りしやすい理由

こんにちはしあわせリフォーム部です。

 

梅雨時から雨漏りの依頼を多数うけておりました。

長崎県は今年は七月になってからよく降りましたね。

 

このブログでも度々説明していますが大雨時期の一時的な雨漏りであれば
あまり問題ではありません。

 

世の中の風潮は完全無欠なものを求めるところがありますが
所詮は人間が作るものですから雨が漏れるときは漏れてしまいます。

 

逆に普段の雨程度で雨漏りをするのでしたら問題になります。

特にバルコニーがある家は要注意。

バルコニー周りからの漏水は少なくありません。

塗装で綺麗に仕上げても、隙間が傷んでいるのでそこから水は侵入してくるのです。

 

バルコニー出入り口の窓下は要注意

 

要注意とはいえ、狭すぎて手が出せないところでもあります。

特になるべく室内床との段差を少なくしているバルコニーでは
顕著に雨漏りがおこります。

段差が小さいので、雨が降るとその隙間の窓下から水が侵入していきます。

 

その場合いくら塗装してもブクブクと塗膜が剥がれてきますので
すぐにわかります。

 

もしご自宅の外壁塗装がブクブクパラパラと部分的に剥がれていたら
雨漏りが起こっています。

気をつけましょう。

梅雨時夏場の塗装工事中もエアコンは使えるので快適です

こんにちはあんしん塗装部です。

 

だいぶん梅雨らしくなってきたようですね。

雨も降ってくれたおかげで近所の田んぼも水を張って
田植えが無事に終わったようです。

 

これからの季節は
どんどん湿気もあがり蒸し暑くなっていきますね。

 

そんな時期に工事するとなると
気になるのがエアコンがつかえるかということ。

 

安心してくださいエアコンは使えますよ!

 

 

エアコンが使えないとこれからの季節は
大変ですよね。

 

 

「エアコンが使えないのでは?」

 

という質問をされるのですが
あんしん塗装部では
専用のカバーを取り付けて
工事中も快適に室内で過ごせるように
工夫しております。

 

ですから、今あるエアコンは
そのまま使ってもらって構いません。

もちろん外は湿気があってムシムシしていますが
あなたの家の中はエアコンを使うことで
いつも通り快適な暮らしが可能です。

 

ただ、足場やネットがかかっているので
多少暗さや目障りな感じはありますが、、、

 

おうちをリフレッシュしてイキイキと蘇らせるために
少しの間だけよろしくお願いします。

 

長崎に素敵な家がもっと増えますように。

 

 

養生は風や雨との戦いでもあります。

こんにちは。あんしん塗装部@(有)嶋崎工務店です。

6月始めはかなり梅雨っぽい天気だったんですが、
ここ最近はなんだか湿度も下がって朝晩は涼しいですね。

 

 

それにしても6月はなんだか風が強い。

 

おかげで涼しいんでしょうけど、昼間は普通に暑いです。

 

風が強いおかげで、養生にも気を遣います。

写真は養生の風景

 

風が強い日にはビニル養生が外れてしまうことも。

 

自然現象だからこればっかりは仕方がありません。

 

腹を立てても仕方がないので
強風で外れたりした部分はやり直しを
淡々と黙々としていきます。

 

私たちは、ありがとうございますの気持ちで
日々工事しております(^_^)

 

窓も一部開けられるように養生を

 

もちろん夏場の暑い時期などは
窓が開けられるような養生をすることもできます。

 

暑すぎるとエアコンになりますが
それでもどこか窓を開けて換気はしたいものですよね。

 

養生では家主さんの暮らしに制限を敷いてしまいますが
それでも家主さんにとってすこしでも
過ごしやすい環境をと思って住宅の塗装は行なっています。

 

雨が多い長崎なのにのに雨漏りに気付きにくい理由とは?

こんにちはあんしん塗装部です。

 

この画像なんだかわかります?

 

実はこれ外壁のつなぎ目、ジョイントの部分です。

普通はここには、シーリング(コーキング)というゴムっぽい

ブニョっとしたものがこの隙間を覆っています。

 

なぜなら、外壁に隙間があれば雨漏りにつながるからです。

そのシーリングがない!

 

もう劣化してしまってどこかに行ってしまっていますww

 

だから外壁の板も外れかけてガバガバしています。

外壁を留めている木が雨水で腐って
なくなってしまったのでした。

 

こうなるともう雨はジャンジャン入り込みます。

 

シーリングが切れていたら要注意!

 

日当たりがいい場所はシーリングの劣化も早いものです。

 

ですから、西日や南向きの壁面のシールが
割とボロボロになりやすいものです。

 

劣化が進むとシールが取れてしまったり
亀裂が入ってしまいます。

 

すぐに室内に影響があれば気づくのですが
長い年月をかけてじわじわと壁の中で柱などの
木材を腐らせていきます。

 

室内に影響が出た時には結構傷んでいることも
珍しくありません。

 

何かと雨の多い長崎。
桜の季節が終わったら梅雨はもうすぐです。

 

ご自分で我が家の点検をしてみるにはいい季節ですね!

【諫早より】外壁の下に隙間を作って大丈夫?

こんにちは。

今日も諫早の現場よりお送りいたします。

ちょうど外壁の取り付け作業中です。

 

 

昔はペタンと下にくっつけて壁を張っていたところもありましたが

雨の多い長崎では、万が一雨が入った時の逃げ道を作っておかなければ
室内に雨漏りとして雨水が入ってきます。

 

もちろん、この下には二重三重に雨漏りしにくい仕組みがあります。

瓦の下には捨て板金という雨切りがありますし、

写真にみ見えている平べったい板金(大工さんの左手の部分)も
壁の中に立ち上がっています。

そのため、外壁の下から吹き上げてきても簡単には
中には入れません。

 

しかも!

防水シートと両面防水テープで
シートの隙間を密封していますので
下からの入り込みは極力できないようにしています。

外装板の目地からたとえ入ったとしても
防水シートがあり、雨切りもありますので
入った水は下へ下へと流れていきます。

 

そして、下の方で外に出ていけるように
隙間を設けて排出するようにできています。

 

雨を完全に止めることは不可能です。

特に台風などの暴風雨では風圧で多少なりとも入り込みます。

それでも、入った水がちゃんと出ていけるように。

入った水が家の中の方に入らないように
二重三重に対策を施しています。