外壁

台風での一時的な雨漏りは心配ご無用な理由

台風が迫っていますね。

ホームセンターには長蛇の列
お店からは保存食なども綺麗に消え去っていました。

もしかしたら大災害になるかもしれないから
みんな用心していますね。

 

小さい時から台風がくるとワクワクしていたのは
それが非日常だったから。

だから、その非日常的なところに
気持ちが昂ぶるというか。

台風はやっぱり怖いですね汗

雨漏り!は大変ではありませんよ。

もしも屋根が飛ばされたりしたらおおごとですが
台風時に雨漏りしたからといって
あまり心配しないように。

 

普通の雨で漏れるなら問題です。
毎回雨で水が入り込むのですから
それは木が腐ってしまいます。

 

でも台風の時は特別。

例えば風速30mとか普通は吹きませんよね。
そんな時に雨が降っていると風圧でたとえ小さな穴からでも
水は侵入してしまいます。

 

家は工業製品ではありません。

 

陶磁器などの世界でもよく言われていますが
もう目利きというか、わかっている人が少なくなりました。

 

作り方の特性上、どうしても出てしまう歪み。
それは今まで味として捉えられていたのに
2000年代以降はそれを知らない世代が
不良品扱いするようになりました。

 

作り手の味としてのズレや歪みが許容されない時代。
なんか悲しい時代です。

 

車や電化製品などの工場生産されたものであれば
品質管理が可能です。

ですが、建物はそうはいきません。
どうしても人が手作りする部分が多いもの。

そうすると、完璧をめざしたとしても
どこかに歪みが出てきます。

その歪みを許容できるかどうか。

 

台風での雨漏りは、一時的な雨漏り。

台風の風圧に耐える雨漏りしない家となると
潜水艦が必要かもしれませんww

 

それだけのコストをかけられれば別ですが、、、
どのみち現実的ではないでしょう。

 

不安由来の生き方では
想像力も不安なことに使います。

そうすると不安な現実が実現してしまいますので
気をつけましょう。

 

おおらかな長崎人らしい暮らしができますように。

長崎市内でアクロバティックなロープブランコ作業

この写真何をしているかわかります?

超アクロバットな状態です。

 

実際の写真は縦型です。天井にくっついているのではありませんw

 

そして、ビルの外壁をロープだけで作業しています。

 

通称ロープブランコ

ビルなどで足場をかけないと普通はできない作業を
屋上から垂らしたロープだけで作業をする強者たちです。

 

もちろんかなり特殊ですから、できる人も限られています。

体を張ってやっていますもんね。

これをやれ!といって「やります!」

とはさすがに、、、高所恐怖症ではなくても
屋上から足場がない状態でやるのは勇気ではなく
別の力が必要です。

普通の人ではまず無理ですね汗

 

先日お盆前の晴れ間を使って
ロープブランコでビルの外装改修を行いました。

 

長崎のビルは軒並み老朽化してきています。

バブル期に建てたものは軒並み劣化していますね。

もちろんメンテすれば長持ちしますし
今後長く使い続けることで長崎の街の魅力にもなります。

 

古いものはすぐに取り壊して、、、
となる長崎。ここに古き良き時代の名残を求めてくる人たちにとっては
なんとも残念な街でもあります。

長崎という土地を世界に誇るなら
私たち長崎に住む人、今生きている人たちが
もっと考えなければなりません。

 

コロナは言い訳にはなりませんよ。

 

長崎の梅雨の豪雨で雨漏り多発中。でも、、、

こんにちは。

今年の梅雨は長崎もよく降ります。

そして長い!

あれだけ降ったのですからもう梅雨もあけていいはずなのに
もう一雨来そうな雰囲気。

 

それにしても土砂降りで大変でしたね。
それに伴い雨漏りの依頼も多数寄せられました。

 

しかしこれは、、、ちょっと、、、というものも。

 

 

 

 

数年前に塗り替えされた家でしたが、シーリングが切れたまま上だけ塗ってるもの。

 

これは雨漏りの原因になります。

あからさまに壁に穴が空いているのと同じです。

 

そこにこの前のあの大雨ですから
穴が空いていたら漏れないはずがありません。

 

防水シートがあるから大丈夫?なわけない

 

もちろんちょっとした雨であれば
防水シートでも防げます。

しかしあの豪雨であればまず難しいですよね。

 

しかも、写真左下には窓サッシがあります。

こうなると、入り込んだ水はサッシのフチの部分から
場合によっては中に入り込みます。

 

窓周りは雨漏りが一番多い場所ですが
どうしても外壁周りがちゃんと雨を防ぐようにできていなければ
どんなに綺麗に色を塗っても意味がありません。

 

見た目の美しさは、細部の美しさもまた重要です。
しっかりと工事されていれば仕上がりも美しくなります。

 

【諫早の現場より】狭いところもクリエイティブに塗装

こんにちは。

あんしん塗装部です。
連休が明けたら大分暑くなりましたね。

ここ最近は風が比較的強いおかげか
多少涼しさもありますが。

 

ただいま、諫早市の補助金を活用した
外壁屋根の塗装工事を行なっております。

 

ちょうど狭いところの軒裏を仕上げているところ。

 

 

このくらいの狭さであれば、まだ体がなんとか入りますので
暑い中でもなんとか踏ん張って仕上げております。

 

さすがに奥行きが深いところや
30センチ未満の狭い隙間には体が入っていかないため
なかなか難しかったりしますが。

 

建物の状況をみてクリエイティブに判断します

 

普通にできない時には、
できる方法を考えることを行います。

 

そう考えると、ただの補修ではなく
極めてクリエイティブに
その場の状況に合わせて方法を
発想することも少なくありません。

 

夏の暑さが始まる前に外壁屋根はコーティングを

 

諫早市のリフレッシュ補助金は
遮熱塗料を使うことで可能です。

 

ちょっと断熱されていない家には
オススメしませんが平成以降の建物であれば
夏の暑さ対策には良いと思います。

 

例年のことですが諫早市の補助金は早くなくなりますので
使いたいと考えられている場合はお急ぎください。

 

 

【諫早から】連休前にチェックする我が家の外壁ポイント

こんにちはあんしん塗装部です。

連日のコロナ感染報道は心配ですが、
外は風が強いですが良い天気ですね。

 

連休は本来ならみんなあちこち遠出するのですが、
さすがに今年は危険ですから身を守るためにも
家にいる方が得策です。

 

さて、せっかく家にいるのですから梅雨が来る前に
我が家をご自分でメンテナンスされるのもよいかもしれません。

 

大まかには、チョーキングという粉が手につく現象。
きっとあなたもご存知かもしれません。

 

それが出始めたら、外壁にも汚れがつきやすく、
水を弾く力も弱まっていますので
外壁塗装のサインとなります。

 

 

今回はもう一つ大切なこと。

それは、軒裏をみてください。

 

 

 

軒裏の緑色のシミは要注意

 

屋根の下の軒裏部分は普通は白く塗られていると思います。

その部分にシミができていた場合は雨漏りのサインとなります。

 

 

特に緑色のシミは要注意で、
頻繁に雨漏りを繰り返したサインになります。

 

これは、水がなんども入り込んで、
苔やカビが水分のおかげで繁殖した姿です。

 

白い塗膜をパラパラと剥がして
劣化させている場合もよくありますね。

 

外装に関しても、諫早市の補助金が使えたり
平成以降の建物であればオリガミプロジェクト
100万円まで補助が受けられます。

 

コロナがどうであろうが待った無しで、梅雨は来ますので
屋根や外壁の不具合はなんらかの手を打っておきましょう。

 

長崎は台風に備えて塗装外装改修時にユニエーターも補強を

コロナ騒ぎでついに非常事態宣言が大都市圏では出るみたいですね。

それでも桜は咲いていてくれて、しかも長く咲き続けてくれています。

入学式のこの時期まで咲いているなんてありがたいですね!

 

さて、屋根や外装のリフォームでよく問題になるのがユニエーターなどの

温熱温水器の取り付け。

 

塗装屋さんだけでなく意外と、大工さんたちも取り付けを甘くみている場合もあります。

一本ずつしかはめていないところも多く、最近の台風が大型化している中で
耐えれるかは疑問です。

 

幸い、いまのところ長崎直撃でも大きな被害はでていませんが。

 

 

 

写真は、屋根が急勾配のため、しっかりと締め直したワイヤーです。
全部で8本引っ張っています。

大工さん、塗装技術者、設計士、設備士の皆さんで
しっかりと取り付け方法を確認しながら
危険がないように、そして風雨の影響で屋根や外壁にも影響が
出ないように考えながら。

 

直接ワイヤーが当たるところは、
劣化しにくいパイプを巻いて補強しています。

 

そして、水がたまらないように切れ目もいれつつ。
上部から入らないように防水シールをしながら。

 

補強金具がしっかり取り付けられる下地を
大工さんと確認しながら。

 

一つ一つは職人さんたちの愛でできています。

 

最近、愛情がない建物が多くなりました。
余裕のない世の中の証拠かもしれません。

 

コロナの影響でますます個人個人が
余裕がなくなるかもしれません。


どうか、長崎県に住むあなたと
あなたの周りには愛情あふれるおつきあいを。

 

屋根工事も外装補修メンテナンスにも
返さなくて良い長崎独自の補助金があります。

↓↓↓↓

 

梅雨前にしっかり工事も終わらせておきたいですね。

湿気の多い長崎では外壁通気をしっかり改修すること

こんにちは。しあわせリフォーム部です。

平成の建物でも外壁の通気ができていないものが多く
長崎県でも多くの建物が劣化しています。

 

写真は、外壁を解体して、防水から作り直し
通気をしっかりとった建物。

 

 

元々軒ゼロ住宅で、斜線制限の関係から
今回も軒を出せず軒ゼロのままですが
換気ができるように作り替えました。

 

破風板の裏から壁面内の空気を抜くようにつくっています。

 

雨が多い長崎県では、雨漏りや湿気は大敵

もともと雨が多い長崎ですから
雨漏りは多いです。

 

それにどこの町でも海が近いため湿度も高めで
梅雨時や夏場のシットリした空気はカビの温床でもあります。

湿気を留めず吐き出す構造が大事

 

湿気はいろんな意味でよくありません。

 

カビっぽくて病気の原因にもなりますし
木材を腐らせたり
シロアリをよんだり。

 

コロナではありませんが目に見えない
いろんな要因とくっついてしまいます。

 

今は桜の季節。

でももう少しすると梅雨がきます。

早めに対策をしておくことをおススメします。

 

オリガミプロジェクト では外壁や屋根の劣化改修などにも
助成金がつきますので長崎にお住いの方にはおススメです。

↓↓↓↓

 

長崎の雨漏りの修繕にもオリガミプロジェクト

こんにちはシムコノイエしあわせリフォーム部です。

彼岸に入りかなり暖かくなりましたね。

今年は雪もほとんど降らず、コロナ騒ぎ以外は
かなり穏やかな雰囲気。

 

もう日見の桜並木も桜がチラホラしていました。

世の中はコロナ騒ぎで未曾有の世界的危機になっていますが、
時期が来ると桜は咲き、新芽も出て来るんですね。

 

雨漏りに憂鬱な梅雨も普通に来ます

 

同じように、もう少しすると梅雨がやって来ます。

そして雨漏りの家では、今年も憂鬱な季節となることも。

 

写真は、屋根近くの外壁の水分量を測っているところ。

雨水が浸入しているため、壁の水分量がかなり多い状態。

梅雨前に工事が終わるので一安心です。

 

雨漏り工事は全面やりかえが吉

しかし同じような雨漏りに悩む家庭が多いのも事実です。

そして、雨漏りを安く済まそうとしても、
全くうまくいきません。

 

やるならば、壁を撤去して、
雨漏りの原因からやり直さなければ
何度でも起きてしまいます。

部分的に残して補修することは絶対やめて下さい。

 

改修工事は安くはすみませんが、
幸い長崎独自の補助金が今はあります。

 

雨漏り改修にも使えるオリガミプロジェクト 

 

CMでも流れていますオリガミプロジェクト 

↓↓↓↓


外部の改修工事にも使うことができます。

 

補助金は無くなり次第終了しますので
お急ぎください。

 

年度末は気にせず、そのまま受付が可能のようです。

 

長崎県から一件でも多くの家が救われ
そして笑顔と想い出いっぱいの暮らしが
できますように。

 

 

 

長崎の家をメンテするならオリガミプロジェクト

 

こんにちは。

長崎独自の補助金がもらえるプロジェクト
オリガミプロジェクト がはじまっております。

 

国の補助金と比べて格段に使い勝手がいい内容になっています。

 

CMなどでもお伝えしているように
メンテを怠ると家の価値は目減りしていく一方です。

 

特に雨が多い長崎は、雨漏りによる劣化も多く
放っておくと修繕も大掛かりに外壁をはいでやり直さなければなりません。

 

 

写真は、外壁まではいで、下地を作り直している長崎市内の現場より。

 

もちろんこのような大掛かりなものでも
補助対象としてみとめられます。

 

詳しくはオリガミプロジェクトまで。

 

 

【長崎の現場より】チョーキングは塗装するサインです。

外壁の塗り替えのタイミングを考える一つの目安がチョーキングという現象。

もしかしたあなたの家でもおきていませんか?

 

ちょうど長崎の現場で写真が撮れました。

これがチョーキングです。

 

 

壁を触ると、白い粉で汚れてしまいます。

これが出たらもうダメというわけではありません。

 

ただ、一つの目安として外壁塗装を考えるにはいいタイミングになります。

 

 

表面のコーティングが劣化してる状態です

 

チョーキングは外壁の表面のツヤが
なくなって来たら起きやすくなります。

 

ですので元々の塗装がツヤありより
ツヤなし仕上げの方がどうしても劣化は早くなります。

 

それでも外壁は頑張ってあなたのお家を守ってくれていますが

表面が劣化してきていますので汚れもつきやすくなります。

 

 

結果としてコケがつきやすくなり
汚れが目立つようになるのはこのためです。

 

ボロボロになってから塗装するよりは
早めにカバーしてあげると建物にとってはいいでしょう。