リフォーム

長崎の雨漏りを減らすには防水シール工事が不可欠な理由とは?

世の中コロナ騒ぎが止まりませんね。
ここ長崎でも日に日に少しずつですが増えてきている模様。

 

防水シールと一緒にコロナもシャットアウトしたいところですが、、、

見えない敵との戦いがまだまだ続きそうですね。

 

さて、防水シールですが、
長崎の家にとってはとても重要なものです。

 

長崎の雨漏りは窓周りが多い

 

窓周りは特に雨漏りが多いところ。
ここ長崎県は雨が多いためか、窓周りからの雨漏りがダントツで多いです。

 

あんしん塗装部やしあわせリフォーム部では
窓周りからの雨水の侵入を防ぐために
入念に防水シール処理を行います。

 

 

写真は、防水シールを綺麗に仕上げているところ。

 

表には出てきませんが、
防水シールを使う前に、プライマーという材料を
シールを入れる溝に塗って行きます。

 

このプライマーをしていない家は
後々に、防水シールだけがパラパラとひも状に取れることも。

 

安い工事だと防水シールが省かれていることも、、、

 

防水シールは、雨から守るための一番外側の砦とも言えます。

だから、この処理をおろそかにしてはいけません。

安い工事になると、
必然的にこの手間のかかる防水シールを
省いていることもよくあります。

 

結局、雨が入り込むことになり
壁の中からカビさせたり腐らせてしまうことにつながっています。

 

どうか、外部のメンテナンスは安いからという理由で
選ばないようにしてください。

 

すぐにはわかりませんが、後々雨漏りの影響となって
必要以上の費用がかかる原因になりますので。

 

メンテナンスを確実にしていくには
オリガミプロジェクト はオススメです。

↓↓↓↓

 

外装だけでなく、耐震や断熱、水廻りの改装などにも
使っていただける長崎独自の返さなくて良い
補助金ですのでどんどん活用してください。

長崎の雨漏りの修繕にもオリガミプロジェクト

こんにちはシムコノイエしあわせリフォーム部です。

彼岸に入りかなり暖かくなりましたね。

今年は雪もほとんど降らず、コロナ騒ぎ以外は
かなり穏やかな雰囲気。

 

もう日見の桜並木も桜がチラホラしていました。

世の中はコロナ騒ぎで未曾有の世界的危機になっていますが、
時期が来ると桜は咲き、新芽も出て来るんですね。

 

雨漏りに憂鬱な梅雨も普通に来ます

 

同じように、もう少しすると梅雨がやって来ます。

そして雨漏りの家では、今年も憂鬱な季節となることも。

 

写真は、屋根近くの外壁の水分量を測っているところ。

雨水が浸入しているため、壁の水分量がかなり多い状態。

梅雨前に工事が終わるので一安心です。

 

雨漏り工事は全面やりかえが吉

しかし同じような雨漏りに悩む家庭が多いのも事実です。

そして、雨漏りを安く済まそうとしても、
全くうまくいきません。

 

やるならば、壁を撤去して、
雨漏りの原因からやり直さなければ
何度でも起きてしまいます。

部分的に残して補修することは絶対やめて下さい。

 

改修工事は安くはすみませんが、
幸い長崎独自の補助金が今はあります。

 

雨漏り改修にも使えるオリガミプロジェクト 

 

CMでも流れていますオリガミプロジェクト 

↓↓↓↓


外部の改修工事にも使うことができます。

 

補助金は無くなり次第終了しますので
お急ぎください。

 

年度末は気にせず、そのまま受付が可能のようです。

 

長崎県から一件でも多くの家が救われ
そして笑顔と想い出いっぱいの暮らしが
できますように。

 

 

 

内装やりかえも外装メンテも長崎オリガミプロジェクト

こんにちは。
CMでもオリガミプロジェクト がながれていますね。

 

ホント、家は手に入れてから
メンテナンスを怠ると大変なことになってしまいがち。

 

もちろん、建てた当初はそんなことも分かるはずはありません。

そして、仕事に子育てにと毎日追われますから
家のメンテナンスなんて二の次になるのも
仕方ありません。

 

それでも10年も経つと結構外装も色あせや
傷みが目立ってきたりするもの。

 

内装の壁紙15年もしてくると大分傷んでいますし、
水廻りも省エネ節水タイプではないため、水道代もバカにならなかったり。

 

長崎の家のメンテナンスを考えるとオリガミプロジェクト 

 

省エネで水廻りを交換するのはもちろん、
断熱窓や、床暖房だって補助金対象になります。

 

それから、汚れたり劣化した壁や床も認められますし
外装の塗装や雨漏り修繕もオリガミプロジェクト が使えます。

 

 

 

築30年近い建物でも、このように内装を変えるだけで
スッキリモダンで素敵な部屋に変わるのも魅力。

 

メンテナンスをすることで家の価値も蘇ります。

壊してしまうよりも、価値ある家を長崎に。

 

詳しくはオリガミプロジェクト まで。

 

 

長崎の家をメンテするならオリガミプロジェクト

 

こんにちは。

長崎独自の補助金がもらえるプロジェクト
オリガミプロジェクト がはじまっております。

 

国の補助金と比べて格段に使い勝手がいい内容になっています。

 

CMなどでもお伝えしているように
メンテを怠ると家の価値は目減りしていく一方です。

 

特に雨が多い長崎は、雨漏りによる劣化も多く
放っておくと修繕も大掛かりに外壁をはいでやり直さなければなりません。

 

 

写真は、外壁まではいで、下地を作り直している長崎市内の現場より。

 

もちろんこのような大掛かりなものでも
補助対象としてみとめられます。

 

詳しくはオリガミプロジェクトまで。

 

 

オリガミプロジェクトが長崎新聞に掲載されました!

 

先日長崎新聞にオリガミプロジェクトの記事が掲載されました。

 

 

いろいろな家を診る中で、雨が多いからか雨漏りが多いのが長崎。

体の病気と同じように早期発見して対処すれば
おおごとになりません。

 

でも、部分的な補修で済ませていることも多くて
対処療法にしかなりません。

 

本来傷んだ箇所は全て取り替えることが必須。

 

そんな工事にも使えるようにいろいろと検討を数年がかりで進めてきました。

 

国土交通省からの補助を活用して
長崎独自の補助金制度を「オリガミプロジェクト」として始めることになりました。

 

もちろんあなたの家が長く住めるようにするのですが
その先には長崎という歴史を育む一人として、
あなたの暮らしが続いていくことを願って。

 

人が作る温かみのある家。

価値が目減りしていかないようにメンテナンスを行いながら
100年以上保たせていくことも可能になるでしょう。

 

そんな建築文化が日本に根付いていきますように。

長崎が全国に先駆けて初の試みとなります。

↓↓↓↓

オリガミプロジェクトまで

 

長崎の雨漏りの典型パターン木部が濡れ続けるとこうなる!

こんにちはあんしん塗装部です。

梅雨らしい天気といえば聞こえはいいとしても
この諫早も結構ジメジメしております。

何でもかんでもカビそうですね。

 

ちなみに木材もこの時期は非常に傷みやすいものです。

特にご自宅で外部に面しているところや
雨漏りしているところはふやけてボロボロに。

 

外部の壁や屋根周り、窓周りに木が使われていたら
ペンキで塗られているのが普通です。

でも、劣化してペンキが剥げてくると
写真のように木部がブヨブヨになってくることも。

 

写真ではわかりづらいですが
下地の木の部分が濡れてブヨブヨしています。

 

雨漏りが続くとブヨブヨに

 

水分を含んだ上にこの湿気と温度で
「木材腐朽菌」が活発に動きます。

そうなると木材をブヨブヨに弱らせてしまいます。

もうブヨブヨになってしまったら木材として役に立ちません。

 

こうやって壁や屋根からの雨漏りが
壁の中に入り、高温多湿なこの時期にブヨブヨにしていきます。

 

長崎でよくある典型的な雨漏りの状態なんですが、、、

 

ここまでくるともう取り替えになります。

壁の場合はその壁面は念のため全部剥いでから
やり直しです。

部分的な補修ではまた同じことがおきますので
オススメしません。

 

これ以上我が家が痛んで使い物にならなくなる前に
早期発見早期治療をしてください。

人間の病気と一緒ですね!

 

 

DIYリノベは実はシンドイ?

先日連休中に知り合いがDIYでリノベーションしている
お宅を訪問しました。

一人でちょこちょこと手を入れられていて
難しい専門的な電気や水道工事、大工工事だけは
依頼しているようでした。

 

それにしても、、、すごい、、、感心いたします。

 

というのも、リノベーションを自分でやるとなると
本当にハードだからです。

 

もちろん好きならいくらでもできますが
とはいえ、かなりな重労働。

 

いいエクササイズにはなりますが
やっぱりオススメはしませんww

 

安く済ませようとすると意外と高くつくことに??

 

DIYでリノベするキッカケはきっとTV番組だったりしますよね。
安くあげるには自分でやるのが一番です。

しかし、、、これが本当にシンドイ。

腰を痛めてしまったり
大怪我をしてしまったり、
余計なところまで知らずに壊してしまったり
水道パイプや壁の中の電線を切ってしまって大ごとになってしまったり。

 

結局、専門家に修理を依頼する羽目になることも
少なくありません。

 

終わりの見えない作業に心が折れる方が続出します。

やり始めは楽しいのですが
なかなか終わらないのでだんだん
嫌気がさしてくるのも珍しくありません。

 

リノベーションを行うシムコノイエでも
家主さんのDIY的な仕上げは応援します。

でも、あくまでも仕上げの一部とか
下塗りの一部にとどめておいた方が無難です。

 

体を壊してしまうと元も子もありません。

餅は餅屋で専門家に任せる方が
柔軟に対応してもらえますし結局は思い通りになります。
楽しい想い出にして長崎での暮らしを謳歌しましょう!


せっかく塗ったのに素人同然の仕上がり、、、ではダメです。

塗装なんてただ塗ってしまえばいい。

 

とお考えの方も確かにいらっしゃいますが
実際に塗装すると思わぬ難しさを感じることも。

 

素人でよくあるのが、床や地面に何も敷かずにするために
塗料をこぼして後で取れなくなるパターン。

そんなことってありますよね。

 

もちろん細かな見た目は気にしない方もいらっしゃるでしょうが
やっぱり汚したりしているとなんだかちょっと、、、ですね。

 

せっかく我が家を綺麗にメンテするなら
綺麗に美しくしたいもの。

 

長崎特有の雨漏りや長年の汚れでくたびれた外装を
リフレッシュして綺麗に。

 

 

写真は、実際に工事で塗装をしているところ。

ローラーも転がすだけなので素人でも確かに簡単にできてしまいますが
塗料をつけすぎると壁につけた時に垂れてきますし
綺麗にローラーが回ってくれなかったり。

 

そうするとムラになって
仕上がりが雑な印象を与えてしまいます。

 

外装は、我が家の顔です

 

せっかく塗ったのに汚い仕上がりだったり
はみ出てしまっていたら残念ですよね。

 

我が家の顔ともなる外装を綺麗にしていたのに
結果として色ムラがあったら素人がしたのかと思われかねませんww

 

あんしん塗装部では床もビニルで養生します

 

床や地面を汚さないように、床も綺麗に養生しながら
仕上がりも綺麗になるように丁寧に仕上げていきます。

 

あなたの家が美しく生まれ変わりますように。

【島原の現場より】荒壁の仕上げにクリア塗料にしようか思案中

こんにちはあんしん塗装部です。

しあわせリフォーム部が行っているリノベーション工事でお世話になっているお家。

昭和チックなプリント化粧ベニヤ板を外してみたら
なんと土壁が!

 

 

長崎県島原半島の一部の地域特有の赤土でできた壁がでてきました。

 

今時もうこのような手の込んだことはできません。

当時はこれが一番手っ取り早いというか
家を作る時の定番だったのでしょうけどね。

 

今となっては高価な作り方です。

 

そこで悩んでいます。

壁を隠してしまうのは簡単。

でも、この土地特有の味のあるこの壁、
この家の時間の流れを感じさせてくれるこの壁を一部でも残せないかなぁと。

 

そのままではちょっとボロボロと土が落ちてきてしまうので
表面を保護してあげるか、、、
珪藻土か何かを塗ってしまうか。

 

でも塗ってしまうともうこの表情は隠れてしまいますしね。

 

なんとも贅沢な悩みですが
美しいものは後世に伝え残していきたいものです。

 

このような素敵な家に出会えたことに感謝いたしております。

ありがとうございます!

 

 

【長崎の現場より】洗面所の壁のカビはボードから交換すべし!

こんにちは。

長崎の夏は本当に嫌になるくらい湿度が高いですよね。
そんな長崎では、洗面所などの水まわりでよくカビが生えますよね。

 

特に洗濯機の裏とか、整理ダンスの裏とか、
あまり目立たないところではあるんですが
空気が淀んでしまうのでカビも生えやすくなります。

 

 

写真は洗面所の壁です。
よく壁紙が黒くカビで汚れることってありますよね?

 

そんなカビですが、壁紙交換では収まらないこともあります。
なぜなら写真のように壁紙を剥いでも黒いシミがあることも。

 

表面だけでなく、壁の中まで真っ黒く変色しているのです。

 

 

黒い壁は一度壁を剥ぐことをオススメ

 

なぜなら壁の中ではもっとヒドイことになっているかもしれないからです。

壁を剥がしてみれば、どれくらい劣化しているのかもよくわかります。
もちろん下地が傷んでいたら変えなければなりません。

 

それ以上に、湿気の原因を排除する必要もあるでしょう。

 

換気はしっかりすることが鉄則!

 

洗面所に換気扇が付いていないところがあります。
そんな洗面所はどうしても湿気がこもりやすく
結果的にカビやすくなります。

 

もしも洗面所に換気扇がない場合は
新しくつけることもお勧めします。

ジメジメしてカビくさくて不健康な部屋を使うよりも
カラッとスッキリして汚れにくい洗面所や水まわりを使いましょう。

 

特に湿度の高い長崎県では必須です!