防水

長崎の雨漏りを減らすには防水シール工事が不可欠な理由とは?

世の中コロナ騒ぎが止まりませんね。
ここ長崎でも日に日に少しずつですが増えてきている模様。

 

防水シールと一緒にコロナもシャットアウトしたいところですが、、、

見えない敵との戦いがまだまだ続きそうですね。

 

さて、防水シールですが、
長崎の家にとってはとても重要なものです。

 

長崎の雨漏りは窓周りが多い

 

窓周りは特に雨漏りが多いところ。
ここ長崎県は雨が多いためか、窓周りからの雨漏りがダントツで多いです。

 

あんしん塗装部やしあわせリフォーム部では
窓周りからの雨水の侵入を防ぐために
入念に防水シール処理を行います。

 

 

写真は、防水シールを綺麗に仕上げているところ。

 

表には出てきませんが、
防水シールを使う前に、プライマーという材料を
シールを入れる溝に塗って行きます。

 

このプライマーをしていない家は
後々に、防水シールだけがパラパラとひも状に取れることも。

 

安い工事だと防水シールが省かれていることも、、、

 

防水シールは、雨から守るための一番外側の砦とも言えます。

だから、この処理をおろそかにしてはいけません。

安い工事になると、
必然的にこの手間のかかる防水シールを
省いていることもよくあります。

 

結局、雨が入り込むことになり
壁の中からカビさせたり腐らせてしまうことにつながっています。

 

どうか、外部のメンテナンスは安いからという理由で
選ばないようにしてください。

 

すぐにはわかりませんが、後々雨漏りの影響となって
必要以上の費用がかかる原因になりますので。

 

メンテナンスを確実にしていくには
オリガミプロジェクト はオススメです。

↓↓↓↓

 

外装だけでなく、耐震や断熱、水廻りの改装などにも
使っていただける長崎独自の返さなくて良い
補助金ですのでどんどん活用してください。

湿気の多い長崎では外壁通気をしっかり改修すること

こんにちは。しあわせリフォーム部です。

平成の建物でも外壁の通気ができていないものが多く
長崎県でも多くの建物が劣化しています。

 

写真は、外壁を解体して、防水から作り直し
通気をしっかりとった建物。

 

 

元々軒ゼロ住宅で、斜線制限の関係から
今回も軒を出せず軒ゼロのままですが
換気ができるように作り替えました。

 

破風板の裏から壁面内の空気を抜くようにつくっています。

 

雨が多い長崎県では、雨漏りや湿気は大敵

もともと雨が多い長崎ですから
雨漏りは多いです。

 

それにどこの町でも海が近いため湿度も高めで
梅雨時や夏場のシットリした空気はカビの温床でもあります。

湿気を留めず吐き出す構造が大事

 

湿気はいろんな意味でよくありません。

 

カビっぽくて病気の原因にもなりますし
木材を腐らせたり
シロアリをよんだり。

 

コロナではありませんが目に見えない
いろんな要因とくっついてしまいます。

 

今は桜の季節。

でももう少しすると梅雨がきます。

早めに対策をしておくことをおススメします。

 

オリガミプロジェクト では外壁や屋根の劣化改修などにも
助成金がつきますので長崎にお住いの方にはおススメです。

↓↓↓↓

 

長崎の雨漏りの修繕にもオリガミプロジェクト

こんにちはシムコノイエしあわせリフォーム部です。

彼岸に入りかなり暖かくなりましたね。

今年は雪もほとんど降らず、コロナ騒ぎ以外は
かなり穏やかな雰囲気。

 

もう日見の桜並木も桜がチラホラしていました。

世の中はコロナ騒ぎで未曾有の世界的危機になっていますが、
時期が来ると桜は咲き、新芽も出て来るんですね。

 

雨漏りに憂鬱な梅雨も普通に来ます

 

同じように、もう少しすると梅雨がやって来ます。

そして雨漏りの家では、今年も憂鬱な季節となることも。

 

写真は、屋根近くの外壁の水分量を測っているところ。

雨水が浸入しているため、壁の水分量がかなり多い状態。

梅雨前に工事が終わるので一安心です。

 

雨漏り工事は全面やりかえが吉

しかし同じような雨漏りに悩む家庭が多いのも事実です。

そして、雨漏りを安く済まそうとしても、
全くうまくいきません。

 

やるならば、壁を撤去して、
雨漏りの原因からやり直さなければ
何度でも起きてしまいます。

部分的に残して補修することは絶対やめて下さい。

 

改修工事は安くはすみませんが、
幸い長崎独自の補助金が今はあります。

 

雨漏り改修にも使えるオリガミプロジェクト 

 

CMでも流れていますオリガミプロジェクト 

↓↓↓↓


外部の改修工事にも使うことができます。

 

補助金は無くなり次第終了しますので
お急ぎください。

 

年度末は気にせず、そのまま受付が可能のようです。

 

長崎県から一件でも多くの家が救われ
そして笑顔と想い出いっぱいの暮らしが
できますように。

 

 

 

長崎の雨漏りを直すならケチってはいけない理由とは?

こんにちは。

世の中コロナ騒ぎだらけですね。

まだまだピークにも達していない中
長崎に出ていないのは本当なんだろうか?

 

と不思議に思う今日この頃です。

 

さて、今日は雨漏りの話です。

 

雨漏りは実際、工事に入って解体を
始めないとわからないことがたくさんあります。

 

場合によっては思わぬ出費も
もちろんあるわけです。

 

たとえばこの窓下の写真

 

 

外壁は綺麗なんですが、剥がしてみると
下地が大きく損傷していることがあります。

 

 

補修費をケチるのはやめた方がいい

 

雨漏り補修の費用を安くしたいのはわかりますが
それは絶対にやめてください。

 

どこの業者さんであれ、
調査してある程度安心できる内容でなければ
工事をすることはできません。

そのため、必要と思われるところは見積に入っているはずです。

そこの部分を安くするとなると
何かを省くか、理想の補修から
程遠い内容になります。

 

 

結局誰かが動いて、材料を使って、、、
と費用はかかってしまうところを
その費用がかけられないという
根本的な問題になってしまいます。

 

 

結局安く済ませた分のしわ寄せは
どこかで出てくる可能性があるので
絶対にお勧めできません。

 

どうかお気をつけて。

長崎の雨漏り屋根は綺麗に葺き替えるのが鉄則な理由とは?

やっと雨の毎日から解放されましたが
残暑が厳しいですね!

 

雨漏りしていた屋根工事のお家もやっと工事が進んでいます。

お盆明けからというもの長崎は天気が悪くて外工事がまったく進みませんでした。

 

おかげさまでまだまだ待たせてしまっているところもあります。

なんとか9月中にやり遂げてしまいますね。

 

 

屋根の雨漏りはとても厄介

残念ながら一部分の補修ではなかなかうまくいきません。

それに老朽化してしまうと構造材まで傷んで大工事になることも。

 

早期発見した場合はおおごとにはなりませんが
構造材まで痛んでいたら、部分的にやってもうまくいきません。

屋根ならもう全面葺き替えることをお勧めしています。

 

 

そして壁も、その壁面は全面張り替えがお勧めです。

壁の場合は窓周りからの雨漏りが多いので
解体して悪い部分を取り替えて
新しく雨が入りにくいように作り変えることをお勧めしています。

 

雨漏りはいろんな問題を引き起こす元凶。

どうぞ気をつけてください。

 

 

長崎のバルコニー周りが雨漏りしやすい理由

こんにちはしあわせリフォーム部です。

 

梅雨時から雨漏りの依頼を多数うけておりました。

長崎県は今年は七月になってからよく降りましたね。

 

このブログでも度々説明していますが大雨時期の一時的な雨漏りであれば
あまり問題ではありません。

 

世の中の風潮は完全無欠なものを求めるところがありますが
所詮は人間が作るものですから雨が漏れるときは漏れてしまいます。

 

逆に普段の雨程度で雨漏りをするのでしたら問題になります。

特にバルコニーがある家は要注意。

バルコニー周りからの漏水は少なくありません。

塗装で綺麗に仕上げても、隙間が傷んでいるのでそこから水は侵入してくるのです。

 

バルコニー出入り口の窓下は要注意

 

要注意とはいえ、狭すぎて手が出せないところでもあります。

特になるべく室内床との段差を少なくしているバルコニーでは
顕著に雨漏りがおこります。

段差が小さいので、雨が降るとその隙間の窓下から水が侵入していきます。

 

その場合いくら塗装してもブクブクと塗膜が剥がれてきますので
すぐにわかります。

 

もしご自宅の外壁塗装がブクブクパラパラと部分的に剥がれていたら
雨漏りが起こっています。

気をつけましょう。

長崎の雨漏りでも暴風雨ならOK??

こんにちは。

 

長崎地方も今日はかなり雨が降りそうですね。

豪雨災害まで発展しなければ良いのですが。

 

それにしてもこの時期多いのが雨漏り

確かに怖いです。

それに、部屋の中に水が染み入ってくるので
気持ちいいものではありませんよね。

 

でも一つだけ知っていてほしいことがあります。
それは、、、

 

漏らない家は存在しない

 

ということ。

 

深海探査船や宇宙船は完璧な気密が必要ですので
空気漏れはあってはなりませんが
住宅レベルでは、水抜きも兼ねている部分もあるため
漏れる時は漏れてしまいます。

 

暴風時の雨漏りは一時的なもの

 

普段から雨漏りしている家はNGですが
暴風時には、横風でいろんな隙間から雨は入り込んでしまいます。

そんな理由で、長崎や諫早では台風時や梅雨時の
暴風雨で雨漏りが起きてしまうことも珍しくありません。

 

今まで雨漏りがしてなければ一時的なものかもしれませんが
念のため雨が上がってからでも専門家に見てもらうのが
あんしんでしょう。

 

 

雨が多い長崎なのにのに雨漏りに気付きにくい理由とは?

こんにちはあんしん塗装部です。

 

この画像なんだかわかります?

 

実はこれ外壁のつなぎ目、ジョイントの部分です。

普通はここには、シーリング(コーキング)というゴムっぽい

ブニョっとしたものがこの隙間を覆っています。

 

なぜなら、外壁に隙間があれば雨漏りにつながるからです。

そのシーリングがない!

 

もう劣化してしまってどこかに行ってしまっていますww

 

だから外壁の板も外れかけてガバガバしています。

外壁を留めている木が雨水で腐って
なくなってしまったのでした。

 

こうなるともう雨はジャンジャン入り込みます。

 

シーリングが切れていたら要注意!

 

日当たりがいい場所はシーリングの劣化も早いものです。

 

ですから、西日や南向きの壁面のシールが
割とボロボロになりやすいものです。

 

劣化が進むとシールが取れてしまったり
亀裂が入ってしまいます。

 

すぐに室内に影響があれば気づくのですが
長い年月をかけてじわじわと壁の中で柱などの
木材を腐らせていきます。

 

室内に影響が出た時には結構傷んでいることも
珍しくありません。

 

何かと雨の多い長崎。
桜の季節が終わったら梅雨はもうすぐです。

 

ご自分で我が家の点検をしてみるにはいい季節ですね!

【諫早より】外壁の下に隙間を作って大丈夫?

こんにちは。

今日も諫早の現場よりお送りいたします。

ちょうど外壁の取り付け作業中です。

 

 

昔はペタンと下にくっつけて壁を張っていたところもありましたが

雨の多い長崎では、万が一雨が入った時の逃げ道を作っておかなければ
室内に雨漏りとして雨水が入ってきます。

 

もちろん、この下には二重三重に雨漏りしにくい仕組みがあります。

瓦の下には捨て板金という雨切りがありますし、

写真にみ見えている平べったい板金(大工さんの左手の部分)も
壁の中に立ち上がっています。

そのため、外壁の下から吹き上げてきても簡単には
中には入れません。

 

しかも!

防水シートと両面防水テープで
シートの隙間を密封していますので
下からの入り込みは極力できないようにしています。

外装板の目地からたとえ入ったとしても
防水シートがあり、雨切りもありますので
入った水は下へ下へと流れていきます。

 

そして、下の方で外に出ていけるように
隙間を設けて排出するようにできています。

 

雨を完全に止めることは不可能です。

特に台風などの暴風雨では風圧で多少なりとも入り込みます。

それでも、入った水がちゃんと出ていけるように。

入った水が家の中の方に入らないように
二重三重に対策を施しています。

 

【諫早の現場より】雨漏りの一番の原因になる箇所とは?

こんにちは。あんしん塗装部です。

 

雨漏りの主な原因に挙げられるのが屋根や壁の劣化ですが、

実際に雨漏りを起こしやすいところはどこだと思いますか?

 

実は窓周りが雨漏りの原因だったりします。

 

屋根はしっかりしていても、窓周りが傷んでいると
そこから雨水が横雨で入り込んでくることが
雨の多い長崎では珍しくありません。

 

 

写真の作業は珍しい作業になりますが
外壁の下をシールで塞がれていたため切り開けて隙間を作っているところ。

 

 

普通この部分は入り込んだ雨水を排出できるように開けてあります。

ですが、雨漏りの応急処置の時に処置をされた方が
念のためこの部分も塞いでしまったのでしょう。

 

結果として、、、窓周りから入り込んだ雨水の逃げ道がなくなってしまいました。

 

地道な作業ですが、建物が長持ちするように
閉じてしまった壁の下端を丁寧に開け直す作業をしています。

 

もちろん窓周りの防水をしっかりしていなければ雨漏りは治りません。

 

あんしん塗装部では、塗装前にしっかりと窓周りのシール処理など
雨対策をした上で塗装作業に入ります。

 

ただ塗るだけではさすがに雨水は防げませんので。