耐震

実はキケンな角の割れは早く補修すべき理由

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 

外壁ってけっこう割れますよね。

 

特に窓周りは割れやすいので、
そこから雨漏りもしやすくなります。

 

もちろん雨漏りを放置することはよくありませんので
早めに処置をすることをお勧めします。

 

実は、窓周り以上に厄介な箇所があります。

 

それが家の角、コーナーまわりです。

 

DSCN7175

 

 

もしも家の角あたりの外壁に割れがあれば要注意!

 

 

割れたからとキケンだと言うつもりはありません。

ですが、割れるということは、
建物に相当な負荷がかかったことを意味しています。

 

長崎では最近は台風の直撃こそないにしろ
先日も春一番?のような強風が吹き荒れました。

それに熊本での地震の影響で、
揺れたときに負荷がかかったところもあります。

 

 

割れたままにしていると、その部分から

劣化しやすくなります。

 

通常住宅で使うサイディングボードなどは
セメントを固めた素材のため、割れた部分から
今度はボロボロと崩れやすくなります。

気づかずに放置していると、みるみるうちに
傷口が広がります。

 

 

家の角柱は、一番重要です。

 

角柱は、二階まで通っている通し柱。
地震の揺れにも抵抗してくれる大切な構造柱です。

 

ですが、よく、この角あたりから
シロアリも上がってきます。

 

割れがあり、濡れて湿っていると
喰いやすいため、シロアリは好き好んでやってきます。

 

大切な構造柱の角柱は喰われないようにしてください。

 

まずは何より、角のヒビ割れなど劣化したら
補修することが大切です。

 

角柱が喰われていると、地震にも耐えられませんので
要注意です。

 

 

 

 

 

【解説】素人でもできる床下のチェックポイント1

床下ってなかなか見ないところですが

やっぱり定期的に見ておいたほうがいいです。

 

 

  • シロアリなどの問題に早く気づける
  • 水漏れなどに気づける
  • 構造の歪みなどに気づける

 

 

シロアリや水漏れはぱっと見でもなんとなくわかります。

いかにも喰われていたり
水漏れはシミがのこっていたりカビが生えていたりしますので
わかりやすいですよね。

 

 

構造とかいっても素人にはサッパリ

 

 

でも、見る場所だけでも知っていたら
そんなに難しくありません。

 

誰でも簡単にできることはコレです。

IMG_8846

床を支えている部分がゆがんでいないか

 

床を支えている基礎の部分とがうまくくっついているかを見るだけでいいです。

 

写真のような状態は普通の状態ですが
地震のあとなどは、ズレてしまっていたり
基礎とのつなぎ目が傷んでいたり。

 

とりあえず、ズレていないか
ちゃんと金物は効いているかどうか。

 

金物がグラグラだとまったく意味がありませんので
打ち直す必要はでてきます。

 

せっかくするなら、かすがいよりも
耐震補強プレートなどのほうがいいですね。

【要注意】水回りをリフォームするなら構造まで確認が鉄則!

古い建物は大体がずれていたり柱自体にも亀裂が入っていたり。

そんなところは必然的に補修しながらの作業になります。

IMG_8793

 

新築なら、最初から自分の思う通りに
ことが運ぶため、ハッキリ言って簡単です。

 

でも、リフォーム工事になると
ただ、壁を張り替えるだけの予定だったのに
剥いでみると大変なことに。。。

 

構造材がない!
金物が入ってない!
筋交いが全くない!

 

なんてところも長崎で珍しくありません。

 

 

みなければよかった、、、は間違い。

 

みなければ安く済んだのに。

見てしまったから、高くついた。

 

と考えがちですが、結局そんな不安定な建物が多いから
地震の時に倒壊してしまいます。

 

水回りをいくらリフォームしても根本解決にはなりません

 

たとえばお風呂のリフォームや洗面所のリフォーム。
ユニットバスをとりかえるだけなんてもったいない。

 

ついでに構造が見れる状態ですから、
その時にしか確認できないところも沢山あります。

 

特に水回りは水漏れや湿気で傷みやすいもの

 

 

壁を取り払って構造を見れば、
どこが弱っているかわかりますし
木造なら、接木など自由に工夫して
長持ちさせられます。

 

 

構造的に貧弱な場合はなところには、必要な金物を入れます。

 

写真にあるようにZマークの金物で補強してあげて
建物がバラバラにならないようにしていきます。

 

水回りや壁紙をきれいにしても
肝心の構造がダメダメなら
地震がくれば簡単に崩壊します。

 

正しいリフォームのお金のかけ方に気を配りましょう。

 

 

 

 

長崎で地震がくると危険な3つの住宅とは?

熊本の地震では比較的新しい建物も被害に遭いましたが
とはいえ大半が古い建物の方が地震の被害は大きいもの。

 

長崎もあまり安全ではなく、橘湾にも多数の断層があります。

仕事柄たくさんの住宅を見てきましたが、地震の被害は対岸の火事ではありません。

写真は熊本地震の被害状況の写真たち

 

IMG_0878

 

長崎の住宅で地震で倒壊する危険がある3つのタイプ

  1. 高台の家はメンテナンスできず築40年近くの建物
  2. 雨漏り被害やシロアリ被害で木材の一部がスカスカしている家
  3. リフォーム時に構造壁を壊したり基礎に適当に穴を開けてしまっている家

 

当時の作り方では想定されていなかった事態に
陥っているのが実情ですが、そのために壊れ方もわかってきています。

 

メンテナンスをしていないと建物の傷みはどんどん速くなりますし
傷んだ箇所を狙って雨漏りやシロアリはやってきます。

しかも、今では考えられませんが昔は適当に壁を壊したり
水回りのリフォーム時に水道屋さんたちが勝手に基礎に穴を開けていました。

 

穴が空いた基礎は弱いので
いくら上の建物を強くしても意味がありません。

 

高度成長期に建てられた典型的な家やオイルショック期あたりの建物は
あまりいい材料でもなく急場しのぎで建てられているものも少なくありません。

 

 

当時は良かったとしても、今の技術的な考え方からすると
恐ろしいほどアバウトに作られています。

ひどいところは「筋交」という
横揺れを抑える構造材が壁の中にないところも。

 

よく今まで無事に建っていたなぁと感心してしまいますが
熊本地震のような揺れが襲った場合、
上の3つのどれかに当てはまる家はほぼ全壊します。

 

残念ながら気合いで建っているだけでは、
急激な力には太刀打ちできません。