屋根塗装

屋根塗装の役割

屋根塗装の役割

屋根は一番丈夫である必要があります。
屋根が受ける紫外線や夏の暑い日差しを考えると平気である方がおかしいですよね。

もちろん傷みにくい素材でできていますし、それなりのコーティングがされているのですが、時間が経つとどうしても弱ってきてしまいます。そんなときに、塗膜がしっかりしているかどうかで被害状況の差が現れてきます。

まず、塗膜が完全に密着していること。
以前の塗料が残っている状態で塗装を重ねたり、下地がしっかり作りこまれていないとすぐに塗膜が浮いてきます。塗膜が浮いた空間は水分が侵入し、最悪雨漏りへと至ります。将来的な被害を抑え、少しでも長く住まいを守っていくために必要なのが屋根塗装の役割なのです。

屋根にあった塗装を!

現在の日本家屋の屋根材は大きく別けて5つのものがあります。

瓦

スレート

スレート

ガルバリウム

ガルバリウム

セメント

セメント

トタン

トタン

屋根材の種類に加えて屋根の形状も様々ですから、当然、それらに合った塗装をしなければいけません。
地域によって気候も異なり、どんな対策を一番に考えればいいのかも変わってきますので、経験豊富な職人が塗料の選択や、塗り方に関しても責任を持つ必要があります。

嶋崎工務店の職人は数多くの塗装を手がけてきた経験と、科学的見地からの両方から意見を出すことで、
間違いのない、結果の伴う施工を提供いたします。

無料プレゼント中!

無料プレゼント中!主婦でも使える塗装チェックリスト