データ

歯の痛みさえ取れれば後は知らない?雨漏りや塗装もキケンです。

例えばこんな人いますよね?

 

夜中から急に奥歯が痛み出して
寝付けなかった。。。

 

朝から急いで歯医者さんに連絡
なんとか朝イチに応急処置をしてもらえることに。

 

次の予約を入れたけど、痛みがなくなったら
予約も忘れてしまっていて、、、まぁいいや。。。

 

なんてズボラな人、、、いますよねwww

 

歯の痛みと雨漏りや外壁塗装は同じ結末に、、、

 

歯が痛いとすぐにでもその痛みを取ってほしいと思うもの。
中には痛みさえなくなれば、
歯医者さんに行かない人もいますよね。

 

ですが、結局ひどくなって歯を抜くこともありますし
そこまでいかなくても、以前より悪化しているなんて
ありがちです。

 

それとまったく同じなのが
外壁や屋根の雨漏り修繕ですね。

 

応急処置の後、数年間放置されていた建物の場合も
シールが痛んできていました。

 

表面がちょっとボロボロに!

 

その時は応急処置とはいえ
その後すぐに塗装をされる予定だったのですが
たった2,3年とはいえここまで劣化するとは、、、

 

侮れない長崎の紫外線!

 

もともと平滑に仕上げていたのですが
表面も痩せて凹んでいますので
そのまま塗装をしても目立ってしまいます。

 

 

必要なところは増し打ちをして
表面を再度整える予定です。

 

長崎県は雨も多いですが
夏場の日差しも強いです。

 

紫外線でどうしても建物は劣化していくもの。

 

今から梅雨に入るため本格的な雨漏り修繕工事などはしづらくなります。

 

応急処置で梅雨明け前の豪雨をしのいだとしても
今年の分は今年のうちに塗装までしておくことが大切です。

 

歯の治療を最後までしっかりやらなければならないことと
まったく同じで、結果として歯を抜くような最悪の事態に。

そして余計な費用もかかってしまいます。

 

自治体補助金で塗装?はダメな理由知ってますか?

こんにちはあんしん塗装部です。

諫早市もリフレッシュ事業として
建物の塗装にも補助金が使えます。

 

内容はというと、最大で10万円まで補助が出て
浴室の改良や、トイレの便器取替、それからキッチンのリフォーム、

バリアフリー関係でいくと、出入り口の戸の取替、
段差解消やら手すりの設置といったものも。

 

アホな営業マンには気をつけましょう

 

性能向上には、断熱改修や耐風瓦への葺替え、
強化ガラスへの取替なんかも入っています。

そして、遮熱塗料で塗装することも入っています。

 

と、普通でしたら遮熱がオススメです!となりますが
あんしん塗装部は、アホな営業マンみたいに
「遮熱がオススメです!」とは言いません。

 

理由は2つあります。

今日はその一つについて現場サイドの人しかわからない
不都合な真実お伝えします。

 

1.遮熱性能の持続性がわからないこと

 

 

実はまだ遮熱塗料の性能がどれほど持続するかはわかりません。

 

もちろん立地条件や、日当たりの良さなども関係するでしょう。

 

10年以上遮熱してくれればいいのですが
もしかすると5年くらいしか遮熱性能は発揮しないかもしれません。

 

5年以上たってくると、小さな劣化が始まって
遮熱性能が落ちていくことは十分にあり得ます。

IMG_0276

 

確かに、昨年夏に行った私たちの実験データでは
夏場の遮熱性能は劇的に変わりました。

 

でも、どれだけ続くかなんてまだわからないんです。

 

その割に塗料代は高いので
あんしん塗装部としては「うーん、、、」と思うところ。

 

せっかく塗るなら最新の材料がいい人にはオススメ!

ただし、新しいものが好きな方にはオススメします。

どれだけの年月持続できるかわかりませんが
夏場の屋根裏が20度以上下がりますから
真夏の暑さやエアコンの効きはマシになります。

 

 

リフォームなのに安くならない5つの理由とは?

 

リフォームって新築じゃないのに
なんでそんなにかかるんですか?

 

はっきり言ってその考えは間違っています。

 

 

リフォームは既存の間取りや建物に合わせて
オーダーメイドで作っていかなければなりません。

IMG_9119

極端な話、新築であれば中途半端な技術者でも
つくれてしまいます。

 

体力さえあればあとはプラモデルのような
建物もたくさんありますしね。

 

ですがリフォームになると
はっきり言って新築よりも難易度はとても高くなります。

 

リフォームの難易度が高くなる5つの理由

 

  1. 図面がない 図面があってもその通りにできていない。
  2. 劣化箇所は隠れているので見えない
  3. 雨漏りなど劣化箇所がみえない。
  4. 見積もり段階では不確定要素が多すぎる
  5. 建物がゆがんでいる。

 

その中でも特に
建物が歪んでいることはよくあります。

 

床が斜めなんて欠陥住宅でもなんでもありません。

 

ただ、時間が経つと
どうしても建物も動いてしまうものです。

 

その床の斜め具合が許容できる範囲ならそのままいいですが
もしも酷すぎるなら、
床を剥ぎ取って、足元から調整しなければなりません。

 

柱が1センチも倒れていたら、
その分の調整をしてあげなければ
建具は閉まりにくくなります。

 

だいたい、建具の締まりが悪くなったのは
柱が少し傾いたりしているためです。

 

建具で調整できないときには、
柱や壁で調整するしかありません。

 

 

新築なら水平垂直につくるのは当たり前ですし
簡単に水平垂直は作れますが
今ある建物を水平垂直に
調整していくのはどうしても時間がかかります。

 

 

そしてなによりも技術が要りますが
そんな技術をもった大工さんら
技術者が少なくなっているのがなによりも問題です。

 

雨漏りにつながる危険な鉄サビの見分け方とは?

 
 
こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

 

サビがきてしまうと、ボロボロになりますが
大丈夫なサビとそうでないサビがあります。

 

 

表面が四角くボロボロと剥がれるサビは危険

 

 

四角い破片状に大きなサビがでていたら
注意が必要。

IMG_8500

 

鉄板自体も0.3ミリとか薄いため
すぐに穴が空いてしまいます。

 

 

表面だけのサビであれば剥がれません。

 

表面の塗膜がはげてサビが出た程度であれば
まだ穴が開く心配はありません。

 

表面だけがサビている状態で
奥深くまでは錆びていません。

 

 

それでも放置していたら穴が開きます(笑)

 

 

だからと言って、そのまま放置していていいかというと
もちろんそんなことはありません。

 

 

そのままにしていると、錆びている部分がだんだん
広がっていきます。

 

横にも広がりますし奥にも広がっていきます。

 

縦に横に奥にとサビが広がっていくと
0.3ミリ程度しかない鉄板などは
すぐに穴が空いてしまいます。

 

 

錆びる部分は水がよくかかる場所ですから
そこに穴が開いてしまうと雨漏りに直結します。

 

 

錆びたままにしているのもみすぼらしくみえますので
ひどくならないうちに早く応急処置でもしたほうが無難です。

 

 

 

【写真公開】横目地からの雨漏りが原因で起こる悲劇

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

外壁周りのシーリングが傷み始めると
思わぬ大問題につながります。

 

 

特に雨がよくかかるところは問題になります。

 

 

横目地は危険性大

 

縦目地の場合はシールが切れて雨水が入り込んでも
重力に従って素直に下に流れていきます。

 

横目地シールが切れた場合は、
雨を全て受けて中に染み込ませてしまいます。

 

IMG_2317

 

よくあるのは一階と二階の間にある帯の部分。

 

写真のように帯の塗装がふくれたり剥がれたりしている場合は
帯の上に降り注いだ雨水が悪さをしています。

 

帯の裏側に入り込んだ雨水は
乾燥するときに帯表面側に出てこようとします。

 

ですが、塗膜があるため発散がうまくできず
なん度も繰り返すうちにだんだんと膨れや剥がれとして
劣化させていきます。

 

問題は見えない壁の内側が恐ろしいことになること!

 

外壁は綺麗に塗装されていたり
コーティングされているため、
見た目にはそんなに劣化していないことも。

 

 

ですが、繰り返し雨水が入り込んでいると
外壁パネルを留めている木を劣化させていきます。

 

 

なん度もなん度も雨に濡れると
木材腐朽菌は活発に活動しますし
シロアリにとっても好都合です。

 

 

柔らかく湿った木材は好んで食べますし
そこから建物のあちこちへと勢力を拡大していきます。

 

 

目に見えない壁の中で起こるトラブル。

 

結局、一番外側でストップしておかないと
このような恐れが出てきます。

 

塗装やシール劣化はわかりやすいサインです。
そのままにしておくと、見えない壁の中で
思わぬ大問題を引き起こしてしまいます。

 

 

 

【事例紹介】外は乾いていても内部で漏れている長崎の事例

 

外はもう晴れて外壁はカラカラだったんですが、
中から見るとやっぱり滲んできています。

 

 

室内にすぐに症状が出て来れば気づくのも早いのですが
室内に出てくるときは、壁内や天井裏など見えないところで
もう広がりようがないくらい広がってから見つかることがほとんどです。

 

 

外壁材は塗装が命

 

IMG_2644

 

 

ALCパネルなどもともとスポンジみたいなものですから、
表面のコーティングで止められないと
どんどん吸い込みます。

 

 

そして、部屋側は素のままですのでどんどん吐き出して行って、
カビだらけ、雨漏り、といったことがおきていくわけです。

 

 

塗装に頼るのが良いわけではありませんが、、、

 

ALCなどのスポンジ状の外壁材
無塗装の外壁材はコーティングされていませんので
水分をグングン吸ってしまいます。

吸った水分をうまく吐き出すシステムになっていればいいのですが
一般的にそのようにはできていません。

 

結果として、塗装劣化から染み込んだ水分がじわじわと
壁面全体を濡らしながら室内側に雨漏り、結露、カビ、腐食などといった形で
現れていきます。

 

 

室内で雨漏りに気付いたら、放って置かず
すぐに対処してください。

実は長崎は活断層帯だらけって知ってました?

今まで長崎では地震の心配はない。

と思われていたのですがさすがに熊本の地震の時には
かなり揺れましたね。

 

たしかに、今までは考えられなかったのでしょうが
間近であるとやはり怖いものですね。

 

長崎は実は活断層帯だらけ

 

実際は、雲仙岳がありますし、
橘湾にも無数の活断層帯があります。

 

jisin

 

先日、新しく幾つか活断層帯が追加されましたが
それ以前から、長崎南部の断層帯は
活断層として指定されていました。

 

 

 

そのため、実際はいつ地震が起きてもおかしくはありません。

 

ましてや、山を切り開いて作った団地や、
埋め立てて作った土地が多いのも問題です。

 

 

古い建物なら柱ばかりで壁がありませんし
壁の補強も基礎も貧弱だったりします。

 

新しいからと油断はできません。

 

もしもあなたの家に大きめのリビングがあれば
地震の揺れにはとても弱い可能性もあります。

 

実際熊本地震でも、一階にある大きなリビングが原因で
新しい建物が倒壊していました。

 

間近に存在する活断層に怯えてもいつ地震が来るかはわかりません。

 

ですが、地震が来ても備えがあれば「あんしん度」は増します。

 

 

 

遮熱塗料を塗ったあとに気づく冬場の後悔(笑)とは?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 
 

遮熱塗料はたしかにぐっと熱を下げるんですが、、、

どうも問題がありそうです。

 

夏場は遮熱に意識が向きがちですが
冬場は逆に寒くなるかも?

証拠写真がこちらです

↓↓↓↓

IMG_2600

 

遮熱は内部の熱を逃がさなくする、、、というけど
気密が悪い家は逃げまくります (笑)

 

遮熱で済むなら断熱材はいらない

 

薄い塗膜レベルで内部の熱を逃がさなくするなら
断熱材などいらないわけで
北海道でも遮熱塗料だけで賄われてもいいのです。

 

 

ですがそんなことはありません。

 

断熱性能は質量や空気量で決まります。

 

重いものほど熱は伝わりにくく
軽いものほど伝わりやすいです。

 

 

スポンジ状のものであれば空気をたくさん含んでいるので
熱も伝わりにくくなります。

 

木材やレンガも中に小さな空気をたくさん含んでいるため
熱を伝えにくくしています。

 

断熱材もたくさんの空気を密封しています。

 

 

軽くても性能がいいものはたくさんの空気を含んでいます。
ビニルに包まれているもの、板状の発泡スチロールみたいなもの。

 

どれも密封しているから性能があります。

 

 

ですが建物は基本的に密封されていませんし、ちょっと前まで
二階の天井に断熱材すらしていない建物も
長崎にはゴロゴロあります。

 

 

断熱されていないなら、小屋裏(二階天井裏)の暖かさが
そのまま部屋の温度を左右します。

 

 

冬場のポカポカした天気でも、なぜか寒い。。。

スカスカな上に屋根面を遮熱された建物は

お日様の暖かさも跳ね返しして屋根裏の温度は上がることはありません。

 

 

遮熱だけやっても片手落ちにおわるおそれがあります。

 

 

 

高温多湿の長崎で木材を腐食させる3要素は止められるか?

最初から断っておきますが
温度は日本の気候では防げません。

 

以前ブログで紹介したように夏場は日当たりのいい面は50度、
屋根裏は70度にもなります。

 

木材腐朽菌は、微生物ですので、空気中に満遍なく存在しています。

これも防ぎようがありません。

 

湿度はコントロールできます。

 

湿度をコントロール?、、、といっても
機械をいれてとかではありません。

 

実はとても簡単です。

 

木材は濡れない限りは、一定なんです。

どんなに梅雨時であってもそれほど高くなりません。

80163

普段の木材の水分量は15%程度。

ですが木材が雨漏りなどで濡れ続けていると
40%とか50%になります。

 

こんな状態だと
空気中の腐朽菌が柔らかくしてくれます。

 

加えて温度が高くなると、菌の繁殖は活性化しますので
そのままボロボロになっていきます。

 

ちなみに、、、この状態。あの白い虫が大好きな状態です。

腐朽菌までならいいかもしれません。

シロアリはそんな家を喜んで喰いつくしてくれます。

 

水を入れないのが鉄則ですが、人間に完璧はありません。

 

 

完璧な止水をするなら船のようにつくるしかありませんが
それでもメンテナンスしなければ船も漏るわけですから、、、

 

結局メンテナンスに手間をかけない限り
美しさは保つことはできません。

 

【動画公開】雨の多い長崎の雨漏りもサーモ写真があれば大丈夫!

パッと見で傷んでいるな、、、
ということが分かったとしても
どこがどのように傷んでいるのかを
判断するのは勘に頼るしかないのでしょうか?

 

長年のプロの勘は確かに重要ですが、素人にはわかりにくいものです。

 

ですが見方を変えると素人でもわかりやすくなります。

 

サーモ写真を見れば小学生だって理解できます。

 

雨漏り部分がどこかを突き止めるのも
サーモグラフの赤外線解析を使えばよくわかります。

 

水分を含むと、周囲の温度より必ず温度が下がります。

その部分だけ濃い青になるので一目瞭然です。

 

 

 

スポット的に温度が低い箇所が雨漏りです。

 

周囲の温度の色と比べて、一部分だけスポットのように低い箇所が
雨漏り箇所になります。

 

 

 

素材の温度変化は素材から素材へと
ゆっくり熱移動しますので

ゆっくりじんわりと温度変化があるなら
それは雨漏りではありません。

 

 

あくまでも急激に一部分だけ温度が低い場所が
雨漏り箇所や水分を含んでいる箇所になります。

 

サーモ写真を見れば漏水の水の流れも
わかりやすくなりますので
素人でも理解しやすくなります。