調査

長崎の雨漏りの典型パターン木部が濡れ続けるとこうなる!

こんにちはあんしん塗装部です。

梅雨らしい天気といえば聞こえはいいとしても
この諫早も結構ジメジメしております。

何でもかんでもカビそうですね。

 

ちなみに木材もこの時期は非常に傷みやすいものです。

特にご自宅で外部に面しているところや
雨漏りしているところはふやけてボロボロに。

 

外部の壁や屋根周り、窓周りに木が使われていたら
ペンキで塗られているのが普通です。

でも、劣化してペンキが剥げてくると
写真のように木部がブヨブヨになってくることも。

 

写真ではわかりづらいですが
下地の木の部分が濡れてブヨブヨしています。

 

雨漏りが続くとブヨブヨに

 

水分を含んだ上にこの湿気と温度で
「木材腐朽菌」が活発に動きます。

そうなると木材をブヨブヨに弱らせてしまいます。

もうブヨブヨになってしまったら木材として役に立ちません。

 

こうやって壁や屋根からの雨漏りが
壁の中に入り、高温多湿なこの時期にブヨブヨにしていきます。

 

長崎でよくある典型的な雨漏りの状態なんですが、、、

 

ここまでくるともう取り替えになります。

壁の場合はその壁面は念のため全部剥いでから
やり直しです。

部分的な補修ではまた同じことがおきますので
オススメしません。

 

これ以上我が家が痛んで使い物にならなくなる前に
早期発見早期治療をしてください。

人間の病気と一緒ですね!

 

 

雨が多い長崎なのにのに雨漏りに気付きにくい理由とは?

こんにちはあんしん塗装部です。

 

この画像なんだかわかります?

 

実はこれ外壁のつなぎ目、ジョイントの部分です。

普通はここには、シーリング(コーキング)というゴムっぽい

ブニョっとしたものがこの隙間を覆っています。

 

なぜなら、外壁に隙間があれば雨漏りにつながるからです。

そのシーリングがない!

 

もう劣化してしまってどこかに行ってしまっていますww

 

だから外壁の板も外れかけてガバガバしています。

外壁を留めている木が雨水で腐って
なくなってしまったのでした。

 

こうなるともう雨はジャンジャン入り込みます。

 

シーリングが切れていたら要注意!

 

日当たりがいい場所はシーリングの劣化も早いものです。

 

ですから、西日や南向きの壁面のシールが
割とボロボロになりやすいものです。

 

劣化が進むとシールが取れてしまったり
亀裂が入ってしまいます。

 

すぐに室内に影響があれば気づくのですが
長い年月をかけてじわじわと壁の中で柱などの
木材を腐らせていきます。

 

室内に影響が出た時には結構傷んでいることも
珍しくありません。

 

何かと雨の多い長崎。
桜の季節が終わったら梅雨はもうすぐです。

 

ご自分で我が家の点検をしてみるにはいい季節ですね!

【諫早の現場より】築40年のタイル風呂の劣化状態とは?

こんにちはしあわせリフォーム部です。

 

先日タイル風呂を解体したのですがやはりというか、
予想以上に劣化していました。

 

 

タイル風呂は水漏れが起きやすいため
土台などが腐ることがよく有ります。

 

このお風呂の土台(中央)も腐りかけていました。

そして、右側外壁の方の土台は
もう形をとどめていないくらいボロボロに。

 

シロアリこそいませんでしたが、
長年の漏水で柱や壁の中、土台も
腐れてしまっていました。

 

見た目は綺麗なタイル風呂だったんですけどね。

 

諫早だけでなく、長崎でも大村でも
同じようにタイル風呂は傷んでいるのが普通です。

 

家主のみなさんが「もうこのタイミングで
綺麗に作り変えてよかった〜!」と
いつもおっしゃいます。

 

この状況を見ると、見えないところで
ここまで劣化が進んでいるなんて
考えもできませんよね。

 

見た目でわからないので
壊してみなければなりませんが
築年数からしてだいたい同じように
劣化は進行しています。

 

シロアリ被害がなかっただけでも
まだ不幸中の幸いでした。

おかげで綺麗なユニットバスに
作り変えられましたのであんしんです。

【諫早から】注意!濡れ続けた木はこんなになります。

ここ最近は天気も良くて、湿度も低くて気持ちいい日がつづいていますね。

外作業も気持ちよくさせていただいています。

 

諫早もこんないい天気ですが、
それでも長年の蓄積はすごいですね。

外部デッキの木がこんな風になってしまいます。

 

 

 

木も濡れ続けるて腐るとブワブワ、スカスカになります。

 

こうなってしまうと、想像できると思いますが
手で簡単に崩すことができます。

 

もちろん乗ってしまうとボロボロっと壊れてしまいますし
柱だってもう屋根を支えることはできません。

台風の直撃がなかったからよかったものの、、、

地震がきたら簡単にへし折れてしまいますよね。

 

 

一度ペンキを塗ったらメンテナンスを

 

ここまで傷んでしまうと、もう塗装ではどうしようもありません。

早めにメンテナンスをすれば、劣化することもなく
長持ちさせることができます。

 

ペンキは膜を作ってしまうので、
表面がしっかりしている間は水の染み込みはありません。

 

ですが、表面がパリパリ剥がれ始めると
中に水分が入り込んでもっと周りのペンキも剥がしてしまいます。

 

そうやって水濡れを繰り返すことで
ジワジワと木が腐っていきます。

なんといっても、シロアリがいなくて何よりでしたね。

濡れた木はシロアリの大好物。

ただでさえ高温多湿な長崎県。
シロアリ被害や雨漏りが多いので気をつけましょう。

 

 

【諫早の劣化事例】長崎は雨が多いのにバルコニーがヤバイ理由?

雨の多い長崎。

それなのに、なぜかバルコニーが屋根より飛び出てるとこってむちゃくちゃ多くないですか?

 

 

これが長年経つと何を意味するか知ってますか?

 

 

屋根がかかっていたら、勾配がついた屋根が
うまく雨水を流して樋が集めて水を流してくれます。

 

しかし、屋根より飛び出ているところって、

雨樋がまったく役にたちません笑

 

要するに、雨が降ればそのままその雨を受けるしかありません。

屋根がないバルコニーが危険なのは、バルコニーの劣化状態が
降った雨がダイレクトに影響を受けてしまうことです。

 

 

 

 

たとえばこの画像、諫早のあるお宅なのですが
バルコニーは思いっきり屋根より外に出ています。

 

ハッキリ言って長崎では珍しくありません。
そして雨漏りしたらしく外装板のつなぎ目を応急処置してあります。

 

でも、、、屋根がないと雨だけでなく、こんな写真の天気みたいに晴れていると
紫外線の影響をモロにうけてしまいます。

 

今年の長崎の夏はムチャクチャ暑かったですよね?

 

そんな長崎の夏の暑さにも、このようなバルコニーは
炎天下で耐え続けていました。

結果として、継ぎ目部分の応急処置防水シール部分も亀裂や剥がれが
起きまくっているのが現状です。

屋根がなければ亀裂からダダ漏れです

 

打ち付ける台風の雨には全くと言っていいほど
劣化した外部防水は役に立ちません汗。

 

結果としてそのような劣化防水が
長崎の雨漏りの原因でもあります。

 

ひいてはシロアリの蟻害にもつながりますので
気をつけてください。

 

 

注意!長崎で毎日晴れているのにカビる?

 

9月に入って大分涼しくなりましたが
それでも10月のおくんちあたりまでは暑い日が続くでしょうね。

 

それにしても8月は暑かったですね。

雨も降らず猛暑どころか殺人的な暑さでした。

 

そんな猛暑酷暑の長崎県では、家の中がカビることってあるってご存知ですか?

 

実はそんなことも起きてしまう危険性があります。

 

 

写真は壁の水分量を計っているものです。

この建物はコンクリート系なのですが
晴れているにもかかわらず室内の壁の水分がなぜか多いのです。

 

 

原因は内部結露。でもなぜ?

 

外はこの日も30度越えでしたがなぜか水分量が高いのです。

 

水気がある場所ではないので
考えられるのは内部結露が発生しているということ。

 

確かに長崎は湿度が高いですが、
エアコンを使っていたら内部の湿度も調整してくれるはずなのに、、、?

 

 

西日や直射日光が当たる室内は注意!

 

今年は暑くて外気温が35度を超えていましたが
室内温度は20度台ですもんね。

その温度差で壁面内結露が起こってきてしまったことが考えられます。

 

 

細かい調査はまだ必要ですが
木造の建物でも西日や直射日光が
壁にあたる建物の内側を冷やしすぎると
同じように壁面内結露などが生じてしまいます。

 

表面にでてきてくれればわかりやすいですが
壁の中だと断熱材が濡れた状態になったり
木材が湿気と暑さで腐りやすい状態になるので注意が必要です。

 

 

 

 

諫早の人必見! 西日が当たる家はシェードがオススメ!

諫早とか大村もそうですが、、、
平地で周りに遮るところがなかったり
西側に面して開けていたら西日が良く当たりますよね。

 

一時期の暑さは無くなりましたが
今から残暑が続く時期。

 

おくんちがある10月頭までは
まだまだ暑い日が続くはずです。

日差しは特に西日が厄介ですよね。

 

先日、諫早につけた外部シェードの様子を見に行ってきました。

 

 

 

建物とあまり違和感のないものを選んだので
ぱっと見はよくわかりませんが効果は絶大です。

 

室内ブラインドやカーテンで
日差しを遮ってもあまり効果は限られています。

 

ですが、外部で日陰を作りますので
アルミ窓自体が焼けないように防いでくれます。

 

こんな日差しが強いときでもアルミが熱くなく触れる状態。

 

 

普通は、熱くてアルミは触れなくなっている時期ですが
すごいですね。

 

 

夕方になると、日が落ちてきますが、
そうするとギラギラした日差しが
窓を通って部屋の奥まで届いていきます。

 

年配の人は心身ともに西日は堪えますので
注意してください。

 

ですが西日のよく当たる窓でも、外部シェードがあれば
西日が入り込むことはありません。

 

シェードが日差しを遮熱しますので
裏側はあまり直射日光の暑さを感じませんし
明るさは適度に保ってくれています。

 

よしずのような重労働は要りません

 

収納はワンタッチで窓上部に収納されます。
夜や台風時期や曇りの日は、
簡単に収納できてしまいます。

 

たしかによしずはオススメですが、、、
よしずは重くて結構大変ですよね(笑)

 

だから広げっぱなしにしますが
台風が来る時期には閉じて寝かしておかなければ危険ですし。

 

みなさんヒモで結んで倒れなくしたりしていますが
これも結構重労働です。

 

エアコンの効きを良くするためにも
シェードはオススメです。

 

 

 

 

【長崎の現場より】浮いて剥がれそうな外壁をそのままにしてはいけません!

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

現場では思ってもいなかった状態の壁ってよくあります。

 

特に外壁の浮きは外から見ただけではよくわかりません。

ヒビ割れなら近くで見るとなんとなくヒビが見えたり
亀裂が白く汚れて石灰化しているのでわかります。

 

でも浮きの場合はぱっと見ではわかりません。

 

長崎の壁は全数叩いてみて確認

 

壁の裏が浮いていて空洞になっていると
カパカパと浮いた軽い音がします。

 

しっかり付いている壁との音の差は歴然としています。

 

あんしん塗装部では浮いているのに見て見ぬフリはできません

 

塗装や雨漏り補修をしたのに、浮きを直さなかったら
結局いつかは剥がれて外壁が落下してしまいます。

もちろんそうなると下にいる人が怪我したり
車などに傷つけてしまうわけです。

 

オーナーさんからすると余計な追加工事になってしまいますが
もし落下して大変な事故を起こした時に後悔しても遅すぎです。

 

何と言っても命には替えられませんから
そのような重大事故を防ぐためにもあんしん塗装部は
全数壁を叩いて検査をしています。

 

 

そんな剥離防止には写真のようにエポキシなどを注入して
浮いている部分に流し込む工事をします。

 

浮いたままにしないであんしんして住まえるようにすること
ここ長崎や諫早県央地区の街を守るのも私たちの義務だと考えています。

 

 

 

 

長崎でも意外と多い外壁落下の危険性

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 

先日は長崎市内のメルカ築町の建物外壁が落下していました。

たまたま誰も怪我しなかったからよかったものの
そんな大事故は紙一重でここ長崎や諫早でもおきてしまいます。

 

 

落下して大事故になる前に外壁補修を!

 

 

 

悩ましいのが、目視ではどこがどれだけ浮いているかがわかりにくいこと。

 

 

一番良いのは足場が出来た後で、
すべての外壁をチェックすることです。

 

写真の青い線の内側は浮いていて、
叩くとカパカパと軽い音がします。

 

時間が経てばガサッとこれも落ちてしまいます。

 

歩行者やご近所さんに迷惑をかけないように

 

歩行者に当たって最悪の事態になった場合は
建物の持ち主の責任になってしまいます。

 

そして、工事をする側には、建物の状況を報告する義務があります。

浮いてしまって危なくて近い将来落下する恐れがあるものを
そのまま知らんぷりにするわけにはいきません。

 

もちろん追加工事になってしまうのですが、
放置して歩行者に怪我を負わせた場合は
もっと大変なことになってしまいます。

 

そうならないように
浮いているところは、専用の材料を注入したりして
剥がれないように補修をしていきます。

 

長崎市内の建物の老朽化が目立ちます。

 

特に30年以上経った建物の外壁は危険です。

定期的に塗装などのメンテナンスをしていればよいのですが
メンテを怠っていると、思わぬ事態に巻き込まれてしまいます。

安全な街や社会をこの長崎に作ることもあんしん塗装部の仕事です。

 

長崎の窓周り防水意識はまだまだ低い?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

年度末はおかげさまで忙しい日々を送っております。

今週も天気が悪く、風も強くて
なかなか仕事になりませんでした。

それでも、内部の解体工事などは問題なく進みます。

 

 

雨漏りも雨が降っているとわかりやすいですね。

 

写真は窓下の雨漏り。

 

 

 

 

 

築20年ほど経っています。
白いシートは防水シート。

写真上の方に窓があり、ここは窓下の角部分です。

この部分からよく雨漏りします。

 

2010年以前の建物は防水シートも期待できない

 

長崎のように雨がよく降る地域であっても
ちゃんと防水を意識するようになったのは
ここ最近です。

それ以前の建物は
窓周りの防水はほとんどなってません。

 

写真の防水シートもただそこにあるだけでした。

そこにあるだけとは
窓サッシとの境目に防水テープなどが貼られていない状態。

 

ですから、窓サッシの枠のどこかから漏れると
防水テープがないため
風圧や水圧で押し出されて内部に漏れる状態。

 

そんなことを繰り返してユックリじんわり
木材が傷んで行きました。

 

決してひどくはありませんが
内部から防水することは難しそうです。

 

この場合は、外装板とサッシの取り合いを
しっかり防水しなければなりません。

 

その防水方法を検討するためにも
このように内部を解体したり
外部も場合によっては解体することが
解決する近道になります。