気持ち良さ

台風と祈りの長崎に暮らす心がけを

お電話いただく皆様から
台風前の忙しい時にと温かいお言葉をいただき
ありがたい限りです。

お心遣いが本当に嬉しい。
ありがとうございます。

 

そう、今まさに台風が来ていますね。
稀に見る強い勢力のものらしい。

 

世の中がパニックになっている模様。

確かにわかります。

ですが、だからと言ってどうか思いやりは忘れないで。

 

私たちは長崎で暮らしています。

 

長崎の人の念い方次第で、台風は爪痕を残しますし
優しく通り過ぎてくれることもあるでしょう。

 

それでも、やはり暴風圏内に入るでしょうし
無傷では済まないでしょう。

 

大きな災害にならないことを祈りましょう。

 

祈りなどを非科学的として
ないがしろにして来た社会ですが
ここ長崎はやっぱり「祈り」が似合うところ。

 

たとえキリスト教徒でなくてもいいのです。

私も仏教徒。

ふつーに普通の日本人。

 

でも、科学的に理解できるのは5%がせいぜい。

残り95%は神仏の世界にあるんだなと思います。

 

今回の台風、人間様にはどうにもできません。

神のみぞ知ることかもしれません。

 

ただし、念じて圧はかけないように!

 

念じる強さは圧力として新たな気の変化を生みます。

それが気圧の元になります。

 

 

結局今回の台風と共に良い流れになることでしょうから
そうなることを楽しみにしましょう。

 

関東などよりは災害慣れしている九州なら
なんとかこの災害も乗り切れるのかもしれません。

 

きっと私たち一人一人の気の持ちようにかかっています。

 

何が起こっても大丈夫!
楽しむだけです。

 

滅多にないことが起きても
それはそれで楽しみましょう!

 

どうか口から不幸な言葉だけはやめましょう。
幸せがあなたから逃げていかないように。

 

台風と共に幸せが訪れることを楽しみに(^_^)

美しく仕上げることが大切!

美しくつくること。

このコロナの最中もありがたくお仕事をさせていただいております。

 

テキトーでいいよ!

なんて言う人もいますがそれでは家に失礼です。

 

現代人は家に対して単にモノとしてしか
見なくなった人も少なくありません。

それはとても残念なことなのですが。

 

家もあなたの家族の一員です。

 

家が荒れるとお金がたまりません。

病気にもなります。

不運が続くこともあります。

 

あんしん塗装部やしあわせリフォーム部は
おかげさまで長崎でもしあわせなご家族の皆様から
お声かけいただいております。

 

気持ちが伝わってくれることを
ありがたく感じているコロナの今日この頃。

 

 

写真は、バルコニー手すりの養生シートをはいでいるところ。

 

 

工事中は汚してしまいかねないこともあります。

美しい家に仕上げるためにも
手間は惜しみません。

 

おかげさまで綺麗な家が諫早にまた一つ増えました。

ありがとうございます!

 

【長崎の現場より】木製窓の美しさを際立たせるメンテ中

こんにちは。

コロナは多少収束気味な形になってきましたが
まだまだ予断はゆるされませんね。

 

それでも五月になって、一気に夏のような天気。
気温も25度以上になったり。

 

湿度もカラッとしていて
メンテナンスするにはいい時期ですよね。

 

写真は木製窓をメンテナンス中の写真

 

 

 

オランダ製の木製塗料を塗っております。

質感は、ヨットなどの木製品に塗るような雰囲気の仕上がり。

艶があって、木の美しさが際立ってきます。

 

木製品のメンテナンスは必須だけどやっぱり美しい!

 

木製のものはたしかに面倒。
10年なんて保ちません。

遅くとも3年に一回はメンテしなければなりません。

 

でも、エイジング加減は本当に美しくなります。

これは、プラスチック製品には出せませんし
新建材の品物には不可能に近いこと。

 

もともと生き物だった素材ですから
ちゃんとメンテナンスをすると
イキイキしてきます。

暮らしの雰囲気もとても良くなりますし
やはり今でも、格式の高さは木製がアルミや新建材よりはるかに高くなります。

 

美しく暮らすことは新しい時代の要請

 

コロナのおかげで、今までの価値観も大きく変わろうとしています。
美しく暮らすということの価値が問い直される時代に入りました。

 

身近な身の回りの暮らしの質を上げていくことは
結果として自分の人生の質を上げていきます。

 

長崎でもそんな暮らしをできる人が
もっと増えていきますように。

 

 

内装やりかえも外装メンテも長崎オリガミプロジェクト

こんにちは。
CMでもオリガミプロジェクト がながれていますね。

 

ホント、家は手に入れてから
メンテナンスを怠ると大変なことになってしまいがち。

 

もちろん、建てた当初はそんなことも分かるはずはありません。

そして、仕事に子育てにと毎日追われますから
家のメンテナンスなんて二の次になるのも
仕方ありません。

 

それでも10年も経つと結構外装も色あせや
傷みが目立ってきたりするもの。

 

内装の壁紙15年もしてくると大分傷んでいますし、
水廻りも省エネ節水タイプではないため、水道代もバカにならなかったり。

 

長崎の家のメンテナンスを考えるとオリガミプロジェクト 

 

省エネで水廻りを交換するのはもちろん、
断熱窓や、床暖房だって補助金対象になります。

 

それから、汚れたり劣化した壁や床も認められますし
外装の塗装や雨漏り修繕もオリガミプロジェクト が使えます。

 

 

 

築30年近い建物でも、このように内装を変えるだけで
スッキリモダンで素敵な部屋に変わるのも魅力。

 

メンテナンスをすることで家の価値も蘇ります。

壊してしまうよりも、価値ある家を長崎に。

 

詳しくはオリガミプロジェクト まで。

 

 

オリガミプロジェクトが長崎新聞に掲載されました!

 

先日長崎新聞にオリガミプロジェクトの記事が掲載されました。

 

 

いろいろな家を診る中で、雨が多いからか雨漏りが多いのが長崎。

体の病気と同じように早期発見して対処すれば
おおごとになりません。

 

でも、部分的な補修で済ませていることも多くて
対処療法にしかなりません。

 

本来傷んだ箇所は全て取り替えることが必須。

 

そんな工事にも使えるようにいろいろと検討を数年がかりで進めてきました。

 

国土交通省からの補助を活用して
長崎独自の補助金制度を「オリガミプロジェクト」として始めることになりました。

 

もちろんあなたの家が長く住めるようにするのですが
その先には長崎という歴史を育む一人として、
あなたの暮らしが続いていくことを願って。

 

人が作る温かみのある家。

価値が目減りしていかないようにメンテナンスを行いながら
100年以上保たせていくことも可能になるでしょう。

 

そんな建築文化が日本に根付いていきますように。

長崎が全国に先駆けて初の試みとなります。

↓↓↓↓

オリガミプロジェクトまで

 

庚の年の決意新たに

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

素敵なお正月を迎えられました?
長崎は天気も良くてのんびりした時間が久々にすごせたお正月でした。

 

今年も年明けから初詣をし
今年一年を祈願してまいりました。

 

 

今年は庚の年。

 

改まることがたくさん起こる年ですので
そのことを念頭に動いていく所存です。

 

幸せあふれる思い出いっぱいの暮らしを長崎で広めること

作り手も一緒に楽しみながら
出会う皆様との時間も大切に今年一年も精進していきます。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

車庫にアートの抽象画を

ただいま 事務所の壁というか車庫の壁を塗り替えしています。

キャンバスに見立てて絵、といっても抽象的なものになりますが
描く予定です。

 

 

 

 

 

実はツバメに愛されている車庫のため、上側はそのままにしています。

また来年もツバメたちが戻ってきてもいいように。

もちろん絵を描いても汚されるかもしれません。
でも、それもまたツバメとのコラボレーションのようなもの。

 

現代人は何でも排除してしまって
弱くなりました。

 

自分たちとは異質なものを
日々の暮らしに受け入れる。

 

長崎という田舎で
当たり前のことだったものが
いつのまに当たり前ではなくなりました。

 

虫や鳥たちと一緒に暮らせることに
感謝しつつ。

 

素敵な暮らしを送る人たちと出会えることに感謝しています。

 

 

長崎らしいお盆に、ご先祖様に、そして家に感謝と愛情を。

お盆はゆっくりとした時間が過ごせましたか?

台風騒ぎもありなかなか
落ち着かなかったかもしれませんね。

 

お盆といえば墓参り。
そして長崎といえば墓場で花火!

 

とはいえ、台風の影響で風が強くて花火まではしていませんが。

 

久々にあちこちのお墓参りをしながら
懐かしい人に出会ったり、ご先祖様にお礼を伝えたり。

おかげさまで素敵なお盆になりました。

 

戦後の代償が家にも出ている!?

 

私たちは物理的な世界で家を作ることはできます。

でも、戦後豊かになった代償として目に見えない世界は
どこか端っこに追いやって生活しているように思えます。

 

たくさんの家を見るので、
時には私たちの世界とは違うところからの
メッセージめいたものもあったり。

 

そんなこともあるので、手を合わせて感謝と安全そして
この土地の繁栄をいつもお願いしています。

 

激動と変革の一年ですが、、、

 

お盆が過ぎればあっという間に年の瀬が迫ってきます。

今年は大いに変わる年。
いろんな意味で変革を迫られることがあるでしょう。

 

そんな激動の一年をご先祖様も見守ってくれていることでしょう。

 

今年も素敵な方々とご縁を繋いでいただいています。
ただの修繕ではなく、幸せな暮らしが送れるように作り変えること。

 

見た目のハリボテ住宅ではなく
住む人の愛情が育む素敵な暮らしができる家をもっと増やしていきます。

 

繁栄する家は愛がある

 

不思議ですが繁栄していく家は
決まって「愛情」が溢れ出ています。

 

言葉に行動に、そして家の状態にも
現れてくる不思議なこの愛情を
私たちも少なからずお手伝いして
幸せな暮らしが広がりますように。

 

あなたとの素敵な出会いを楽しみにしています。

 

出会いに感謝。

 

 

 

長崎で荒れてる墓で繁栄している家はありません

こんにちは。例年この時期は本当に暑いですね。

 

ですが朝早く涼しいうちに墓掃除して来ました。
お墓まいりしていますか?

 

 

きっと長崎県にお住いのあなたは普通のことなんでしょうけど、、、

でも、あまり墓まいりもしない方も中にはいるようで。

 

 

荒れている墓で繁栄しているところはない

 

これ、ほんとそう思います。

墓が荒れているところで、生活がうまくいっている家ってないですよね。

いろんなトラブルに見舞われています。

 

仲がいい家族や親族ならお墓も綺麗。

その綺麗さは、ただ無機質な清潔さとは違います。

 

なんか人間味のある小綺麗さというか
温かみというか。魂が宿っているというかですね。

 

ホッとする場所になっているのが大切だなぁと思います。

 

家の中も綺麗にしておきましょう。

 

墓が荒れているところは少ないかもしれませんが
家の中が荷物だらけ、、、というのはやっぱり良くありません。

 

仏間の部屋に荷物だらけとかはやめてくださいね。
お盆も来ますし早めに片付けて風通しよくしておきましょう。

 

この風通しが悪くて家の中がジメジメしてしまいます。

結果として病気になったり湿っぽいとシロアリもきやすくなります。

 

お盆も来ることですから、身の回りを綺麗にすることを心がけましょう。
今年は八白の年でもありますので、特にしっかりしたいところですね。

 

ただ、この暑さですから休みながら無理しない程度に。

日頃から片付ける習慣も身につけつつ綺麗にしていってください。

 

 

梅雨時夏場の塗装工事中もエアコンは使えるので快適です

こんにちはあんしん塗装部です。

 

だいぶん梅雨らしくなってきたようですね。

雨も降ってくれたおかげで近所の田んぼも水を張って
田植えが無事に終わったようです。

 

これからの季節は
どんどん湿気もあがり蒸し暑くなっていきますね。

 

そんな時期に工事するとなると
気になるのがエアコンがつかえるかということ。

 

安心してくださいエアコンは使えますよ!

 

 

エアコンが使えないとこれからの季節は
大変ですよね。

 

 

「エアコンが使えないのでは?」

 

という質問をされるのですが
あんしん塗装部では
専用のカバーを取り付けて
工事中も快適に室内で過ごせるように
工夫しております。

 

ですから、今あるエアコンは
そのまま使ってもらって構いません。

もちろん外は湿気があってムシムシしていますが
あなたの家の中はエアコンを使うことで
いつも通り快適な暮らしが可能です。

 

ただ、足場やネットがかかっているので
多少暗さや目障りな感じはありますが、、、

 

おうちをリフレッシュしてイキイキと蘇らせるために
少しの間だけよろしくお願いします。

 

長崎に素敵な家がもっと増えますように。