動画

【動画公開】長崎であんしん塗装部が手を抜かない理由

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

狭いから塗りませんでした、、、

というのは簡単ですが、

塗ってないところがあればなんだか残念な気持ちになりませんか?

 

手が入る限界はありますが、
可能な限り最善を尽くさなければ
プロフェッショナルではありません。

 

 

そんな隙間の作業。

細かいところですが、塗装する側が手を抜いた仕事をしていると
やっぱり建物は長持ちしません。

 

気持ちの問題といえばそうですが
プロとしてのプライドをもって仕事に臨んでいます。

 

 

 

手間のかかることを嫌えば長持ちしません。

 

塗装でトラブルになるのは、止水処理をちゃんとやっていない場合や
急いで仕上げるために、濡れていても塗ってしまう場合などに
よくみられます。

 

安い業者だと手間をかけられないから
ある程度で「これくらいでよかろう」の仕事になるわけです。

 

ですが、「これくらいでよかろう」は
雨の多い長崎ではトラブルの元に。

 

雨を侮れば、手痛いしっぺ返しをくらいます。

 

安かろうよかろう、、、
で雨漏りのストレスに悩まされたくないなら
気をつけた方がよいでしょう。

 

 

 

【動画公開】塗装自体よりも仕上げを左右する作業公開

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 

今日は現場養生の風景を動画公開しましたのでお送りします。

 

 

 

 

 

塗装は塗ればいいと思われがちですが、
ただ塗ったくるだけならたしかに素人でもできます。

 

でも、外壁塗装された家をよく見ているのは、
実際はそこに住むあなたではありません。

 

見ているのはお隣さんや、散歩しているご近所の方々ですよね。

 

きっとあなたも近所を散歩して、工事の足場がかかっていたら
どんな工事をしているか気になりますよね。

 

足場が取れてみたら、あちこちはみ出しているのが丸見えで
なんだか素人っぽくて、外壁塗装をしたのに
逆に見栄えが悪くて恥ずかしい、、、

 

 

なんて嫌ですよね。

 

 

せっかくお金をかけて外壁塗装をするのだから
塗ったくってはみ出してでもとにかく安く、、
という人はさすがにいないと思いますが
安いには安いなりの理由があります。


この養生にかかる時間だけでもバカになりませんので
やすくするために省いて、はみ出しても安いから仕方がない。

膨れとか剥がれが起きても仕方がない、、、

 

なんてことになったら何のために塗ったのかわかりません。

 

結果としてご近所さんからも笑い者になってしまうなんて
悲しすぎます。

 

あんしん塗装部は、そこに住む方が気持ち良く過ごせるように
住まいの環境を綺麗に整えています。

それが家族の幸せにもつながることをいつも感じて仕事に励んでいます。

 

 

 

 

 

【動画公開】雨の多い長崎の雨漏りもサーモ写真があれば大丈夫!

パッと見で傷んでいるな、、、
ということが分かったとしても
どこがどのように傷んでいるのかを
判断するのは勘に頼るしかないのでしょうか?

 

長年のプロの勘は確かに重要ですが、素人にはわかりにくいものです。

 

ですが見方を変えると素人でもわかりやすくなります。

 

サーモ写真を見れば小学生だって理解できます。

 

雨漏り部分がどこかを突き止めるのも
サーモグラフの赤外線解析を使えばよくわかります。

 

水分を含むと、周囲の温度より必ず温度が下がります。

その部分だけ濃い青になるので一目瞭然です。

 

 

 

スポット的に温度が低い箇所が雨漏りです。

 

周囲の温度の色と比べて、一部分だけスポットのように低い箇所が
雨漏り箇所になります。

 

 

 

素材の温度変化は素材から素材へと
ゆっくり熱移動しますので

ゆっくりじんわりと温度変化があるなら
それは雨漏りではありません。

 

 

あくまでも急激に一部分だけ温度が低い場所が
雨漏り箇所や水分を含んでいる箇所になります。

 

サーモ写真を見れば漏水の水の流れも
わかりやすくなりますので
素人でも理解しやすくなります。

 

 

【動画】長崎の和風住宅のキシラ仕上げのポイント

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

木部を化粧仕上げでつくるのは美しいもの。
少し時間が経って年季が入ってくると美しくなります。

 

それはイギリス製品と同じく
時間が経てば味がでて良くなっていきます。

 

ただし、日本の難しさは温暖湿潤気候なため、
暖かくて雨も多く、木材腐朽菌が繁殖しやすいのです。

 

 

雨がかからない箇所なら傷みも少ないですが
軒裏などは、風に吹かれて濡れることもあるし、
日当たりの加減では多少影響も受けてしまいます。

 

まぁ、その話はまたこんどやりますね。

 

今日は動画で実際の作業を公開します。

 

凸凹しているためローラーで仕上げることもできません。

そうなるとハケ塗りで仕上げるしかなく、
手間はかかります。

 

しかも、瓦があったり垂木の化粧が施されていると
そこに触らないように気をつけて塗らなければなりませんので
施工スピードは落ちてしまいます。

 

 

 

これが、テキトーな職人になると
はみ出しても気にせず、ついてしまうと取ることもできないので
みっともない仕上げになってせっかく塗ったのに残念な状態になります。

 

もちろん手間がかかるのに安く仕上げるということも不可能になる箇所です。

実はココ、安く仕上げようとすると大ヤケドするポイント。
気をつけなければ塗装したのに汚くなった、、、となる勘所です。

 

 

長崎の高台の家が雨漏りしやすい理由とは?

 

またまた長崎にも台風が近づいています。
最近は台風もそよ風のようなものしか長崎に来ていませんが
そうはいっても油断はできませんよね。

台風時はいろんな箇所で雨漏りしやすくなります。

せっかくなので雨漏りしやすい理由を説明しています。

↓↓↓↓

 

長崎の場合、特に長崎市は高台に家が立ち並んでいます。

 

高台の家は平地の電車通りの場所と比べると風速もかなり上がります。

下から吹き上げられる風で軒先の瓦が飛んだり、

風圧で、普段は雨が漏らないところからも一時的に雨漏りもするでしょう。

 

 

何はともあれ、台風対策はやっておいて損はありません。

 

無事に台風が抜けていってくれることを願っています。

 

 

【動画】長崎ではじめて塗装リフォームをする時に気をつけるポイントとは?

こんにちは、長崎のあんしん塗装部です。

 

今回は初めて塗装をする人にとって
絶対に押さえておいて欲しいポイントを動画でお伝えします。

 

建てるときはメンテナンスをどうしたらいいかなんて考えないのが当たり前です。

 

きっと建てたところが面倒見てくれるから大丈夫

とおもっていたらいろんなトラブルが起きてきます。

 

長崎でよくあるパターンが、、、

 

建ててもらったところが倒産してもう無くなってしまった orz

建てるときにトラブルになって頼みたくない、、、

 

 

なんてことに悩んでいる人はあなただけではありません。

長崎でもそのような悩みであんしん塗装部に
連絡してくださる方が結構いらっしゃいます。

 

気をつけてもらいたいのはあなたが素人だからと
専門用語を使いまくる相手の難しい言葉や
それっぽい説明を簡単に鵜呑みにしないことです。

 

一度塗装リフォームをしたことがある人なら
自分の家のだいたいの相場などわかりますが
初めてでは分かりづらいですよね。

 

なるべくならトラブルフリーで気持ち良くやりたいもの。

長崎でも多いトラブルのポイントをまとめました。

見積もり時に特に気をつけて下さい。