外壁

湿気の多い長崎では外壁通気をしっかり改修すること

こんにちは。しあわせリフォーム部です。

平成の建物でも外壁の通気ができていないものが多く
長崎県でも多くの建物が劣化しています。

 

写真は、外壁を解体して、防水から作り直し
通気をしっかりとった建物。

 

 

元々軒ゼロ住宅で、斜線制限の関係から
今回も軒を出せず軒ゼロのままですが
換気ができるように作り替えました。

 

破風板の裏から壁面内の空気を抜くようにつくっています。

 

雨が多い長崎県では、雨漏りや湿気は大敵

もともと雨が多い長崎ですから
雨漏りは多いです。

 

それにどこの町でも海が近いため湿度も高めで
梅雨時や夏場のシットリした空気はカビの温床でもあります。

湿気を留めず吐き出す構造が大事

 

湿気はいろんな意味でよくありません。

 

カビっぽくて病気の原因にもなりますし
木材を腐らせたり
シロアリをよんだり。

 

コロナではありませんが目に見えない
いろんな要因とくっついてしまいます。

 

今は桜の季節。

でももう少しすると梅雨がきます。

早めに対策をしておくことをおススメします。

 

オリガミプロジェクト では外壁や屋根の劣化改修などにも
助成金がつきますので長崎にお住いの方にはおススメです。

↓↓↓↓

 

長崎の雨漏りの修繕にもオリガミプロジェクト

こんにちはシムコノイエしあわせリフォーム部です。

彼岸に入りかなり暖かくなりましたね。

今年は雪もほとんど降らず、コロナ騒ぎ以外は
かなり穏やかな雰囲気。

 

もう日見の桜並木も桜がチラホラしていました。

世の中はコロナ騒ぎで未曾有の世界的危機になっていますが、
時期が来ると桜は咲き、新芽も出て来るんですね。

 

雨漏りに憂鬱な梅雨も普通に来ます

 

同じように、もう少しすると梅雨がやって来ます。

そして雨漏りの家では、今年も憂鬱な季節となることも。

 

写真は、屋根近くの外壁の水分量を測っているところ。

雨水が浸入しているため、壁の水分量がかなり多い状態。

梅雨前に工事が終わるので一安心です。

 

雨漏り工事は全面やりかえが吉

しかし同じような雨漏りに悩む家庭が多いのも事実です。

そして、雨漏りを安く済まそうとしても、
全くうまくいきません。

 

やるならば、壁を撤去して、
雨漏りの原因からやり直さなければ
何度でも起きてしまいます。

部分的に残して補修することは絶対やめて下さい。

 

改修工事は安くはすみませんが、
幸い長崎独自の補助金が今はあります。

 

雨漏り改修にも使えるオリガミプロジェクト 

 

CMでも流れていますオリガミプロジェクト 

↓↓↓↓


外部の改修工事にも使うことができます。

 

補助金は無くなり次第終了しますので
お急ぎください。

 

年度末は気にせず、そのまま受付が可能のようです。

 

長崎県から一件でも多くの家が救われ
そして笑顔と想い出いっぱいの暮らしが
できますように。

 

 

 

長崎の家をメンテするならオリガミプロジェクト

 

こんにちは。

長崎独自の補助金がもらえるプロジェクト
オリガミプロジェクト がはじまっております。

 

国の補助金と比べて格段に使い勝手がいい内容になっています。

 

CMなどでもお伝えしているように
メンテを怠ると家の価値は目減りしていく一方です。

 

特に雨が多い長崎は、雨漏りによる劣化も多く
放っておくと修繕も大掛かりに外壁をはいでやり直さなければなりません。

 

 

写真は、外壁まではいで、下地を作り直している長崎市内の現場より。

 

もちろんこのような大掛かりなものでも
補助対象としてみとめられます。

 

詳しくはオリガミプロジェクトまで。

 

 

【長崎の現場より】チョーキングは塗装するサインです。

外壁の塗り替えのタイミングを考える一つの目安がチョーキングという現象。

もしかしたあなたの家でもおきていませんか?

 

ちょうど長崎の現場で写真が撮れました。

これがチョーキングです。

 

 

壁を触ると、白い粉で汚れてしまいます。

これが出たらもうダメというわけではありません。

 

ただ、一つの目安として外壁塗装を考えるにはいいタイミングになります。

 

 

表面のコーティングが劣化してる状態です

 

チョーキングは外壁の表面のツヤが
なくなって来たら起きやすくなります。

 

ですので元々の塗装がツヤありより
ツヤなし仕上げの方がどうしても劣化は早くなります。

 

それでも外壁は頑張ってあなたのお家を守ってくれていますが

表面が劣化してきていますので汚れもつきやすくなります。

 

 

結果としてコケがつきやすくなり
汚れが目立つようになるのはこのためです。

 

ボロボロになってから塗装するよりは
早めにカバーしてあげると建物にとってはいいでしょう。

 

 

 

足場があるときにしかできない工事はやっておくべきです。

改修している長崎の現場より

 

あんしん塗装部の現場よりこんにちは。

4階建のビルの改修をやっております。

 

たまにこのような配管ミス、、、

というかきっと後でパイプを施工したのでしょうが
吸気口と被っているところがあります。

 

 

 

換気口も腐食してサビでボロボロになっています。

足場がないと取り替えられない3階部分ですので
塗装などの外壁改修工事の時に併せてするのが理想ですね。

 

ですが、交換するにもパイプが邪魔。

 

あんしん塗装部は建築会社が母体なので
このような工事でも問題ありません。

 

普通の塗装屋さんであれば、
この配管が何なのか、換気口が何なのかまでわかりません。

 

とりあえず塗って表面を綺麗にしておけばいいのでしょうが
結局不具合を解決していないので
すぐに問題が起きてしまいます。

 

あんしん塗装部やしあわせリフォーム部であれば
この配管を組み替えて換気口も交換しつつ
あんしんして使ってもらえるように
作り変えていきます。

 

足場をバラしてからは、もう何も手が出ないところです。
足場があるうちに、今後10年以上は問題が出ないように
丁寧に、愛情を込めてお仕事をさせていただいています。

 

 

長崎の雨漏りの典型パターン木部が濡れ続けるとこうなる!

こんにちはあんしん塗装部です。

梅雨らしい天気といえば聞こえはいいとしても
この諫早も結構ジメジメしております。

何でもかんでもカビそうですね。

 

ちなみに木材もこの時期は非常に傷みやすいものです。

特にご自宅で外部に面しているところや
雨漏りしているところはふやけてボロボロに。

 

外部の壁や屋根周り、窓周りに木が使われていたら
ペンキで塗られているのが普通です。

でも、劣化してペンキが剥げてくると
写真のように木部がブヨブヨになってくることも。

 

写真ではわかりづらいですが
下地の木の部分が濡れてブヨブヨしています。

 

雨漏りが続くとブヨブヨに

 

水分を含んだ上にこの湿気と温度で
「木材腐朽菌」が活発に動きます。

そうなると木材をブヨブヨに弱らせてしまいます。

もうブヨブヨになってしまったら木材として役に立ちません。

 

こうやって壁や屋根からの雨漏りが
壁の中に入り、高温多湿なこの時期にブヨブヨにしていきます。

 

長崎でよくある典型的な雨漏りの状態なんですが、、、

 

ここまでくるともう取り替えになります。

壁の場合はその壁面は念のため全部剥いでから
やり直しです。

部分的な補修ではまた同じことがおきますので
オススメしません。

 

これ以上我が家が痛んで使い物にならなくなる前に
早期発見早期治療をしてください。

人間の病気と一緒ですね!

 

 

諫早で心地よい環境で暮らすこと

雨がよく降りましたが大丈夫だったでしょうか?

それにしてもまだ梅雨も来ていないのに
日本中で大雨が被害をもたらしていますね。

 

今年の梅雨はいったいどうなるのやら。。。

 

まぁ梅雨を忌み嫌うわけにはいきません。
梅雨がなければお百姓さんたちは困りますし
いろんな生き物も生きられません。

 

結局は私たちの生活を潤してくれませんので
しわ寄せが来てしまいますしね。

 

 

 

 

網戸も開けてダイレクトに!

そんな五月の初夏の季節
せっかくなら網戸も開けて外の空気を入れましょう。

網戸って、虫が入らないようにありますが
蚊は早朝か夕方しか活発ではありません。

 

昼間の暑い時期は潜んでいるんですよね。

 

ですから事務所では網戸も開けっ放しにして
外の気持ちいい風を入れております。

 

たまに雀やツバメたちも
間違っていらっしゃいしますがw

 

茂ってくれているおかげで涼しい風が通ってくれます。

 

 

外壁に当たると壁を劣化させる原因にもなりますが
そうならない範囲で剪定しながら
夏は涼しく、見た目も気持ちよく。

 

諫早で気持ちよく暮らすということを
30年近く実践しています。

 

晴れた日にはあなたも外の風を感じましょう。

雨が多い長崎なのにのに雨漏りに気付きにくい理由とは?

こんにちはあんしん塗装部です。

 

この画像なんだかわかります?

 

実はこれ外壁のつなぎ目、ジョイントの部分です。

普通はここには、シーリング(コーキング)というゴムっぽい

ブニョっとしたものがこの隙間を覆っています。

 

なぜなら、外壁に隙間があれば雨漏りにつながるからです。

そのシーリングがない!

 

もう劣化してしまってどこかに行ってしまっていますww

 

だから外壁の板も外れかけてガバガバしています。

外壁を留めている木が雨水で腐って
なくなってしまったのでした。

 

こうなるともう雨はジャンジャン入り込みます。

 

シーリングが切れていたら要注意!

 

日当たりがいい場所はシーリングの劣化も早いものです。

 

ですから、西日や南向きの壁面のシールが
割とボロボロになりやすいものです。

 

劣化が進むとシールが取れてしまったり
亀裂が入ってしまいます。

 

すぐに室内に影響があれば気づくのですが
長い年月をかけてじわじわと壁の中で柱などの
木材を腐らせていきます。

 

室内に影響が出た時には結構傷んでいることも
珍しくありません。

 

何かと雨の多い長崎。
桜の季節が終わったら梅雨はもうすぐです。

 

ご自分で我が家の点検をしてみるにはいい季節ですね!

【諫早より】外壁の下に隙間を作って大丈夫?

こんにちは。

今日も諫早の現場よりお送りいたします。

ちょうど外壁の取り付け作業中です。

 

 

昔はペタンと下にくっつけて壁を張っていたところもありましたが

雨の多い長崎では、万が一雨が入った時の逃げ道を作っておかなければ
室内に雨漏りとして雨水が入ってきます。

 

もちろん、この下には二重三重に雨漏りしにくい仕組みがあります。

瓦の下には捨て板金という雨切りがありますし、

写真にみ見えている平べったい板金(大工さんの左手の部分)も
壁の中に立ち上がっています。

そのため、外壁の下から吹き上げてきても簡単には
中には入れません。

 

しかも!

防水シートと両面防水テープで
シートの隙間を密封していますので
下からの入り込みは極力できないようにしています。

外装板の目地からたとえ入ったとしても
防水シートがあり、雨切りもありますので
入った水は下へ下へと流れていきます。

 

そして、下の方で外に出ていけるように
隙間を設けて排出するようにできています。

 

雨を完全に止めることは不可能です。

特に台風などの暴風雨では風圧で多少なりとも入り込みます。

それでも、入った水がちゃんと出ていけるように。

入った水が家の中の方に入らないように
二重三重に対策を施しています。

 

【諫早の現場より】雨漏りの一番の原因になる箇所とは?

こんにちは。あんしん塗装部です。

 

雨漏りの主な原因に挙げられるのが屋根や壁の劣化ですが、

実際に雨漏りを起こしやすいところはどこだと思いますか?

 

実は窓周りが雨漏りの原因だったりします。

 

屋根はしっかりしていても、窓周りが傷んでいると
そこから雨水が横雨で入り込んでくることが
雨の多い長崎では珍しくありません。

 

 

写真の作業は珍しい作業になりますが
外壁の下をシールで塞がれていたため切り開けて隙間を作っているところ。

 

 

普通この部分は入り込んだ雨水を排出できるように開けてあります。

ですが、雨漏りの応急処置の時に処置をされた方が
念のためこの部分も塞いでしまったのでしょう。

 

結果として、、、窓周りから入り込んだ雨水の逃げ道がなくなってしまいました。

 

地道な作業ですが、建物が長持ちするように
閉じてしまった壁の下端を丁寧に開け直す作業をしています。

 

もちろん窓周りの防水をしっかりしていなければ雨漏りは治りません。

 

あんしん塗装部では、塗装前にしっかりと窓周りのシール処理など
雨対策をした上で塗装作業に入ります。

 

ただ塗るだけではさすがに雨水は防げませんので。