スタッフブログ

台風と祈りの長崎に暮らす心がけを

お電話いただく皆様から
台風前の忙しい時にと温かいお言葉をいただき
ありがたい限りです。

お心遣いが本当に嬉しい。
ありがとうございます。

 

そう、今まさに台風が来ていますね。
稀に見る強い勢力のものらしい。

 

世の中がパニックになっている模様。

確かにわかります。

ですが、だからと言ってどうか思いやりは忘れないで。

 

私たちは長崎で暮らしています。

 

長崎の人の念い方次第で、台風は爪痕を残しますし
優しく通り過ぎてくれることもあるでしょう。

 

それでも、やはり暴風圏内に入るでしょうし
無傷では済まないでしょう。

 

大きな災害にならないことを祈りましょう。

 

祈りなどを非科学的として
ないがしろにして来た社会ですが
ここ長崎はやっぱり「祈り」が似合うところ。

 

たとえキリスト教徒でなくてもいいのです。

私も仏教徒。

ふつーに普通の日本人。

 

でも、科学的に理解できるのは5%がせいぜい。

残り95%は神仏の世界にあるんだなと思います。

 

今回の台風、人間様にはどうにもできません。

神のみぞ知ることかもしれません。

 

ただし、念じて圧はかけないように!

 

念じる強さは圧力として新たな気の変化を生みます。

それが気圧の元になります。

 

 

結局今回の台風と共に良い流れになることでしょうから
そうなることを楽しみにしましょう。

 

関東などよりは災害慣れしている九州なら
なんとかこの災害も乗り切れるのかもしれません。

 

きっと私たち一人一人の気の持ちようにかかっています。

 

何が起こっても大丈夫!
楽しむだけです。

 

滅多にないことが起きても
それはそれで楽しみましょう!

 

どうか口から不幸な言葉だけはやめましょう。
幸せがあなたから逃げていかないように。

 

台風と共に幸せが訪れることを楽しみに(^_^)

オリガミプロジェクト でインスペクションを行いました。

やっと長崎でも梅雨があけましたね。

今年は本当に長く雨が降りましたし、
降り方も非常に激しくてびっくりでしたね。

 

年々雨の降りかたがひどくなっているように感じます。

やはり雨をどう防ぐかは我が家を長持ちさせる上でも
重要課題の1つだと考えています。

 

さて、そんな中インスペクションを行いました。

長崎独自の補助制度でもあります
オリガミプロジェクト の一環で行わせていただきました。

 

 

写真は屋根裏の状態を確認したもの。

入る場所がなかったため、大工さんに穴を開けてもらって
そこから入って屋根裏を確認しました。

 

幸いながら屋根裏に雨染みなどなく
カビで黒ずんでいることもないため
安心できる状態でした。

 

なかなか普通の点検では屋根裏まで踏み込んで検査もしません。

 

外周からの目視ぐらいしか屋根周りの確認はできないことが多いですが
オリガミプロジェクト のインスペクションでは
しっかりと屋根裏にも入って目視、触診
サーモグラフなども用いてしっかりと確認していきます。

 

時間にして3時間はかかります。


屋根裏から床下まで潜って確認していきますので
時間はどうしてもかかります。

 

シロアリがいないか、
水漏れがないか、
そのほかにも不具合がないか
といったところも合わせて確認します。

 

それぞれの専門業者の人たちは自分の専門は詳しいですが
むやみに基礎に穴を開けることもあります。

インスペクターでもある建築士としては有り得ないことも
平気で行われていたりします。

 

そのような不具合を公平な目で見て判断していきます。

後日報告書を提出して状況を説明します。

 

インスペクションのみも受け付けていますので
我が家の状態が気になる場合はオリガミプロジェクト まで連絡をどうぞ。

↓↓↓↓

 

長崎の梅雨の豪雨で雨漏り多発中。でも、、、

こんにちは。

今年の梅雨は長崎もよく降ります。

そして長い!

あれだけ降ったのですからもう梅雨もあけていいはずなのに
もう一雨来そうな雰囲気。

 

それにしても土砂降りで大変でしたね。
それに伴い雨漏りの依頼も多数寄せられました。

 

しかしこれは、、、ちょっと、、、というものも。

 

 

 

 

数年前に塗り替えされた家でしたが、シーリングが切れたまま上だけ塗ってるもの。

 

これは雨漏りの原因になります。

あからさまに壁に穴が空いているのと同じです。

 

そこにこの前のあの大雨ですから
穴が空いていたら漏れないはずがありません。

 

防水シートがあるから大丈夫?なわけない

 

もちろんちょっとした雨であれば
防水シートでも防げます。

しかしあの豪雨であればまず難しいですよね。

 

しかも、写真左下には窓サッシがあります。

こうなると、入り込んだ水はサッシのフチの部分から
場合によっては中に入り込みます。

 

窓周りは雨漏りが一番多い場所ですが
どうしても外壁周りがちゃんと雨を防ぐようにできていなければ
どんなに綺麗に色を塗っても意味がありません。

 

見た目の美しさは、細部の美しさもまた重要です。
しっかりと工事されていれば仕上がりも美しくなります。

 

【諫早から】連休前にチェックする我が家の外壁ポイント

こんにちはあんしん塗装部です。

連日のコロナ感染報道は心配ですが、
外は風が強いですが良い天気ですね。

 

連休は本来ならみんなあちこち遠出するのですが、
さすがに今年は危険ですから身を守るためにも
家にいる方が得策です。

 

さて、せっかく家にいるのですから梅雨が来る前に
我が家をご自分でメンテナンスされるのもよいかもしれません。

 

大まかには、チョーキングという粉が手につく現象。
きっとあなたもご存知かもしれません。

 

それが出始めたら、外壁にも汚れがつきやすく、
水を弾く力も弱まっていますので
外壁塗装のサインとなります。

 

 

今回はもう一つ大切なこと。

それは、軒裏をみてください。

 

 

 

軒裏の緑色のシミは要注意

 

屋根の下の軒裏部分は普通は白く塗られていると思います。

その部分にシミができていた場合は雨漏りのサインとなります。

 

 

特に緑色のシミは要注意で、
頻繁に雨漏りを繰り返したサインになります。

 

これは、水がなんども入り込んで、
苔やカビが水分のおかげで繁殖した姿です。

 

白い塗膜をパラパラと剥がして
劣化させている場合もよくありますね。

 

外装に関しても、諫早市の補助金が使えたり
平成以降の建物であればオリガミプロジェクト
100万円まで補助が受けられます。

 

コロナがどうであろうが待った無しで、梅雨は来ますので
屋根や外壁の不具合はなんらかの手を打っておきましょう。

 

長崎は台風に備えて塗装外装改修時にユニエーターも補強を

コロナ騒ぎでついに非常事態宣言が大都市圏では出るみたいですね。

それでも桜は咲いていてくれて、しかも長く咲き続けてくれています。

入学式のこの時期まで咲いているなんてありがたいですね!

 

さて、屋根や外装のリフォームでよく問題になるのがユニエーターなどの

温熱温水器の取り付け。

 

塗装屋さんだけでなく意外と、大工さんたちも取り付けを甘くみている場合もあります。

一本ずつしかはめていないところも多く、最近の台風が大型化している中で
耐えれるかは疑問です。

 

幸い、いまのところ長崎直撃でも大きな被害はでていませんが。

 

 

 

写真は、屋根が急勾配のため、しっかりと締め直したワイヤーです。
全部で8本引っ張っています。

大工さん、塗装技術者、設計士、設備士の皆さんで
しっかりと取り付け方法を確認しながら
危険がないように、そして風雨の影響で屋根や外壁にも影響が
出ないように考えながら。

 

直接ワイヤーが当たるところは、
劣化しにくいパイプを巻いて補強しています。

 

そして、水がたまらないように切れ目もいれつつ。
上部から入らないように防水シールをしながら。

 

補強金具がしっかり取り付けられる下地を
大工さんと確認しながら。

 

一つ一つは職人さんたちの愛でできています。

 

最近、愛情がない建物が多くなりました。
余裕のない世の中の証拠かもしれません。

 

コロナの影響でますます個人個人が
余裕がなくなるかもしれません。


どうか、長崎県に住むあなたと
あなたの周りには愛情あふれるおつきあいを。

 

屋根工事も外装補修メンテナンスにも
返さなくて良い長崎独自の補助金があります。

↓↓↓↓

 

梅雨前にしっかり工事も終わらせておきたいですね。

長崎の雨漏り屋根は綺麗に葺き替えるのが鉄則な理由とは?

やっと雨の毎日から解放されましたが
残暑が厳しいですね!

 

雨漏りしていた屋根工事のお家もやっと工事が進んでいます。

お盆明けからというもの長崎は天気が悪くて外工事がまったく進みませんでした。

 

おかげさまでまだまだ待たせてしまっているところもあります。

なんとか9月中にやり遂げてしまいますね。

 

 

屋根の雨漏りはとても厄介

残念ながら一部分の補修ではなかなかうまくいきません。

それに老朽化してしまうと構造材まで傷んで大工事になることも。

 

早期発見した場合はおおごとにはなりませんが
構造材まで痛んでいたら、部分的にやってもうまくいきません。

屋根ならもう全面葺き替えることをお勧めしています。

 

 

そして壁も、その壁面は全面張り替えがお勧めです。

壁の場合は窓周りからの雨漏りが多いので
解体して悪い部分を取り替えて
新しく雨が入りにくいように作り変えることをお勧めしています。

 

雨漏りはいろんな問題を引き起こす元凶。

どうぞ気をつけてください。

 

 

長崎も雨続きですが、シートをかけて作業中です。

雨が本当によく降りますね。

九州北部を中心に大雨。

災害に見舞われた街や皆様の一早い復旧と生活が
戻りますことを心よりお祈りしております。

 

こんなに雨が続くなんて、、、ですね。

外仕事はどこも難しい状況ですね。

 

そうはいっても室内の仕事はできます。

しかし、問題が材料を運んだり
切ったりする作業。

 

そのためシートで屋根をかけました。

 

これなら雨が降っても
外で加工作業もなんとかできます。

 

材料をなるべく濡らさないように。

 

はやく雨が上がって
青空や夏の暑さが戻って来ますように。

 

 

長崎の雨漏りの典型パターン木部が濡れ続けるとこうなる!

こんにちはあんしん塗装部です。

梅雨らしい天気といえば聞こえはいいとしても
この諫早も結構ジメジメしております。

何でもかんでもカビそうですね。

 

ちなみに木材もこの時期は非常に傷みやすいものです。

特にご自宅で外部に面しているところや
雨漏りしているところはふやけてボロボロに。

 

外部の壁や屋根周り、窓周りに木が使われていたら
ペンキで塗られているのが普通です。

でも、劣化してペンキが剥げてくると
写真のように木部がブヨブヨになってくることも。

 

写真ではわかりづらいですが
下地の木の部分が濡れてブヨブヨしています。

 

雨漏りが続くとブヨブヨに

 

水分を含んだ上にこの湿気と温度で
「木材腐朽菌」が活発に動きます。

そうなると木材をブヨブヨに弱らせてしまいます。

もうブヨブヨになってしまったら木材として役に立ちません。

 

こうやって壁や屋根からの雨漏りが
壁の中に入り、高温多湿なこの時期にブヨブヨにしていきます。

 

長崎でよくある典型的な雨漏りの状態なんですが、、、

 

ここまでくるともう取り替えになります。

壁の場合はその壁面は念のため全部剥いでから
やり直しです。

部分的な補修ではまた同じことがおきますので
オススメしません。

 

これ以上我が家が痛んで使い物にならなくなる前に
早期発見早期治療をしてください。

人間の病気と一緒ですね!

 

 

梅雨時夏場の塗装工事中もエアコンは使えるので快適です

こんにちはあんしん塗装部です。

 

だいぶん梅雨らしくなってきたようですね。

雨も降ってくれたおかげで近所の田んぼも水を張って
田植えが無事に終わったようです。

 

これからの季節は
どんどん湿気もあがり蒸し暑くなっていきますね。

 

そんな時期に工事するとなると
気になるのがエアコンがつかえるかということ。

 

安心してくださいエアコンは使えますよ!

 

 

エアコンが使えないとこれからの季節は
大変ですよね。

 

 

「エアコンが使えないのでは?」

 

という質問をされるのですが
あんしん塗装部では
専用のカバーを取り付けて
工事中も快適に室内で過ごせるように
工夫しております。

 

ですから、今あるエアコンは
そのまま使ってもらって構いません。

もちろん外は湿気があってムシムシしていますが
あなたの家の中はエアコンを使うことで
いつも通り快適な暮らしが可能です。

 

ただ、足場やネットがかかっているので
多少暗さや目障りな感じはありますが、、、

 

おうちをリフレッシュしてイキイキと蘇らせるために
少しの間だけよろしくお願いします。

 

長崎に素敵な家がもっと増えますように。

 

 

長崎の雨漏りでも暴風雨ならOK??

こんにちは。

 

長崎地方も今日はかなり雨が降りそうですね。

豪雨災害まで発展しなければ良いのですが。

 

それにしてもこの時期多いのが雨漏り

確かに怖いです。

それに、部屋の中に水が染み入ってくるので
気持ちいいものではありませんよね。

 

でも一つだけ知っていてほしいことがあります。
それは、、、

 

漏らない家は存在しない

 

ということ。

 

深海探査船や宇宙船は完璧な気密が必要ですので
空気漏れはあってはなりませんが
住宅レベルでは、水抜きも兼ねている部分もあるため
漏れる時は漏れてしまいます。

 

暴風時の雨漏りは一時的なもの

 

普段から雨漏りしている家はNGですが
暴風時には、横風でいろんな隙間から雨は入り込んでしまいます。

そんな理由で、長崎や諫早では台風時や梅雨時の
暴風雨で雨漏りが起きてしまうことも珍しくありません。

 

今まで雨漏りがしてなければ一時的なものかもしれませんが
念のため雨が上がってからでも専門家に見てもらうのが
あんしんでしょう。