リフォーム

長崎の雨漏りの典型パターン木部が濡れ続けるとこうなる!

こんにちはあんしん塗装部です。

梅雨らしい天気といえば聞こえはいいとしても
この諫早も結構ジメジメしております。

何でもかんでもカビそうですね。

 

ちなみに木材もこの時期は非常に傷みやすいものです。

特にご自宅で外部に面しているところや
雨漏りしているところはふやけてボロボロに。

 

外部の壁や屋根周り、窓周りに木が使われていたら
ペンキで塗られているのが普通です。

でも、劣化してペンキが剥げてくると
写真のように木部がブヨブヨになってくることも。

 

写真ではわかりづらいですが
下地の木の部分が濡れてブヨブヨしています。

 

雨漏りが続くとブヨブヨに

 

水分を含んだ上にこの湿気と温度で
「木材腐朽菌」が活発に動きます。

そうなると木材をブヨブヨに弱らせてしまいます。

もうブヨブヨになってしまったら木材として役に立ちません。

 

こうやって壁や屋根からの雨漏りが
壁の中に入り、高温多湿なこの時期にブヨブヨにしていきます。

 

長崎でよくある典型的な雨漏りの状態なんですが、、、

 

ここまでくるともう取り替えになります。

壁の場合はその壁面は念のため全部剥いでから
やり直しです。

部分的な補修ではまた同じことがおきますので
オススメしません。

 

これ以上我が家が痛んで使い物にならなくなる前に
早期発見早期治療をしてください。

人間の病気と一緒ですね!

 

 

DIYリノベは実はシンドイ?

先日連休中に知り合いがDIYでリノベーションしている
お宅を訪問しました。

一人でちょこちょこと手を入れられていて
難しい専門的な電気や水道工事、大工工事だけは
依頼しているようでした。

 

それにしても、、、すごい、、、感心いたします。

 

というのも、リノベーションを自分でやるとなると
本当にハードだからです。

 

もちろん好きならいくらでもできますが
とはいえ、かなりな重労働。

 

いいエクササイズにはなりますが
やっぱりオススメはしませんww

 

安く済ませようとすると意外と高くつくことに??

 

DIYでリノベするキッカケはきっとTV番組だったりしますよね。
安くあげるには自分でやるのが一番です。

しかし、、、これが本当にシンドイ。

腰を痛めてしまったり
大怪我をしてしまったり、
余計なところまで知らずに壊してしまったり
水道パイプや壁の中の電線を切ってしまって大ごとになってしまったり。

 

結局、専門家に修理を依頼する羽目になることも
少なくありません。

 

終わりの見えない作業に心が折れる方が続出します。

やり始めは楽しいのですが
なかなか終わらないのでだんだん
嫌気がさしてくるのも珍しくありません。

 

リノベーションを行うシムコノイエでも
家主さんのDIY的な仕上げは応援します。

でも、あくまでも仕上げの一部とか
下塗りの一部にとどめておいた方が無難です。

 

体を壊してしまうと元も子もありません。

餅は餅屋で専門家に任せる方が
柔軟に対応してもらえますし結局は思い通りになります。
楽しい想い出にして長崎での暮らしを謳歌しましょう!


せっかく塗ったのに素人同然の仕上がり、、、ではダメです。

塗装なんてただ塗ってしまえばいい。

 

とお考えの方も確かにいらっしゃいますが
実際に塗装すると思わぬ難しさを感じることも。

 

素人でよくあるのが、床や地面に何も敷かずにするために
塗料をこぼして後で取れなくなるパターン。

そんなことってありますよね。

 

もちろん細かな見た目は気にしない方もいらっしゃるでしょうが
やっぱり汚したりしているとなんだかちょっと、、、ですね。

 

せっかく我が家を綺麗にメンテするなら
綺麗に美しくしたいもの。

 

長崎特有の雨漏りや長年の汚れでくたびれた外装を
リフレッシュして綺麗に。

 

 

写真は、実際に工事で塗装をしているところ。

ローラーも転がすだけなので素人でも確かに簡単にできてしまいますが
塗料をつけすぎると壁につけた時に垂れてきますし
綺麗にローラーが回ってくれなかったり。

 

そうするとムラになって
仕上がりが雑な印象を与えてしまいます。

 

外装は、我が家の顔です

 

せっかく塗ったのに汚い仕上がりだったり
はみ出てしまっていたら残念ですよね。

 

我が家の顔ともなる外装を綺麗にしていたのに
結果として色ムラがあったら素人がしたのかと思われかねませんww

 

あんしん塗装部では床もビニルで養生します

 

床や地面を汚さないように、床も綺麗に養生しながら
仕上がりも綺麗になるように丁寧に仕上げていきます。

 

あなたの家が美しく生まれ変わりますように。

【島原の現場より】荒壁の仕上げにクリア塗料にしようか思案中

こんにちはあんしん塗装部です。

しあわせリフォーム部が行っているリノベーション工事でお世話になっているお家。

昭和チックなプリント化粧ベニヤ板を外してみたら
なんと土壁が!

 

 

長崎県島原半島の一部の地域特有の赤土でできた壁がでてきました。

 

今時もうこのような手の込んだことはできません。

当時はこれが一番手っ取り早いというか
家を作る時の定番だったのでしょうけどね。

 

今となっては高価な作り方です。

 

そこで悩んでいます。

壁を隠してしまうのは簡単。

でも、この土地特有の味のあるこの壁、
この家の時間の流れを感じさせてくれるこの壁を一部でも残せないかなぁと。

 

そのままではちょっとボロボロと土が落ちてきてしまうので
表面を保護してあげるか、、、
珪藻土か何かを塗ってしまうか。

 

でも塗ってしまうともうこの表情は隠れてしまいますしね。

 

なんとも贅沢な悩みですが
美しいものは後世に伝え残していきたいものです。

 

このような素敵な家に出会えたことに感謝いたしております。

ありがとうございます!

 

 

【長崎の現場より】洗面所の壁のカビはボードから交換すべし!

こんにちは。

長崎の夏は本当に嫌になるくらい湿度が高いですよね。
そんな長崎では、洗面所などの水まわりでよくカビが生えますよね。

 

特に洗濯機の裏とか、整理ダンスの裏とか、
あまり目立たないところではあるんですが
空気が淀んでしまうのでカビも生えやすくなります。

 

 

写真は洗面所の壁です。
よく壁紙が黒くカビで汚れることってありますよね?

 

そんなカビですが、壁紙交換では収まらないこともあります。
なぜなら写真のように壁紙を剥いでも黒いシミがあることも。

 

表面だけでなく、壁の中まで真っ黒く変色しているのです。

 

 

黒い壁は一度壁を剥ぐことをオススメ

 

なぜなら壁の中ではもっとヒドイことになっているかもしれないからです。

壁を剥がしてみれば、どれくらい劣化しているのかもよくわかります。
もちろん下地が傷んでいたら変えなければなりません。

 

それ以上に、湿気の原因を排除する必要もあるでしょう。

 

換気はしっかりすることが鉄則!

 

洗面所に換気扇が付いていないところがあります。
そんな洗面所はどうしても湿気がこもりやすく
結果的にカビやすくなります。

 

もしも洗面所に換気扇がない場合は
新しくつけることもお勧めします。

ジメジメしてカビくさくて不健康な部屋を使うよりも
カラッとスッキリして汚れにくい洗面所や水まわりを使いましょう。

 

特に湿度の高い長崎県では必須です!

 

 

エッ!長崎なら補助金で耐震化できるってホント?

日本中どこにいても
もう地震はありそうな気配ですよね。

 

長崎は耐震の意識が低かったためか
10年くらい前まで大した耐震のことは新築でもやっていません。

 

基本的に2013年の東日本大震災以前の長崎の建物は
一度確認したほうがいいでしょう。

 

まぁ2000年代の建物ならまだしっかりしているかもしれませんが
木造住宅ではそこまでの意識がなかったはずなので
あまり期待はできないです。

 

耐震化は確かに費用がかかります。

 

もともと頑丈であれば30万円程度でおわるかもしれませんが
シロアリにやられていたり雨漏りしている建物では
大々的に解体して耐震補強をすることもあります。

そうすると100万円以上はどうしてもかかってくるでしょう。

 

いつ来るかわからない地震ですが
怖いのは今回の北海道のように夜寝ているときに起きること。

 

寝ていて一階部分が潰されて圧迫死。

なんてことも起きてしまいます。

 

昭和56年以降の建物なら国の補助金がオススメ

 

もしもあなたが長崎市や諫早市県央地区にお住まいで
この際耐震も考えたいとお考えなら補助金を使ってください。

 

たとえば長期優良化住宅リフォーム工事の補助金を使うことで
耐震改修にかかる費用も含めて補助金の対象になります。

 

耐震化はお金がかかりますが
見た目だけリフォームしても構造がボロボロなら
悲しいことになりかねません。

返却不要の補助金があるので有効に使ってください!

 

【長崎の現場より】実は外以上に暑い室内水廻り工事中です。

そういえば逆走台風は長崎近辺を何事もなく通り過ぎましたね。

おかげでしばらく風がよく吹きましたがそれでもやっぱり暑いですね!

 

 

そんな暑い中、しあわせリフォーム部は内部の水廻りの工事をしています。

 

写真はマンション内のユニットバス組み立て風景です。

 

室内とはいえ暑いです。

熱中症にならないように気をつけて
休憩をとりつつ進めています。

 

この暑い中にお風呂の工事ですから当然
家主さんはお風呂に入れません!

 

大変申し訳ないのですが、お風呂が出来上がるまで
しばらく銭湯通いになってしまいます。

 

「まぁたまには銭湯もいいもんだね!」

と非常にポジティブに物事を捉えてくださる素敵な方々!

 

素敵な方々と素敵な巡り合わせができることが何よりも嬉しい。

 

ご近所さんも素敵な方ばかりで、挨拶に行ったら

「お互い様だから」と逆にこちらのことを気にしてくださったり!

 

 

長崎とはいえ、まだまだ人情味があって
いいなぁと思うこともたくさん!

 

ポジティブな家族大歓迎!

 

このブログをよく見てくださるあなたもきっと
長崎在住のポジティブな方では?

 

もしも物事をポジティブに捉えていらっしゃるなら
私たちはあなたのお手伝いをする用意があります。

 

どうぞメールでも、資料請求でも
私たちに連絡してください。

 

素敵なあなたの暮らしのお手伝いができますように。

 

木部の塗装も入念に3回塗り

あんしん塗装部がある(有)嶋崎工務店は
住宅工事でも内部の塗装を行っています。

 

写真は現在自社でリノベーションを手がけているマンションのドア枠

 

微妙な色味もあんしん塗装部はサンプルを作って
検証しながら決めていきます。

 

しかも3回から4回は塗り重ねて作っていきます。

だから色あせや汚れにも強いです。

 

でもただ塗ればいいのではありません。

 

木部の質感は木の温かみを感じられる方がいい。

 

ペンキで潰してしまうと木の温かみもへったくれもありません。

 

せっかくきれいな木を使って大工さんが
特別に加工して作っていくんです。

 

木の温かみ、温もりを感じられる
肌触りのいいものを使いましょう。

 

精神的ストレスの原因は素材!

 

最近みんなプラスチックやビニール製品になってしまって
そんな感覚に乏しい人が増えています。

 

結局いろんな精神的ストレスも
プラスチックやビニール製品など
温かみのない素材に囲まれた生活を送っているのが原因ではないでしょうか?

 

あんしん塗装部はただ塗ることを仕事としていません。

 

長崎に温かみのある暮らし
幸せな暮らしを送る人をもっと増やすために
今日も仕事に励んでいます。

長崎の屋根の工事も耐震もキッチン水回りも?

こんにちは。長崎は天気のいい日が続いていますね。

おかげで桜ももう満開!

橘湾沿いの早いところは葉桜になり始めています。

 

 

先日からお世話になっていた屋根補修工事が無事に終わりました。

 

 

棟瓦の不具合などがあったので
瓦と下地の土も撤去してしまって
南蛮漆喰を入れて、新しくのし瓦を二段にした形で
綺麗に仕上げました。

 

 

このサイトはほとんどあんしん塗装部の仕事を中心に載せていますが
本来は工務店ですので建築物全般を扱います。

 

特に雨漏りの処理のノウハウをたくさん持っているので
このブログを中心に外装周りを出しています。

 

実際は同時並行で耐震リノベーションや
マンションの改修、キッチンやお風呂などの
水回り関係の仕事もやっています。

 

でも、どんな仕事でも思いますが
依頼してくださる家主さんご家族の幸せを願って仕事をさせていただいています。

 

特に雨漏りや屋根などは素人では手が出せない世界。

雨の多い長崎は、屋根や外装の不具合一つで
雨漏りへとつながります。

 

そうなると不安や心配でおちおち生活できませんよね。

 

なんのストレスもない暮らし。

いつも笑顔で幸せのおすそ分けが進む暮らし。

そんな長崎の人たちがどんどん増えていきますように。

 

素敵な家主さんたちと出会えることに感謝の毎日です。

ありがとうございます。

 

【長崎より】天気のいい日に瓦屋根改修工事をやってます

天気も大分良くなって気温も高いですね。

おかげで長崎の桜も大分満開に近い状態!

 

そんな中、今週初めは雨に降られて始められなかった

屋根の棟瓦部分の補強工事を行っております。

 

キッカケは、近所の屋根修理に来た業者さんが
屋根瓦がズレているというから見積もってもらったら
なんだか信用ができなかったからとのこと。

 

そんなこんなで私たち嶋崎工務店に話がきました。

 

 

実際のところはあまり危険な箇所はなく
棟の部分が少しまぁ心配かなぁ、、、といったところでした。

 

 

工事としては瓦を外して、泥をとり
南蛮漆喰という材料でガッチリ固めていきます。

 

当然瓦を外すため雨の日とか
天気が怪しいときには出来ない作業。

 

建築の外壁や屋根の工事は塗装もそうですが
お天気とのにらめっこになります。

 

 

ありがたいことに長崎に住む人の日頃の行いが良いおかげか
しばらくいい天気が続きそうですね。

 

 

長崎の家を元気に、そして住まう人が
もっとしあわせを感じられる暮らしが送られますように。