屋根

長崎の雨漏り屋根は綺麗に葺き替えるのが鉄則な理由とは?

やっと雨の毎日から解放されましたが
残暑が厳しいですね!

 

雨漏りしていた屋根工事のお家もやっと工事が進んでいます。

お盆明けからというもの長崎は天気が悪くて外工事がまったく進みませんでした。

 

おかげさまでまだまだ待たせてしまっているところもあります。

なんとか9月中にやり遂げてしまいますね。

 

 

屋根の雨漏りはとても厄介

残念ながら一部分の補修ではなかなかうまくいきません。

それに老朽化してしまうと構造材まで傷んで大工事になることも。

 

早期発見した場合はおおごとにはなりませんが
構造材まで痛んでいたら、部分的にやってもうまくいきません。

屋根ならもう全面葺き替えることをお勧めしています。

 

 

そして壁も、その壁面は全面張り替えがお勧めです。

壁の場合は窓周りからの雨漏りが多いので
解体して悪い部分を取り替えて
新しく雨が入りにくいように作り変えることをお勧めしています。

 

雨漏りはいろんな問題を引き起こす元凶。

どうぞ気をつけてください。

 

 

長崎の雨漏りの典型パターン木部が濡れ続けるとこうなる!

こんにちはあんしん塗装部です。

梅雨らしい天気といえば聞こえはいいとしても
この諫早も結構ジメジメしております。

何でもかんでもカビそうですね。

 

ちなみに木材もこの時期は非常に傷みやすいものです。

特にご自宅で外部に面しているところや
雨漏りしているところはふやけてボロボロに。

 

外部の壁や屋根周り、窓周りに木が使われていたら
ペンキで塗られているのが普通です。

でも、劣化してペンキが剥げてくると
写真のように木部がブヨブヨになってくることも。

 

写真ではわかりづらいですが
下地の木の部分が濡れてブヨブヨしています。

 

雨漏りが続くとブヨブヨに

 

水分を含んだ上にこの湿気と温度で
「木材腐朽菌」が活発に動きます。

そうなると木材をブヨブヨに弱らせてしまいます。

もうブヨブヨになってしまったら木材として役に立ちません。

 

こうやって壁や屋根からの雨漏りが
壁の中に入り、高温多湿なこの時期にブヨブヨにしていきます。

 

長崎でよくある典型的な雨漏りの状態なんですが、、、

 

ここまでくるともう取り替えになります。

壁の場合はその壁面は念のため全部剥いでから
やり直しです。

部分的な補修ではまた同じことがおきますので
オススメしません。

 

これ以上我が家が痛んで使い物にならなくなる前に
早期発見早期治療をしてください。

人間の病気と一緒ですね!

 

 

【諫早より】外壁の下に隙間を作って大丈夫?

こんにちは。

今日も諫早の現場よりお送りいたします。

ちょうど外壁の取り付け作業中です。

 

 

昔はペタンと下にくっつけて壁を張っていたところもありましたが

雨の多い長崎では、万が一雨が入った時の逃げ道を作っておかなければ
室内に雨漏りとして雨水が入ってきます。

 

もちろん、この下には二重三重に雨漏りしにくい仕組みがあります。

瓦の下には捨て板金という雨切りがありますし、

写真にみ見えている平べったい板金(大工さんの左手の部分)も
壁の中に立ち上がっています。

そのため、外壁の下から吹き上げてきても簡単には
中には入れません。

 

しかも!

防水シートと両面防水テープで
シートの隙間を密封していますので
下からの入り込みは極力できないようにしています。

外装板の目地からたとえ入ったとしても
防水シートがあり、雨切りもありますので
入った水は下へ下へと流れていきます。

 

そして、下の方で外に出ていけるように
隙間を設けて排出するようにできています。

 

雨を完全に止めることは不可能です。

特に台風などの暴風雨では風圧で多少なりとも入り込みます。

それでも、入った水がちゃんと出ていけるように。

入った水が家の中の方に入らないように
二重三重に対策を施しています。

 

屋根が錆びてるとやっぱり危険なの?

こんにちはあんしん塗装部です。

 

屋根の鉄板部分ってどうしても錆びてしまいます。

錆びてしまったらもう危険なのか、、、
というとそういうわけではありませんのでご安心ください。

 

特に訪問系のところは大して劣化もしていなくても
大事のように話してきますよねww

 

わたしたちあんしん塗装部には、
そんな訪問系に不安を抱いた諫早や大村、長崎市内の方々からも
よく連絡をうけます。

 

たとえばこのような屋根の鉄板。

 

たしかにサビは出ていますがだからと言って穴が空いているわけではありません。

ただサビが広がってきただけです。

 

表面の塗膜保護をすれば大丈夫

 

鉄板ですから錆びるのは当然です。

もちろんガルバリウム鋼板であれば
錆びにくいですが、錆びないわけではありません。

 

長年経つとどうしても飛んできたものや鳥たちの仕業で
傷がついて錆びることも長崎ではよくあります。

 

屋根を塗装するときにしっかりと鉄部も塗装しなおせば大丈夫。

 

もちろん穴が空いていたり、釘が外れてガタガタしている鉄板は
修理交換が必要です。

 

大分涼しい時期になりました。
今日も元気にいきましょう。

 

雨の多い長崎で屋根瓦が劣化するとダメな理由とは?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 

完成して足場を外す前日にちょうど雨が降りました。
先日の諫早のことです。

 

ピッカピカに綺麗に塗装がのった屋根瓦は
こんな感じで水を弾いてくれています。

 

 

 

塗装がはげた瓦は、はげたところから雨水を吸い込んでしまいます。

 

吸い込んだ雨水は、瓦の下に行きますし
晴れた日に乾燥すると、はげていない塗料を浮かせます。

 

それを繰り返すうちにドンドン瓦の塗料もはげてボロボロになるわけです。

 

はげると苔も付きやすくなります。

 

雨の多い長崎では苔がついた屋根がよくあります。

 

苔は水分がないと育たないので
苔があるということは、水分が豊富にあるということ。

 

その瓦が濡れて水分をよく吸収しているってことになります。

 

苔は瓦の表面に食い込んで
そのうちボロっと端っこから壊れていきます。

そうやってだんだん劣化が進んでしまいます。

 

傷んで劣化した瓦屋根は早めにメンテナンスをしましょう。

瓦下地にも防水シートがあるでしょうから
簡単には漏れませんが、外側の瓦表面の塗膜で
水をシャットアウトすることが一番確実です。

 

 

 

長崎市の現場より 時間はかかっても養生作業を行う理由とは?

壁塗り作業をするために、
きれいに仕上げた屋根をビニルで養生しているところです。

 

 

壁なんてただ塗ればいいだけという人たちもいますが
壁の塗料は屋根の塗料とは違います。

 

もちろん壁は壁で色も材料も違います。

 

それなのに養生シートを敷いていないと、
壁の塗料が飛び散ってせっかく塗った屋根が
汚れていることもあるわけです。

 

もちろん汚したらその部分は補修をするのですが
できたら汚さずにきれいに仕上げていきたいものです。

 

そのためにも、入念に養生作業をして
余計なところに塗料が飛び散らないように気を遣っています。

 

 

養生の手間をケチると、
もちろん仕上がりの美しさもきれいではありません。

 

 

おかげさまで台風が今のところは長崎県の方に来ていないので
なんとかスムーズに進んでいます。

 

天気にもご近所の方々にも、
そして家主さんにも感謝の日々です。

 

ありがとうございます。

【長崎より】手間を惜しまず屋根塗装のはけ取り中です。

ただいま屋根のハケ取り中です。

広い面積はローラーでできますが
細かな隙間にはうまく入らないことがあります。

 

 

 

 

手間をかけずに急いで塗るなら気にせず塗装するところもあるでしょうが
あんしん塗装部としては、手間を削ることはできません。

結局手間を省いたら、その分5年後、
10年後に手間を省いたところから劣化が始まってしまいます。

 

屋根瓦はこの長崎の夏の暑さにも耐えてあなたの家を守ってくれています。

 

その屋根瓦が痛まないように表面を汚れと紫外線などから守るための塗膜が守ってくれています。

 

塗装の塗膜がのっていないと
瓦素地ではコケが生えてきたり、水を吸い込んでボロボロになっていきます。

 

劣化したおうちの瓦でたまに苔がビッシリ付いている家などは
劣化して素地の状態に近いからです。

 

せっかく我が家の塗装のメンテナンスをするなら手間を惜しまず丁寧にやるのが正解です。

 

ちょっとしたところですがケチった仕事をしてしまうと
結局は長持ちしない家になってしまいます。

 

幸せな暮らしを長崎で送ってもらいたいから
だからわたしたちあんしん塗装部は
あなたのためにも細かいところですが
手間をかけてしっかり仕上げていきます。

暑い!諫早の屋根裏はサウナ状態ですが、、、

暑い日が続きますね。

もう世間はお盆やすみですね。

私たちもお盆はゆっくりとお休みさせていただきます。

 

 

それにしても暑いです。

暑いですが、それでも屋根裏にまで入ります。

もちろんサウナ状態!

 

雨漏り調査なら屋根裏を確認することが必須!

 

雨漏りを調べるなら壁などはがせるなら
剥がして解体して調べるのが一番効果的です。

 

それができない場合は
まず屋根裏をみなければなりません。

 

暑いのは仕方がありません。夏ですからね!

それよりも、雨漏りの痕跡がないか、
できるだけみて回るようにしています。

 

屋根が綺麗な場合は他が原因

 

諫早の現場ですが写真の屋根裏は非常に綺麗でした。
雨漏りしているとシミがあるのですが
全く見当たりません。

 

どうやら台風時期に壁から入り込んだのが有力ですね。

 

今年は長崎にもよく台風が来るかもしれません。

普段は雨漏りしなくても、台風が来ると
バシャバシャと怖いくらいに雨が入り込むこともあります。

 

不安な場合は早めに対処しておきましょう。
雨漏りは百害あって一利なしです。

 

長崎県の家がもっと素敵な家になっていきますように。

 

 

猛暑と雨漏りこれからが台風シーズンですね!

それにしても今年の長崎の夏は暑いですね。

 

全国的に猛暑ですからしかたないですが、、、

 

こんな真夏でも屋根裏によく登ります。

 

この猛暑の時期でも確認できるのであれば
登ります。

なぜなら、雨漏りの原因を極力突き止めなければならないからです。

 

ホースで水をかけてすることもありますが
台風時期の風圧なら、はっきり言って漏れる時は漏れてしまいます。

 

完全に漏れない家なんて一軒もありません。

 

台風が来た時に、漏れる家もあれば、運良く漏れない家だってあります。

たまたま漏れなかっただけかもしれません。

台風の進路の関係で、たまたま叩きつけるような暴風雨に見舞われなかっただけかもしれません。

 

だから、たまたま、、、という言葉が一番です。

 

 

もちろんいい気持ちではありませんよね

 

もしちょこちょこ大雨の時に同じような症状が出ていたら
それはやはり雨漏りの症状です。

 

早めに専門家に診てもらってください。

 

パパッと見て終わるのではなく、
くまなくなるべく原因を追求してくれる方が安心ですよね。

 

それでももちろん完全に止めるとは言えませんが、、、

家も生き物。そして気分屋なところもあります。

まるで私たち人間の心を見透かしたように
家は壊れたり、悲鳴をあげたりもします。

 

素直にあなたの家の声を聞いてあげてください。

家もあなたの家族の一員ですので(^_^)/

 

 

長崎に台風が来ても慌ててはいけない理由とは?

長崎方面に向かって台風が迫ってきていますね。

この時期に来るのはちょっと信じられないのですが、、、

まぁ来るものを拒むことはできません。相手は自然ですから私たちができることは限られています。

 

雨漏り?それとも一時的なもの?

 

台風のときにはよく雨漏りが起こります。

 

いつもの強風とは強さが違いますから
瓦が飛ばされたり飛んできたもので窓ガラスが割れることも。

 

 

強烈な風ですから当然、風圧がかかります。

 

それに伴って、普段は雨漏りもなかったのに
部屋の中に雨が入り込むことも!

 

天井から水が落ちてきたり
窓から入り込んできたり。

 

カモられないように慌ててはいけません。

 

台風のときに一時的に風圧で押し込まれて
雨水が屋根裏とか窓の隙間から入り込むことはあります。

 

もしも、台風後にも同じように雨漏りが止まらない場合は
やっぱりどこか飛ばされたか壊れた可能性があります。

 

しかし、台風後には問題ないこともよくありますので
慌てないでください。

 

もちろん、屋根などが明らかに飛ばされていたりしたら
やはり専門家に診てもらいましょう。

 

この時期、慌てさせる営業なども来て
カモにされることだってよくあります。

そんなひどい目に長崎の人が遭いませんように。

 

何より台風さんには静かに通り過ぎていただきたいですね。

長崎らしく静かに祈っておきましょう。