雨漏れ修理

長崎トップクラスの科学的雨漏り調査

長崎トップクラスの科学的雨漏り調査

嶋崎工務店では外装屋さんにはできない、住宅建築の専門家だからできる内部構造に基づいた雨漏り調査をしています。

従来の勘にたよっていた雨漏り修繕を、科学的根拠を提示できるサーモグラフ、顕微鏡、データロガーなどを使って雨漏りの原因究明をするとともに、詳細な調査報告書をお出ししています。

雨漏りの原因

雨漏りの原因は実に様々です。
屋根材によって症状も異なり、一度直ったと思ったら、すぐにまた雨漏りしたという話を良く聞きます。

その場しのぎの工事では決して雨漏りは治りません。根本的な原因を解明し、効果的な対策を行うことで初めて完治するのです。

参考ケース

瓦の雨漏り

瓦の雨漏り

瓦屋根の防水の仕組みは、屋根全体に張り巡らされた防水シートと、隙間なく敷き詰められた瓦そのものによって行われます。

瓦屋根で雨漏りがする!といった場合には防水シートに穴が空いた、または瓦がズレて雨の入り込む道ができてしまっていることが第一に考えられます。天災によって屋根に被害が与えられ、雨漏りに繋がることは多々ありますが、なかには手抜き業者の欠陥の可能性もあります。

防水シートに穴が空くというのも、現状の防水シートは高い性能を保っており、自然に穴が空くことは滅多にありません。瓦の固定の際に誤ってシートに傷を付けたりして、時間とともに広がっていく…そんなこともありえます。

また、一時期流行ったラバーロック工法も雨漏りの原因の一つと言われています。
ラバーロック工法とは瓦の隙間をシリコンで固定し、雨の入り道をなくす工法と言われているものです。

隙間がなくなるのはいいことでしょう?
そう思ってしまいがちですが、実際の瓦は僅かな隙間から雨を逃し続けることで水分を貯めこまない性質を持っているのです。古くから残る家屋でも雨漏りしないのは、こういった理由があるからです。それが、シリコンで逃げ道を全部封じられてしまいますと、入り込んだ水分が溜まり続け屋根を劣化させる原因となります。

スレートの雨漏り

スレートの雨漏り

スレート材はそのものが高い防水性能を持っていますが、固定用の釘穴からや、屋根そのものの劣化による雨漏りはどうしても起こりえます。

屋根の勾配が足りずに水切りが悪く、いつまでも水分を抱えたり、適切な建材が使われていない場合も原因となります。また、屋根塗装のミスとして「縁切り」が行われていないと毛細管現象を引き起こし、これも雨漏りを起こします。

このように雨漏りの原因を特定するのは幾つもの要素を考える必要があります。そして一般的なイメージや勘に頼ってしまうと、思わぬところで落とし穴があります。だからこそ、一つ一つの原因となるものを科学的に根拠を出していくことが確実で、お客様にも納得がいく施工へと繋がるのです。

雨樋清掃 2000円/m
雨樋取り替え 5000円/m
和瓦雨漏り補修修理 20,000円~
和瓦さしかえ工事 5,000円~
雨漏り補修 15,000円~
スレート差し替え工事 7,000円~