長崎の雨漏りの典型パターン木部が濡れ続けるとこうなる!

こんにちはあんしん塗装部です。

梅雨らしい天気といえば聞こえはいいとしても
この諫早も結構ジメジメしております。

何でもかんでもカビそうですね。

 

ちなみに木材もこの時期は非常に傷みやすいものです。

特にご自宅で外部に面しているところや
雨漏りしているところはふやけてボロボロに。

 

外部の壁や屋根周り、窓周りに木が使われていたら
ペンキで塗られているのが普通です。

でも、劣化してペンキが剥げてくると
写真のように木部がブヨブヨになってくることも。

 

写真ではわかりづらいですが
下地の木の部分が濡れてブヨブヨしています。

 

雨漏りが続くとブヨブヨに

 

水分を含んだ上にこの湿気と温度で
「木材腐朽菌」が活発に動きます。

そうなると木材をブヨブヨに弱らせてしまいます。

もうブヨブヨになってしまったら木材として役に立ちません。

 

こうやって壁や屋根からの雨漏りが
壁の中に入り、高温多湿なこの時期にブヨブヨにしていきます。

 

長崎でよくある典型的な雨漏りの状態なんですが、、、

 

ここまでくるともう取り替えになります。

壁の場合はその壁面は念のため全部剥いでから
やり直しです。

部分的な補修ではまた同じことがおきますので
オススメしません。

 

これ以上我が家が痛んで使い物にならなくなる前に
早期発見早期治療をしてください。

人間の病気と一緒ですね!

 

 

【諫早の現場より】雨漏りの一番の原因になる箇所とは?

こんにちは。あんしん塗装部です。

 

雨漏りの主な原因に挙げられるのが屋根や壁の劣化ですが、

実際に雨漏りを起こしやすいところはどこだと思いますか?

 

実は窓周りが雨漏りの原因だったりします。

 

屋根はしっかりしていても、窓周りが傷んでいると
そこから雨水が横雨で入り込んでくることが
雨の多い長崎では珍しくありません。

 

 

写真の作業は珍しい作業になりますが
外壁の下をシールで塞がれていたため切り開けて隙間を作っているところ。

 

 

普通この部分は入り込んだ雨水を排出できるように開けてあります。

ですが、雨漏りの応急処置の時に処置をされた方が
念のためこの部分も塞いでしまったのでしょう。

 

結果として、、、窓周りから入り込んだ雨水の逃げ道がなくなってしまいました。

 

地道な作業ですが、建物が長持ちするように
閉じてしまった壁の下端を丁寧に開け直す作業をしています。

 

もちろん窓周りの防水をしっかりしていなければ雨漏りは治りません。

 

あんしん塗装部では、塗装前にしっかりと窓周りのシール処理など
雨対策をした上で塗装作業に入ります。

 

ただ塗るだけではさすがに雨水は防げませんので。

長崎の窓周り防水意識はまだまだ低い?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

年度末はおかげさまで忙しい日々を送っております。

今週も天気が悪く、風も強くて
なかなか仕事になりませんでした。

それでも、内部の解体工事などは問題なく進みます。

 

 

雨漏りも雨が降っているとわかりやすいですね。

 

写真は窓下の雨漏り。

 

 

 

 

 

築20年ほど経っています。
白いシートは防水シート。

写真上の方に窓があり、ここは窓下の角部分です。

この部分からよく雨漏りします。

 

2010年以前の建物は防水シートも期待できない

 

長崎のように雨がよく降る地域であっても
ちゃんと防水を意識するようになったのは
ここ最近です。

それ以前の建物は
窓周りの防水はほとんどなってません。

 

写真の防水シートもただそこにあるだけでした。

そこにあるだけとは
窓サッシとの境目に防水テープなどが貼られていない状態。

 

ですから、窓サッシの枠のどこかから漏れると
防水テープがないため
風圧や水圧で押し出されて内部に漏れる状態。

 

そんなことを繰り返してユックリじんわり
木材が傷んで行きました。

 

決してひどくはありませんが
内部から防水することは難しそうです。

 

この場合は、外装板とサッシの取り合いを
しっかり防水しなければなりません。

 

その防水方法を検討するためにも
このように内部を解体したり
外部も場合によっては解体することが
解決する近道になります。

 

 

 

部屋に滲み出てきた雨漏りは要注意!

梅雨ですね!
この時期雨に濡れた庭の緑が美しいのですが
建物にとっては心配な時期。

 

長崎南部もやっと雨が降っていますが、
ふと気づいたら雨漏り、、、なんてことありますよね。

 

じんわり天井の端の方が濡れていたり
窓の下の壁が濡れてクロスに雨染みがでていたら
結構しみています。

 

多少の雨なら漏れてきません!

 

多少の雨の染み込みであれば
実は部屋の中までは入ってきません。

 

屋根の軒先から侵入したとしても
屋根裏にシミができるくらいで、多少ポタポタと落ちても
天井材が吸い込んで終わってしまいます。

 

それにクロス仕上げの場合
クロス自体が止めてしまって表面まで染み出してくるには
時間がかかるんです。

 

だから雨染みが室内に出てきたら要注意!

 

雨染みが室内に出てきたということは
ずっと漏れていて、天井材や壁材も
水をこれ以上吸い込めない!というくらい
含んでしまっている状態です。

 

となると、壁や天井ボード材を取り付けている
木材もずーっと雨がしたたってきているわけです。

 

そんな状態がつづいて、しかもムシムシした天気が続くと
木材を腐らせていく木材普及菌が
喜んでボロボロ、ボソボソにしていきます。

 

雨漏り補修で壁を外したら
下地の木が真っ黒でボロボロになっていた、、、
という状態がよくあるのはこのせいです。

 

梅雨時は雨漏りに気付きやすい時期。
気づいたら早めに対処してください。

結露を解消するには補助金が使える内窓が有効

窓からの寒さや結露を止めるために一番費用対効果が高いのは、
窓の断熱を上げることです。

 

たったガラス一枚でできた窓はほとんど外の気温と変わりません。

ましてやアルミサッシは、熱を伝えやすい材料。

窓ガラスと合わせて、外の冷たい温度も伝えます。

 

 

外が寒ければ、
外の寒さも伝えてきます。

 

窓ガラスで結露が起きているのは
ガラスやアルミが冷たくて、
そこに触れた空気が冷やされてしまうからです。

 

 

冷たいと、空気中の水蒸気が結露となって表れます。

しかも、室内の空気は湿っていて
水分をたくさん含んでいますので
防ぐことは難しいです。

 

結露を防ぐには、冷たい空気に触れさせないこと。

 

 

その中で最も効果的で費用対効果が高いのは
断熱内窓を設置することです。

 

サッシメーカー各社がだしていますし
大きな差はありません。

 

ただし、ガラスを2重にするのか、1枚なのか
LOWeガラスにするのかで性能は違ってきますが
内窓があるのとないのでは大きな差がでます。

 

内窓サッシ枠は樹脂製なので
熱を伝えにくく、既存の窓との間に空気層もできます。

 

そのため、窓からの冷気の侵入はかなり防いでくれますから
温かい空気が窓際で冷めにくくなります。

 

 

また、夏場の熱気もシャットアウトしますので
室内の冷房効果も格段に上がって快適な夏を過ごすこともできます。

 

 

何よりほとんど汚すこともなく、騒音も出ず
1日で工事がすむところが内窓の利点ですね。

 

結露対策もですが補助金対象でもありますのでオススメです。

 

 

 

結露に悩む長崎の窓を今スグ解消する方法

長崎県でも冬場は寒くて、室内窓ガラスに結露はおきやすいもの。

そんな結露を解消するのに必要なのは
扇風機だけです。

2516537

 

 

冬場に扇風機?

 

そんなの寒すぎる!と思うかもしれません。

扇風機というよりはサーキュレーター。

 

空気を循環してくれる役割をします。

 

よく、吹き抜けのある家で
天井高くに扇風機が付いている家ってありますよね?

あれってオシャレではありません。

 

よく吹き抜けの家でもアレを回していないところが長崎でもよくありますが
あの扇風機は回さなければなりません。

 

 

空気は温かいところと寒いところに分かれる

 

 

特に温度差で天井近くは温かく
床付近は冷たくなります。

 

しかも窓際は冷たく、家の中央は温かくなります。

 

その温度差で結露するんですが、
やってもらいたいことはただ一つです。

 

 

窓を3分でいいので開ける。

 

五分程度開けたほうが効果があるでしょうが、

3分でもいいでしょう。

 

とにかく空気を入れ替えれば室内の湿った空気と
冬場の乾燥した外気が入れ替わってくれます。

これだけで室内湿度がぐっと下がりますよね。

 

寒いからあけたなくない。。。

 

寒いと思うのは空気が冷たいからですが
本当に温めないといけないのは壁です。

 

 

ちなみにあなたの家の壁もそこそこ温められていますので
少し窓を開けた程度では冷えません。

 

窓を閉めればスグに空気も元の温度に戻ってくれます。
しかも湿った空気も入れ替えられて一石二鳥です。

 

結露を止めるには、
洗濯物やストーブなどの室内の発生源を減らす
そして、窓を開けて新鮮な空気と
湿った空気を入れ替えるだけで止まります。

 

 

 

寒い長崎の暮らし、窓際の結露を減らすには、、、

窓周りからのコールドドラフトは
人によってストレスを感じるらしいです。

 

ですが、それ以上に多くの人が
ストレスを感じるものがあります。

 

それは窓ガラスの結露

 

ガラスに結露した水が、滴り落ちて
床をボロボロにすることもあります。

26968

 

 

 

気づいたらカーテンが黒カビだらけ!

なんてこともよくありますし
カーテンがじゃまして気づかなかったけど
窓の脇の壁まで黒カビが生えてしまうこともよくあります。

 

OKやナフコなどでも、
結露を止めるフィルムなどありますけど
はっきり言って効き目はありません。

 

あんなもので止まるのなら、
とうの昔に結露問題なんて解決されてます(笑)

それにサッシメーカーだって
結露防止フィルムを考えます。

 

もちろんあんな結露防止フィルムで止まるはずがありません。
しかも見た目が貧相で、
なんだかみすぼらしく見えます。

 

部屋の中もドヨーンとして、
気持ちもよくありません。

 

結露を止めるには水分を減らす

 

ガラスの結露は確かに厄介です。

 

結露を止めるには、
水分を減らす以外に方法がありません。

 

 

ちなみに人がいるだけで、呼吸しますし
毛穴からも水蒸気を出していますので
それだけでも水分を放出しています。

 

 

寝てるだけでも汗などで大量の水分を放出する生き物、
部屋の中は水分だらけなのです。

 

 

まぁ人間は仕方がないとして、
石油ストーブやガスストーブは、
1Lあたりほぼ全て1L分の水分を水蒸気として放出しています。

 

 

洗濯物も部屋干しすると、大量の水分を放出しますので
結露の原因になりますね。

 

 

 

これらの水分を減らさなければ
結露の悩みは解決しません。

 

どうしてエアコンで温めてもヒンヤリ感が消えないの?

 

 

大きな窓は、冬場晴れていればポカポカ陽気が暖かいのですが、、、

長崎といえど、普通に朝晩は寒いですし
先日なんて雪までちょっと積もりましたしね。

 

窓際からは朝早くとか夜になると
ヒンヤリ冷たい空気が流れてきます。

 

特に寝室とかだと、
横になるため、窓は上の方になりますよね。

 

頭元の窓などから、
ヒンヤリ冷たい冷気がスーッと入り込んできて
エアコンをしていても、全然よくなりません。

 

それもそのはず、エアコンは空気を温めるだけです。

IMG_2638

この冷気の正体とは?

 

この現象は冷やされた空気と温かい空気の温度差で生まれます。

 

部屋の中はそこそこ温かくても
窓際になると空気は冷たいもの。

 

温度差が生まれると、冷たい空気は温かい方へ、
温かい空気は冷たい方へと流れていきます。

 

そうやって温度は一定になろうとする力が働きますので
一定の温度になるまで空気の流れは続いてしまいます。

 

 

もちろん一定の温度にはなりません。

 

 

寒い間じゅう、部屋の中の温度は一定にはなりません。

写真にもあるように、部屋の壁は黄色ぐらいのそこそこ温かいレベルでも
窓ガラスはは冷たくて青色になります。

 

なぜなら、窓の断熱が非常に貧弱だからです。

以前のアルミサッシに一枚ガラスだともはや外と同じレベル。

外が5度程度なら、窓の表面温度は7度程度。

 

でも、、、部屋の温度はエアコンなどで
20度近くに設定していますよね。

 

 

たとえエアコンを切った後でも、室内空気は15度ぐらい、
窓はやっぱり7度だと、温度差がありますので窓からの
ヒンヤリ、コールドドラフト現象が起きてしまいます。

 

断熱が弱い部分、弱い部屋があれば
ヒンヤリ感や冬場の結露の原因にもなってきます。

 

 

長崎の寒い冬のヒンヤリ感を防ぐバリア?

長崎でもここ最近寒い日がつづいています。

一月は雪が降りましたが、また週末は雪の荒れた天気になるようですね。

 

そんな寒さもあるため、断熱の依頼が殺到しております。

しかも意外と簡単に、断熱を実感できる魔法のバリアがあります。

 

それが「内窓」です。

 

先日、寝室の大きな窓に内窓を取り付けました。

 

もともと昔の単板ガラスの窓でしたので、

ガラス面の温度はほとんど外気温と同じ。

外が5度ならほぼガラス面は5度

外が30度ならガラス面も30度

といった具合に、外と内の境界が本当にないのが
単板ガラスの特徴ですが。

 

もちろん部屋の温かさもどんどん奪われます。

 

特に寝室などではベッドを壁際によせているため
窓からの冷気がスーッとひんやりした風がくるのが不快でたまりません。

 

部屋は温まっているのに、窓際が寒いのは
単板ガラスの断熱性能が低いから起きてしまいます。

 

 

それを効果的に止めるのが「内窓」とよばれる窓材です。

寝室だけ、リビングだけといった部屋で区切ってつけても
効果は感じられます。

 

結露にも多少効きますが、
結露は部屋の中の水分量を根本的に減らさない限り
その悩みは解決しません。

 

まぁ、それ以上に冷暖房効率が格段に上がるのがいいですね。

しかも工事はたったの1日、一部屋程度であれば数時間もあれば
終わってしまいます。

 

部屋がのこ屑などで埃っぽくなることもなく、どこも剥ぐこともなく
ピタッと窓枠に取り付けるだけで、ヒンヤリした空気を止めて
不快な感じを取り除いてくれます。

 

長崎の家はほとんどすべての家が断熱が弱いため
内窓をつけるだけでグッと変わります。

 

【質問】塗装中もエアコンは使えますか?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 

塗装工事の時は、足場がかかるし、ネットで遮られるし
窓から何から何までシートで覆われてしまいます。

 

ただでさえ蒸し暑い長崎の夏場は、
窓も開けられないので住まわれている方には大変ご迷惑をおかけします。

 

 

しかし、以外と長崎も冬場はさむいもの。
窓を開けることも少ないでしょうが、それでも閉塞感が出てきそうです。

 

 

よく質問されることの一つに、エアコンがあります。

 

「エアコンはつかっても大丈夫ですよ」

 

外部にあるエアコンの室外機。これはそのままでは汚しますし
汚さないようにするにはシートで覆うしかありません。

 

ですが、覆ってしまうと、ショートサーキットを起こして壊れてしまいます。

 

そうならないために、あんしん塗装部では
特別なエアコンカバーをつかっています。

室外機のファン部分がメッシュになっているため
エアコンをつかってもショートサーキットを起こす心配はありません。

 

このカバーがあるおかけで、外で塗装をしていたとしても
夏場も冬場も室内はエアコンで快適にすごせます。

 

ただでさえ窓も開けられず鬱陶しい足場養生たち。

 

あんしん塗装部では、
あなたに少しでも快適に過ごしていただければと考えています。