断熱

古い家必見!たった1日で音漏れに強いスムーズな玄関に!

こんにちは。しあわせリフォーム部です。

 

古い玄関扉を外して、新しい玄関を取り付けています。

当たり前に玄関を取り替えるとなると、実はとても大変なんです。

 

なぜなら、玄関の扉って、レールとかかが床に埋まっているから
掘り起こさないと取れないんです。

 

 

ですが、リフォーム用の玄関扉であればレールはそのままにして
扉だけ外して新しい枠ごと新しい扉が取り付けられます。

 

たった1日で動きがスムーズで断熱防音された玄関に!

 

長崎の古い家でよくきくのが
冬場玄関からの隙間風が寒い!というお話。

 

昔の玄関は気密も悪くて
隙間風だらけ。それは昔の仕様だから仕方ありません。

 

新しい玄関は、ペアガラスで断熱されているし
おかげで外の音も防音されています。

 

玄関ホールでしゃべっている声が
外に響いていたのが漏れにくくもなりますね。

 

しあわせな暮らしをつくるしあわせリフォーム部

 

あんしん塗装部だけでなく
古い家を使いやすくするためのリフォーム。

住んでいる方の幸せな暮らしを応援するリフォームも
しあわせリフォーム部が手がけています。

 

外装周りのプロだけでなく
内装や水回り、耐震のプロもいるため
しあわせな暮らしを求めている長崎市や
諫早県央地区にお住いの皆様と末長く
素敵なお付き合いをさせていただいております。

ありがとうございます!

注意!長崎で毎日晴れているのにカビる?

 

9月に入って大分涼しくなりましたが
それでも10月のおくんちあたりまでは暑い日が続くでしょうね。

 

それにしても8月は暑かったですね。

雨も降らず猛暑どころか殺人的な暑さでした。

 

そんな猛暑酷暑の長崎県では、家の中がカビることってあるってご存知ですか?

 

実はそんなことも起きてしまう危険性があります。

 

 

写真は壁の水分量を計っているものです。

この建物はコンクリート系なのですが
晴れているにもかかわらず室内の壁の水分がなぜか多いのです。

 

 

原因は内部結露。でもなぜ?

 

外はこの日も30度越えでしたがなぜか水分量が高いのです。

 

水気がある場所ではないので
考えられるのは内部結露が発生しているということ。

 

確かに長崎は湿度が高いですが、
エアコンを使っていたら内部の湿度も調整してくれるはずなのに、、、?

 

 

西日や直射日光が当たる室内は注意!

 

今年は暑くて外気温が35度を超えていましたが
室内温度は20度台ですもんね。

その温度差で壁面内結露が起こってきてしまったことが考えられます。

 

 

細かい調査はまだ必要ですが
木造の建物でも西日や直射日光が
壁にあたる建物の内側を冷やしすぎると
同じように壁面内結露などが生じてしまいます。

 

表面にでてきてくれればわかりやすいですが
壁の中だと断熱材が濡れた状態になったり
木材が湿気と暑さで腐りやすい状態になるので注意が必要です。

 

 

 

 

遮熱塗料で起こる冬の悲劇とは?

 

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

よく問合せをいただく内容で遮熱塗料があります。

長崎の夏は確かに暑いので、遮熱はお勧めではあります。

軽く屋根裏の温度を10度以上下げてくれるので
冷房の効きも良くなっていいんですが、、、

 

冬場は古い家ほど悲劇を起こします。

 

長崎の家では寒さが増す理由

 

夏場と同様に冬場の屋根裏温度も低くなるのは当然。

そうなると、今までよりも逆に寒く感じることも。

 

メーカーは言います。

今度は室内の熱を逃がさないようにします。

 

そんなことが簡単にできるなら
断熱材なんていりません。

 

そして、冬場の心筋梗塞なんかも遮熱塗料で抑えられるはずがない。

 

 

断熱していない長崎の家は悲劇です。

 

はっきり言って冬場は寒くなります。

エアコンなどは夏場よりも冬場の方が食いますから
寒くなればなるほど逆に電気代は上がっていきます。

とはいえ寒さを我慢しないように。

長崎の冬は、普通に寒いのですが、断熱の意識が低すぎて
みんなストレスを抱えて生きているおかしなことになっています。

 

遮熱をするなら断熱も!

これは合言葉にしたいくらいです。

遮熱だけでは失敗します。

DVにもつながる長崎の住宅がダメな理由とは?

たまに「なぜ先生がリフォームを?」と言われることがありますが
私がリフォームをやる理由が一つあるからです。

 

それは、建てられた建物のレベルがあまりにも低いから。

 

レベルが低すぎる長崎の住宅

 

雨漏りはする、結露はする

断熱は無し。

 

まぁ当時はそんなのが当たり前とはいえ
そのままでいいとは思っていません。

 

そんな家に住んでいてはイライラが募るばかり。

DVや虐待なんて言われていますが
イライラする原因って家の作りの悪さって間違いなくあります。

 

寒ければヒーターをつければいいですが、

つけなければ寒いのは当たり前。

 

でも、知らず知らずのうちに寒さで
ストレスがかかってしまうんです。

 

そのストレスが蓄積されてイライラした気持ちは
あちこちで発散されてしまいます。

 

それが目に見える虐待になるには
相当なストレスがかからないとならないでしょうが
毎日の暮らしに原因があるのは明らかですよね。

 

対処療法的にカウンセリングとかやってますが
もうそろそろハード面の住環境を見直した方がいいと考えています。

 

 

ストレス不幸な家の比率が多い長崎

 

 

幸せに包まれる暮らしを送る家庭と
不幸を背負う家庭が長崎にもあります。

 

でもどちらの比率が大きいかというと
不幸を背負っている家が多いもの。

 

その原因は、断熱もされていない寒くて
汚れていてイライラする家にあるのかもしれませんね。

温かい家庭は暖かい家から。

長崎の家がもっと温かい暮らしを育む家になりますように。

 

 

イタリア産タイルの下に隠されている秘密

4月に入って、桜もやっとポツポツ咲く程度。

今年は天気の影響か、寒さもあったみたいで
いつもよりも一週間以上遅れていますね。

 

お正月すぎの寒い時期に始まったリフォーム工事が
終わりに近づいてきました。

 

内部はほぼ終わり、今は外回りをやっています。

玄関周りにはイタリア産タイルを貼っています。

IMG_9471

入手に時間がかかりましたが船便で無事に届き
エントランスや玄関内にも
イタリア産のタイルを貼っています。

 

この玄関、実はタイル床も断熱仕様になっていて
タイルコンクリートの下には断熱材が入っています。

 

冬場の底冷えする寒さも緩和されます。

 

仕上がってしまえば、普通のタイル土間ですが、
そんな温かい仕掛けがしてあります。

 

 

同じように壁なども、ミッチリと断熱材が隙間なく施されているため
その辺の一般的な長崎の建物とするとあったまった空気も逃げにくく、
外の暑さ寒さも伝えにくくできています。

 

 

南国長崎といわれますが、住んでいる私たちにとっては
フツーに寒いもの。

 

夏はムシムシしていますし、
冬はフツーに雪も積もりますよね。

 

 

暑さも寒さも味わえる幸せな土地ではありますが
過剰な暑さや寒さはストレスの原因になるもの。

 

目には見えないストレスが
体にも心にも余計な影響を与えてしまいます。

 

そんな不快なストレスをエアコンや
ヒーターなどに頼っていても
電気代ばかりかかって住宅貧乏になるだけですよね。

 

心地よさは目に見えませんが
心地よさを作り出す構造もまた壁や床下など
見えないところで働いてくれています。

 

 

 

結露を解消するには補助金が使える内窓が有効

窓からの寒さや結露を止めるために一番費用対効果が高いのは、
窓の断熱を上げることです。

 

たったガラス一枚でできた窓はほとんど外の気温と変わりません。

ましてやアルミサッシは、熱を伝えやすい材料。

窓ガラスと合わせて、外の冷たい温度も伝えます。

 

 

外が寒ければ、
外の寒さも伝えてきます。

 

窓ガラスで結露が起きているのは
ガラスやアルミが冷たくて、
そこに触れた空気が冷やされてしまうからです。

 

 

冷たいと、空気中の水蒸気が結露となって表れます。

しかも、室内の空気は湿っていて
水分をたくさん含んでいますので
防ぐことは難しいです。

 

結露を防ぐには、冷たい空気に触れさせないこと。

 

 

その中で最も効果的で費用対効果が高いのは
断熱内窓を設置することです。

 

サッシメーカー各社がだしていますし
大きな差はありません。

 

ただし、ガラスを2重にするのか、1枚なのか
LOWeガラスにするのかで性能は違ってきますが
内窓があるのとないのでは大きな差がでます。

 

内窓サッシ枠は樹脂製なので
熱を伝えにくく、既存の窓との間に空気層もできます。

 

そのため、窓からの冷気の侵入はかなり防いでくれますから
温かい空気が窓際で冷めにくくなります。

 

 

また、夏場の熱気もシャットアウトしますので
室内の冷房効果も格段に上がって快適な夏を過ごすこともできます。

 

 

何よりほとんど汚すこともなく、騒音も出ず
1日で工事がすむところが内窓の利点ですね。

 

結露対策もですが補助金対象でもありますのでオススメです。

 

 

 

寒い長崎の暮らし、窓際の結露を減らすには、、、

窓周りからのコールドドラフトは
人によってストレスを感じるらしいです。

 

ですが、それ以上に多くの人が
ストレスを感じるものがあります。

 

それは窓ガラスの結露

 

ガラスに結露した水が、滴り落ちて
床をボロボロにすることもあります。

26968

 

 

 

気づいたらカーテンが黒カビだらけ!

なんてこともよくありますし
カーテンがじゃまして気づかなかったけど
窓の脇の壁まで黒カビが生えてしまうこともよくあります。

 

OKやナフコなどでも、
結露を止めるフィルムなどありますけど
はっきり言って効き目はありません。

 

あんなもので止まるのなら、
とうの昔に結露問題なんて解決されてます(笑)

それにサッシメーカーだって
結露防止フィルムを考えます。

 

もちろんあんな結露防止フィルムで止まるはずがありません。
しかも見た目が貧相で、
なんだかみすぼらしく見えます。

 

部屋の中もドヨーンとして、
気持ちもよくありません。

 

結露を止めるには水分を減らす

 

ガラスの結露は確かに厄介です。

 

結露を止めるには、
水分を減らす以外に方法がありません。

 

 

ちなみに人がいるだけで、呼吸しますし
毛穴からも水蒸気を出していますので
それだけでも水分を放出しています。

 

 

寝てるだけでも汗などで大量の水分を放出する生き物、
部屋の中は水分だらけなのです。

 

 

まぁ人間は仕方がないとして、
石油ストーブやガスストーブは、
1Lあたりほぼ全て1L分の水分を水蒸気として放出しています。

 

 

洗濯物も部屋干しすると、大量の水分を放出しますので
結露の原因になりますね。

 

 

 

これらの水分を減らさなければ
結露の悩みは解決しません。

 

どうしてエアコンで温めてもヒンヤリ感が消えないの?

 

 

大きな窓は、冬場晴れていればポカポカ陽気が暖かいのですが、、、

長崎といえど、普通に朝晩は寒いですし
先日なんて雪までちょっと積もりましたしね。

 

窓際からは朝早くとか夜になると
ヒンヤリ冷たい空気が流れてきます。

 

特に寝室とかだと、
横になるため、窓は上の方になりますよね。

 

頭元の窓などから、
ヒンヤリ冷たい冷気がスーッと入り込んできて
エアコンをしていても、全然よくなりません。

 

それもそのはず、エアコンは空気を温めるだけです。

IMG_2638

この冷気の正体とは?

 

この現象は冷やされた空気と温かい空気の温度差で生まれます。

 

部屋の中はそこそこ温かくても
窓際になると空気は冷たいもの。

 

温度差が生まれると、冷たい空気は温かい方へ、
温かい空気は冷たい方へと流れていきます。

 

そうやって温度は一定になろうとする力が働きますので
一定の温度になるまで空気の流れは続いてしまいます。

 

 

もちろん一定の温度にはなりません。

 

 

寒い間じゅう、部屋の中の温度は一定にはなりません。

写真にもあるように、部屋の壁は黄色ぐらいのそこそこ温かいレベルでも
窓ガラスはは冷たくて青色になります。

 

なぜなら、窓の断熱が非常に貧弱だからです。

以前のアルミサッシに一枚ガラスだともはや外と同じレベル。

外が5度程度なら、窓の表面温度は7度程度。

 

でも、、、部屋の温度はエアコンなどで
20度近くに設定していますよね。

 

 

たとえエアコンを切った後でも、室内空気は15度ぐらい、
窓はやっぱり7度だと、温度差がありますので窓からの
ヒンヤリ、コールドドラフト現象が起きてしまいます。

 

断熱が弱い部分、弱い部屋があれば
ヒンヤリ感や冬場の結露の原因にもなってきます。

 

 

長崎の寒い冬のヒンヤリ感を防ぐバリア?

長崎でもここ最近寒い日がつづいています。

一月は雪が降りましたが、また週末は雪の荒れた天気になるようですね。

 

そんな寒さもあるため、断熱の依頼が殺到しております。

しかも意外と簡単に、断熱を実感できる魔法のバリアがあります。

 

それが「内窓」です。

 

先日、寝室の大きな窓に内窓を取り付けました。

 

もともと昔の単板ガラスの窓でしたので、

ガラス面の温度はほとんど外気温と同じ。

外が5度ならほぼガラス面は5度

外が30度ならガラス面も30度

といった具合に、外と内の境界が本当にないのが
単板ガラスの特徴ですが。

 

もちろん部屋の温かさもどんどん奪われます。

 

特に寝室などではベッドを壁際によせているため
窓からの冷気がスーッとひんやりした風がくるのが不快でたまりません。

 

部屋は温まっているのに、窓際が寒いのは
単板ガラスの断熱性能が低いから起きてしまいます。

 

 

それを効果的に止めるのが「内窓」とよばれる窓材です。

寝室だけ、リビングだけといった部屋で区切ってつけても
効果は感じられます。

 

結露にも多少効きますが、
結露は部屋の中の水分量を根本的に減らさない限り
その悩みは解決しません。

 

まぁ、それ以上に冷暖房効率が格段に上がるのがいいですね。

しかも工事はたったの1日、一部屋程度であれば数時間もあれば
終わってしまいます。

 

部屋がのこ屑などで埃っぽくなることもなく、どこも剥ぐこともなく
ピタッと窓枠に取り付けるだけで、ヒンヤリした空気を止めて
不快な感じを取り除いてくれます。

 

長崎の家はほとんどすべての家が断熱が弱いため
内窓をつけるだけでグッと変わります。

 

遮熱塗料を塗ったあとに気づく冬場の後悔(笑)とは?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 
 

遮熱塗料はたしかにぐっと熱を下げるんですが、、、

どうも問題がありそうです。

 

夏場は遮熱に意識が向きがちですが
冬場は逆に寒くなるかも?

証拠写真がこちらです

↓↓↓↓

IMG_2600

 

遮熱は内部の熱を逃がさなくする、、、というけど
気密が悪い家は逃げまくります (笑)

 

遮熱で済むなら断熱材はいらない

 

薄い塗膜レベルで内部の熱を逃がさなくするなら
断熱材などいらないわけで
北海道でも遮熱塗料だけで賄われてもいいのです。

 

 

ですがそんなことはありません。

 

断熱性能は質量や空気量で決まります。

 

重いものほど熱は伝わりにくく
軽いものほど伝わりやすいです。

 

 

スポンジ状のものであれば空気をたくさん含んでいるので
熱も伝わりにくくなります。

 

木材やレンガも中に小さな空気をたくさん含んでいるため
熱を伝えにくくしています。

 

断熱材もたくさんの空気を密封しています。

 

 

軽くても性能がいいものはたくさんの空気を含んでいます。
ビニルに包まれているもの、板状の発泡スチロールみたいなもの。

 

どれも密封しているから性能があります。

 

 

ですが建物は基本的に密封されていませんし、ちょっと前まで
二階の天井に断熱材すらしていない建物も
長崎にはゴロゴロあります。

 

 

断熱されていないなら、小屋裏(二階天井裏)の暖かさが
そのまま部屋の温度を左右します。

 

 

冬場のポカポカした天気でも、なぜか寒い。。。

スカスカな上に屋根面を遮熱された建物は

お日様の暖かさも跳ね返しして屋根裏の温度は上がることはありません。

 

 

遮熱だけやっても片手落ちにおわるおそれがあります。