耐震

古い家必見!たった1日で音漏れに強いスムーズな玄関に!

こんにちは。しあわせリフォーム部です。

 

古い玄関扉を外して、新しい玄関を取り付けています。

当たり前に玄関を取り替えるとなると、実はとても大変なんです。

 

なぜなら、玄関の扉って、レールとかかが床に埋まっているから
掘り起こさないと取れないんです。

 

 

ですが、リフォーム用の玄関扉であればレールはそのままにして
扉だけ外して新しい枠ごと新しい扉が取り付けられます。

 

たった1日で動きがスムーズで断熱防音された玄関に!

 

長崎の古い家でよくきくのが
冬場玄関からの隙間風が寒い!というお話。

 

昔の玄関は気密も悪くて
隙間風だらけ。それは昔の仕様だから仕方ありません。

 

新しい玄関は、ペアガラスで断熱されているし
おかげで外の音も防音されています。

 

玄関ホールでしゃべっている声が
外に響いていたのが漏れにくくもなりますね。

 

しあわせな暮らしをつくるしあわせリフォーム部

 

あんしん塗装部だけでなく
古い家を使いやすくするためのリフォーム。

住んでいる方の幸せな暮らしを応援するリフォームも
しあわせリフォーム部が手がけています。

 

外装周りのプロだけでなく
内装や水回り、耐震のプロもいるため
しあわせな暮らしを求めている長崎市や
諫早県央地区にお住いの皆様と末長く
素敵なお付き合いをさせていただいております。

ありがとうございます!

エッ!長崎なら補助金で耐震化できるってホント?

日本中どこにいても
もう地震はありそうな気配ですよね。

 

長崎は耐震の意識が低かったためか
10年くらい前まで大した耐震のことは新築でもやっていません。

 

基本的に2013年の東日本大震災以前の長崎の建物は
一度確認したほうがいいでしょう。

 

まぁ2000年代の建物ならまだしっかりしているかもしれませんが
木造住宅ではそこまでの意識がなかったはずなので
あまり期待はできないです。

 

耐震化は確かに費用がかかります。

 

もともと頑丈であれば30万円程度でおわるかもしれませんが
シロアリにやられていたり雨漏りしている建物では
大々的に解体して耐震補強をすることもあります。

そうすると100万円以上はどうしてもかかってくるでしょう。

 

いつ来るかわからない地震ですが
怖いのは今回の北海道のように夜寝ているときに起きること。

 

寝ていて一階部分が潰されて圧迫死。

なんてことも起きてしまいます。

 

昭和56年以降の建物なら国の補助金がオススメ

 

もしもあなたが長崎市や諫早市県央地区にお住まいで
この際耐震も考えたいとお考えなら補助金を使ってください。

 

たとえば長期優良化住宅リフォーム工事の補助金を使うことで
耐震改修にかかる費用も含めて補助金の対象になります。

 

耐震化はお金がかかりますが
見た目だけリフォームしても構造がボロボロなら
悲しいことになりかねません。

返却不要の補助金があるので有効に使ってください!

 

北海道で地震!長崎も対岸の火事ではない理由とは?

北海道で震度7の地震がおきました。

今回の災害でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたしますと共に

被害に遭われた方々の1日も早い復興をお祈りいたします。

 

それにしても長崎の人たちは
割と対岸の火事のように思っているかもしれません。

 

ですが、実際は違います。

 

熊本地震でかなり九州の断層は刺激されました。

雲仙を通って橘湾にも断層帯があるため、
実は長崎でも地震がおきてもおかしくありません。

 

ノーマークのところほど快滅的打撃をうける

 

今、国を挙げて南海トラフ地震の対策を進めています。

もちろんもしもそんな地震がおきた時には
国が準備をしていたからといって
タダでは済まないでしょう。

 

しかし問題は、ノーマークの地域
忘れた頃に起こるから地震は怖いんですよね。

 

長崎市内なんて、ドミノ状に上から崩れて
雪崩のように下まで崩れる可能性もあります。

 

昭和56年以降であれば耐震補強も補助金

 

諫早や大村の平地であれば
何かしらの耐震対策をしておくことが賢明です。

 

特に昭和56年以降の建物であれば
耐震に関しての補助金も使えます。

 

壊れてからはもうどうしようもありません。

地震で潰れてしまっては、住む家もなくなってしまいます。

せめて我々長崎の人たちは、地震を遠くの出来事と思わず
我が事ととして備えておくことをお勧めします。

 

 

長崎の家は地震で通行人を巻き添えにするリスクに注意!

こんにちは。幸せリフォーム部です。

地震に雨が降ると地盤が緩むし
瓦もずれているし大変ですよね。

被災した大阪の皆様が一日も早く安心して暮らせる日常に戻られること
そしてお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

 

実は人様に迷惑がかかる長崎の住宅

 

山が多い長崎県は、長崎市内だけでなく諫早だって大村だって
山手の傾斜地に家が建っていますよね。

そんな地域で地震があるとドミノ倒しみたいに
上から崩れてきます。

 

 

平地でも倒壊後のリスクは免れない

 

自分のところだけうまく倒れたらいいんですが
お隣に寄りかかるように倒れることもあります。

 

そうなるとお隣の家は地震の力とあなたの家の重さまで加わって
壊れる必要がなかったのに倒壊することになります。

 

もちろん道路側に倒れたりすると
今回の大阪の地震のように通行人を
巻き添えにしてしまうことも珍しくありません。

 

今まで大きな地震に見舞われていないだけに
長崎に住む人たちはみんなノーマークになっていますが
想定外は想定していなかったからおきることです。

 

 

想定外だからこそ備えあれば、、、

 

想定外の大惨事がおきる時はそのような
ノーマークのところ、忘れ去ってしまった頃にやってきます。

 

地震が来ないに越したことはありませんが
そんなことは誰にもわかりません。

 

うちはどうかな?と心配な場合は
早めに対処をすることをお勧めいたします。

多くの長崎の住宅が大阪の地震には耐えられない理由とは?

まさかの大阪での地震。
それにしても地震って忘れた頃にやってきますね。

 

 

地震大国の日本では、毎日あちこちで小さな地震が起きていますし

たまに大きめの地震が起きてしまいます。

それが都市部であれば水も止まりガスも止まり
ライフラインが止まってしまって生活に支障もきたしてしまいますね。

まだ道路など交通網が寸断されていないから安心ですが
今後1週間程度は大きな地震がくるかもしれないので
予断は許されません。

 

実は地震に弱い長崎はとても危険

 

地震は他人事で済まされません。

遠くで起きたら事だと思っていたら大間違いです。

 

長崎にも断層はありますし

海岸線が長い地域ですので万が一津波があると
平地は大変ですしね。

 

地震に弱い長崎の住宅

 

ブロック塀は基準法で作り方が決められています。

なぜだか学校という公共の建物で基準法どおりに
作られていなかったのは残念でなりません。

 

しかし、民間の建物となるともっとテキトーですし
長崎の家は本当にテキトーなメンテナンスをされています。

 

安ければいいという家で長持ちする家がないように
構造的にも不安定で地震に弱い家も長崎県にはたくさんあります。

シロアリにもやられ、雨漏りもあれば
大阪と同じ震度6の地震が来た場合はほぼ全壊してしまうでしょう。

 

住むところがなくなるなんて
考えただけでも恐ろしいですよね。

 

そのためにも定期的なメンテナンスと
ご自宅の耐震化はしっかりとしておいてください。

 

【長崎より】補助金を活用して部屋の中から白蟻害の補強工事

長崎市内でシロアリ蟻害にあった和室天井の解体をしています。

 

瓦屋根はそのまま使いますので、
部屋の中から解体しているところ。

IMG_9763

瓦を下ろして解体しながら工事するのであれば
簡単ですが、部屋の中かから補強しながらの工事ですから
構造的な知識と現場職人さんの経験がなければ不可能な仕事です。

 

実際に小屋梁という大切な構造材が蟻害にあっています。

 

その上、地震の影響と乾燥で一気に劣化が進み
弾けたようになってしまいました。

 

平成の建物でも喰われたらオシマイ!

 

どんなにしっかりした建物でも
大切な構造材が被害に合えば
家は倒壊してしまいます。

 

 

橘湾震源の地震も起こっていますので
長崎は地震の問題はない。

 

と、たかをくくっていると無事では済みません。

 

 

シロアリ被害も補助金を活用できます。

 

今は、国もいろんな補助金を出しているので
補助金をうまく活用しながら
家をリフォームすることができます。

 

 

国も今のようにある意味、
大盤振る舞いで補助金をだすことを
続けることはないでしょう。

 

やった人だけが得をする制度ですし
予算を消化して募集を締め切られると終わってしまいますので
早めに行うのが吉ですね。

 

【長崎より】外壁の状態ではわからないシロアリ害の補強風景

シロアリに喰われてしまうと
中がスポンジ状にスカスカになります。

 

パッと見、見た目は大丈夫そうでも、
叩いてみると軽い音がしますので簡単にわかります。

 

そんなシロアリの被害に遭った
構造材の取り替え補強工事をしています。

 

IMG_9798

 

意外と多い奇跡的建物たち

 

壁や床を剥いでみると、思わぬ被害に驚くことがよくあります。
「よく今日まで無事に建物が建っていたなぁ、、、」

というような奇跡的な状態も
ここ長崎県でもよくあります。

 

外装だけみると、塗装が剥げてきたなぁ、、、

 

といった程度の劣化でしたが、
古い浴室など水回りを中心に
一階も二階もシロアリに構造材を喰われていることも。

 

シロアリに喰われた建物は地震にも弱くなります。

中がスポンジのようにスカスカですから
揺れるとポキっといきやすくなります。

 

長崎でも地震に備えるべき

 

先日橘湾を震源とした地震がありましたが
長崎だから大丈夫ということはもはやありません。

 

地震はいつ来るかわかりませんが
最低限の備えや、補強はしておいて損はしません。

 

一晩のうちに倒壊して
寝る場所もなくなるなんて悲劇を避けるためにも。

 

【諫早より】外壁が割れて落下する危険を取り除くことの重要性

こんにちは。あんしん塗装部です。

 

足場を架けて確認してみたら
予想以上に劣化がひどいことはよくあります。

 

今外壁塗装の作業をしている
諫早にある建物でもちょうどそのようなことがありました。

 

ひび割れは塗装では修繕できません

 

建物のひび割れは放っておくと
雨水の侵入を許してしまいますので
建物はどんどん悪くなる一方です。

 

写真は柱のひび割れ。

IMG_9679

最上階の鉄骨柱にモルタルを塗った部分ですので
荷重は受けていないのですが、
横揺れについていけず経年劣化でひび割れが
進んだと思われます。

 

 

問題は、放っておくと雨水が
内部の鉄骨を錆びさせます。

 

最上階ということで、
そこからこのモルタルの破片が地上に落下したら、、、

 

人に当たった場合は大変な事態を
引き起こすことになります。

 

 

古い建物はどうしても劣化していくものです。

 

ですが、建物の持ち主の責任として
歩行者や近隣の建物に迷惑をかけないようにしなければなりません。

 

あんしん塗装部は
ただ塗るだけ、塗っておしまいではなく
塗ってからもあんしんしてもらえるように
建物の診断や改修を行っています。

 

 

今回の亀裂も取り除いて
落ちない処理をした後にしっかりと補修する予定です。

 

 

実は長崎は活断層帯だらけって知ってました?

今まで長崎では地震の心配はない。

と思われていたのですがさすがに熊本の地震の時には
かなり揺れましたね。

 

たしかに、今までは考えられなかったのでしょうが
間近であるとやはり怖いものですね。

 

長崎は実は活断層帯だらけ

 

実際は、雲仙岳がありますし、
橘湾にも無数の活断層帯があります。

 

jisin

 

先日、新しく幾つか活断層帯が追加されましたが
それ以前から、長崎南部の断層帯は
活断層として指定されていました。

 

 

 

そのため、実際はいつ地震が起きてもおかしくはありません。

 

ましてや、山を切り開いて作った団地や、
埋め立てて作った土地が多いのも問題です。

 

 

古い建物なら柱ばかりで壁がありませんし
壁の補強も基礎も貧弱だったりします。

 

新しいからと油断はできません。

 

もしもあなたの家に大きめのリビングがあれば
地震の揺れにはとても弱い可能性もあります。

 

実際熊本地震でも、一階にある大きなリビングが原因で
新しい建物が倒壊していました。

 

間近に存在する活断層に怯えてもいつ地震が来るかはわかりません。

 

ですが、地震が来ても備えがあれば「あんしん度」は増します。

 

 

 

基礎のヒビ割れは心配するべき?それとも?

熊本の地震以降、たまに地震がある長崎ですが、
そんな中に基礎のヒビ割れで心配な方からの質問をよく受けます。

 

自分の家の基礎のヒビ割れをみると
「大丈夫かな?」と不安になりますが、
実際には、ヒビ割れしやすい箇所もあります。

 

換気口周りはヒビ割れしやすい

 

20年くらい前までの基礎の換気口は、
大した補強も入れずに作るのが当たり前でした。

基礎としては断面が欠損した形になっているのですが
その部分の補強は当時はあまり考えていません。

 

IMG_9360

結果として、経年劣化してきて、
換気口周りにヒビ割れが起きていることがよくあります。

 

直接大問題になる箇所ではないにしろ
建物の状態によっては大丈夫と言えないかもしれません。

 

そんな場合もありますので、
一度専門家に診てもらうのがいいでしょう。

 

 

むしろ下手なリフォームで基礎が壊されているかも

 

よくあるのが、換気口以外にヒビ割れが発見される場合や
以前やった水回りのリフォームで、思いっきり基礎を壊して
パイプを通していることもあります。

 

専門家でもないリフォーム業者は
基礎の大切さも考えずに平気で壊してパイプを通すので
私たちとしてはビックリする床下が長崎県内でもよくあります。

 

そんなことからすると、小さなヒビ割れは
まだ可愛く見えてくるのですが、、、基礎の異変は気づきにくいもの。

 

やはり専門家に診てもらうのが一番確実ですね。