外壁

長崎の雨漏りの典型パターン木部が濡れ続けるとこうなる!

こんにちはあんしん塗装部です。

梅雨らしい天気といえば聞こえはいいとしても
この諫早も結構ジメジメしております。

何でもかんでもカビそうですね。

 

ちなみに木材もこの時期は非常に傷みやすいものです。

特にご自宅で外部に面しているところや
雨漏りしているところはふやけてボロボロに。

 

外部の壁や屋根周り、窓周りに木が使われていたら
ペンキで塗られているのが普通です。

でも、劣化してペンキが剥げてくると
写真のように木部がブヨブヨになってくることも。

 

写真ではわかりづらいですが
下地の木の部分が濡れてブヨブヨしています。

 

雨漏りが続くとブヨブヨに

 

水分を含んだ上にこの湿気と温度で
「木材腐朽菌」が活発に動きます。

そうなると木材をブヨブヨに弱らせてしまいます。

もうブヨブヨになってしまったら木材として役に立ちません。

 

こうやって壁や屋根からの雨漏りが
壁の中に入り、高温多湿なこの時期にブヨブヨにしていきます。

 

長崎でよくある典型的な雨漏りの状態なんですが、、、

 

ここまでくるともう取り替えになります。

壁の場合はその壁面は念のため全部剥いでから
やり直しです。

部分的な補修ではまた同じことがおきますので
オススメしません。

 

これ以上我が家が痛んで使い物にならなくなる前に
早期発見早期治療をしてください。

人間の病気と一緒ですね!

 

 

諫早で心地よい環境で暮らすこと

雨がよく降りましたが大丈夫だったでしょうか?

それにしてもまだ梅雨も来ていないのに
日本中で大雨が被害をもたらしていますね。

 

今年の梅雨はいったいどうなるのやら。。。

 

まぁ梅雨を忌み嫌うわけにはいきません。
梅雨がなければお百姓さんたちは困りますし
いろんな生き物も生きられません。

 

結局は私たちの生活を潤してくれませんので
しわ寄せが来てしまいますしね。

 

 

 

 

網戸も開けてダイレクトに!

そんな五月の初夏の季節
せっかくなら網戸も開けて外の空気を入れましょう。

網戸って、虫が入らないようにありますが
蚊は早朝か夕方しか活発ではありません。

 

昼間の暑い時期は潜んでいるんですよね。

 

ですから事務所では網戸も開けっ放しにして
外の気持ちいい風を入れております。

 

たまに雀やツバメたちも
間違っていらっしゃいしますがw

 

茂ってくれているおかげで涼しい風が通ってくれます。

 

 

外壁に当たると壁を劣化させる原因にもなりますが
そうならない範囲で剪定しながら
夏は涼しく、見た目も気持ちよく。

 

諫早で気持ちよく暮らすということを
30年近く実践しています。

 

晴れた日にはあなたも外の風を感じましょう。

雨が多い長崎なのにのに雨漏りに気付きにくい理由とは?

こんにちはあんしん塗装部です。

 

この画像なんだかわかります?

 

実はこれ外壁のつなぎ目、ジョイントの部分です。

普通はここには、シーリング(コーキング)というゴムっぽい

ブニョっとしたものがこの隙間を覆っています。

 

なぜなら、外壁に隙間があれば雨漏りにつながるからです。

そのシーリングがない!

 

もう劣化してしまってどこかに行ってしまっていますww

 

だから外壁の板も外れかけてガバガバしています。

外壁を留めている木が雨水で腐って
なくなってしまったのでした。

 

こうなるともう雨はジャンジャン入り込みます。

 

シーリングが切れていたら要注意!

 

日当たりがいい場所はシーリングの劣化も早いものです。

 

ですから、西日や南向きの壁面のシールが
割とボロボロになりやすいものです。

 

劣化が進むとシールが取れてしまったり
亀裂が入ってしまいます。

 

すぐに室内に影響があれば気づくのですが
長い年月をかけてじわじわと壁の中で柱などの
木材を腐らせていきます。

 

室内に影響が出た時には結構傷んでいることも
珍しくありません。

 

何かと雨の多い長崎。
桜の季節が終わったら梅雨はもうすぐです。

 

ご自分で我が家の点検をしてみるにはいい季節ですね!

【諫早より】外壁の下に隙間を作って大丈夫?

こんにちは。

今日も諫早の現場よりお送りいたします。

ちょうど外壁の取り付け作業中です。

 

 

昔はペタンと下にくっつけて壁を張っていたところもありましたが

雨の多い長崎では、万が一雨が入った時の逃げ道を作っておかなければ
室内に雨漏りとして雨水が入ってきます。

 

もちろん、この下には二重三重に雨漏りしにくい仕組みがあります。

瓦の下には捨て板金という雨切りがありますし、

写真にみ見えている平べったい板金(大工さんの左手の部分)も
壁の中に立ち上がっています。

そのため、外壁の下から吹き上げてきても簡単には
中には入れません。

 

しかも!

防水シートと両面防水テープで
シートの隙間を密封していますので
下からの入り込みは極力できないようにしています。

外装板の目地からたとえ入ったとしても
防水シートがあり、雨切りもありますので
入った水は下へ下へと流れていきます。

 

そして、下の方で外に出ていけるように
隙間を設けて排出するようにできています。

 

雨を完全に止めることは不可能です。

特に台風などの暴風雨では風圧で多少なりとも入り込みます。

それでも、入った水がちゃんと出ていけるように。

入った水が家の中の方に入らないように
二重三重に対策を施しています。

 

【諫早の現場より】雨漏りの一番の原因になる箇所とは?

こんにちは。あんしん塗装部です。

 

雨漏りの主な原因に挙げられるのが屋根や壁の劣化ですが、

実際に雨漏りを起こしやすいところはどこだと思いますか?

 

実は窓周りが雨漏りの原因だったりします。

 

屋根はしっかりしていても、窓周りが傷んでいると
そこから雨水が横雨で入り込んでくることが
雨の多い長崎では珍しくありません。

 

 

写真の作業は珍しい作業になりますが
外壁の下をシールで塞がれていたため切り開けて隙間を作っているところ。

 

 

普通この部分は入り込んだ雨水を排出できるように開けてあります。

ですが、雨漏りの応急処置の時に処置をされた方が
念のためこの部分も塞いでしまったのでしょう。

 

結果として、、、窓周りから入り込んだ雨水の逃げ道がなくなってしまいました。

 

地道な作業ですが、建物が長持ちするように
閉じてしまった壁の下端を丁寧に開け直す作業をしています。

 

もちろん窓周りの防水をしっかりしていなければ雨漏りは治りません。

 

あんしん塗装部では、塗装前にしっかりと窓周りのシール処理など
雨対策をした上で塗装作業に入ります。

 

ただ塗るだけではさすがに雨水は防げませんので。

せっかく塗ったのに素人同然の仕上がり、、、ではダメです。

塗装なんてただ塗ってしまえばいい。

 

とお考えの方も確かにいらっしゃいますが
実際に塗装すると思わぬ難しさを感じることも。

 

素人でよくあるのが、床や地面に何も敷かずにするために
塗料をこぼして後で取れなくなるパターン。

そんなことってありますよね。

 

もちろん細かな見た目は気にしない方もいらっしゃるでしょうが
やっぱり汚したりしているとなんだかちょっと、、、ですね。

 

せっかく我が家を綺麗にメンテするなら
綺麗に美しくしたいもの。

 

長崎特有の雨漏りや長年の汚れでくたびれた外装を
リフレッシュして綺麗に。

 

 

写真は、実際に工事で塗装をしているところ。

ローラーも転がすだけなので素人でも確かに簡単にできてしまいますが
塗料をつけすぎると壁につけた時に垂れてきますし
綺麗にローラーが回ってくれなかったり。

 

そうするとムラになって
仕上がりが雑な印象を与えてしまいます。

 

外装は、我が家の顔です

 

せっかく塗ったのに汚い仕上がりだったり
はみ出てしまっていたら残念ですよね。

 

我が家の顔ともなる外装を綺麗にしていたのに
結果として色ムラがあったら素人がしたのかと思われかねませんww

 

あんしん塗装部では床もビニルで養生します

 

床や地面を汚さないように、床も綺麗に養生しながら
仕上がりも綺麗になるように丁寧に仕上げていきます。

 

あなたの家が美しく生まれ変わりますように。

【諫早の現場より】見えない下地処理に時間をかけるあんしん塗装部の秘密

こんにちはあんしん塗装部です。

長崎では毎年1月は雪で仕事ができないこともしばしばでしたが
今年は割とあたたかい日が続きますね。

 

と思っていたら土曜日から寒くなるとか。

長崎県内も山間部ではつもるのでしょうか?

 

さて今年も元気に仕事に励んでおります。

写真は塗装前の下準備の写真です。

 

写真のようにシーリングのひび割れが
ひどくない場合は、その上から被せて補修します。

もちろんひどすぎる場合は切り取って打ち替えがベストですね!

 

他にも外壁の亀裂なども合わせて補修していきます。

塗膜でわからなくなったとしても、亀裂があれば割れやすいものです。

 

お化粧でもそうですが、下地が大事です!

 

素肌のお手入れをちゃんと行うように建物も色を塗る前に
下地を綺麗に整えてあげたり、傷んだところは張り替えてあげます。

 

この手間をはぶいていると、
せっかくいい塗料を使ってもすぐに剥がれてしまったり
長持ちしないのです。

 

見えないところですから、
ひどいところではこの手間を省いてしまうところだってあります。

 

ですがわたしたちあんしん塗装部は
みえないところこそ大切だと考えています。

 

幸せな暮らしは幸せに長持ちする住まいがあってこそ

 

雨漏りせず、明るく美しい家になるように
今日も諫早県央地区を中心に長崎市内から島原市内まで
素敵な方々とめぐり合わせていただいています。

 

あなたからの連絡もお待ちしております。

 

 

【諫早より】塗装ついでに我が家の壁に落書きも良い想い出に

あんしん塗装部です。

先日地元諫早のちびっ子たちと壁に落書きをしました。

 

すっごく大胆に楽しくてやっていたみたいです。

 

最初はこわごわとちょっとずつ塗っていたんですが
最後は手のひらで大胆にバシャーっと。

もちろん汚れてもいい服を着ていただいて
あんしんの水性の塗料で。

 

中塗りなので上塗りで消えますが、、、

 

この状態で残したいくらい可愛い絵がたくさん生まれたのですが
さすがにそのままにもできませんので
写真に残してあとは消してしまいます。

 

消してしまうというよりも
上塗りで隠れてしまうんです。

 

ただ、塗料をつけすぎて玉になっている部分は残ってしまうかも、、、

ある意味この時の記念ともいえますね。

できるだけ綺麗に仕上げますが
家族みんなで楽しんだ想い出深い日になりましたね。

 

素敵なご家族との
出会いに感謝いたしております。

 

防水シールで特に気をつけるべき箇所とは?

こんにちは。あんしん塗装部です。
朝晩大分冷え込むようになりましたね。

 

昼間はまだ汗ばむような天気ですが、
長崎くんちがすぎるといつも長崎県は秋らしい天気になってきます。

 

あんしん塗装部はおかげさまで毎日しっかりと
一軒一軒丁寧にお仕事をさせていただいております。

 

秋の涼しい時期、湿度も低く雨も少ない時期にただいま諫早にて工事中です。

 

写真は、外壁の防水シールをやりかえたところです。

 

 

横一文字のシールは要注意

 

本来、あまり横一文字の防水シールはお勧めできません。

雨漏りの原因になりやすい部分として
やはりこの横一文字のシールが出てきます。

 

幸い、軒先に守られて大きな雨漏りもなく
築年数が20年以上経つ建物ですが綺麗な外壁をしています。

 

ですが、やはり目に見えない劣化は進んでいるようです。

 

ちゃんと防水シールを施して
外壁の吸い込みを防止するシーラーを塗布したあとに
しっかりと色を変えて仕上げていく予定です。

 

素敵なご家族の暮らしがもっと素敵になりますように。

 

あんしん塗装部は笑顔が素敵な
長崎のご家族の暮らしを応援しています!

 

 

【諫早の劣化事例】長崎は雨が多いのにバルコニーがヤバイ理由?

雨の多い長崎。

それなのに、なぜかバルコニーが屋根より飛び出てるとこってむちゃくちゃ多くないですか?

 

 

これが長年経つと何を意味するか知ってますか?

 

 

屋根がかかっていたら、勾配がついた屋根が
うまく雨水を流して樋が集めて水を流してくれます。

 

しかし、屋根より飛び出ているところって、

雨樋がまったく役にたちません笑

 

要するに、雨が降ればそのままその雨を受けるしかありません。

屋根がないバルコニーが危険なのは、バルコニーの劣化状態が
降った雨がダイレクトに影響を受けてしまうことです。

 

 

 

 

たとえばこの画像、諫早のあるお宅なのですが
バルコニーは思いっきり屋根より外に出ています。

 

ハッキリ言って長崎では珍しくありません。
そして雨漏りしたらしく外装板のつなぎ目を応急処置してあります。

 

でも、、、屋根がないと雨だけでなく、こんな写真の天気みたいに晴れていると
紫外線の影響をモロにうけてしまいます。

 

今年の長崎の夏はムチャクチャ暑かったですよね?

 

そんな長崎の夏の暑さにも、このようなバルコニーは
炎天下で耐え続けていました。

結果として、継ぎ目部分の応急処置防水シール部分も亀裂や剥がれが
起きまくっているのが現状です。

屋根がなければ亀裂からダダ漏れです

 

打ち付ける台風の雨には全くと言っていいほど
劣化した外部防水は役に立ちません汗。

 

結果としてそのような劣化防水が
長崎の雨漏りの原因でもあります。

 

ひいてはシロアリの蟻害にもつながりますので
気をつけてください。